[TOP]

藍より青し

藍より青し 次話 「許嫁」は高橋留美子の十八番ですが、この言葉が持つ古風な響きと浮世離れした意味が作家の心を捉えるのでしょうか…。ただし高橋留美子はギャグの一環として使っていますが、この「藍より青し」ではそれを真っ正面に据えています。そりゃもう どストレート です。冒頭の鼻緒をすげ替えるシーンもそうですが、今回サブタイトルの「縁」。えん、じゃありません、 えにし ですよ…。文字通り絵に描いたような古風な設定であり、許嫁の葵ちゃんなのでした。

…と、いまいちどういう反応をしていいものかとまどいながら見ていたら、葵ちゃんがお風呂の中で泣いております。おお、やっぱりいろいろつらい事情があるのね!? と思ったら「よかった…薫様が私のことを嫌いでなくて」… うれし泣きですか

結局、最初から最後まで現実離れした話に振り回されてしまいました。とりあえず「着物ヒロインを誕生させたのは偉い」とは言っておきます。

第1話「縁 -えにし-」
2002/4/11 2:40 フジTV
藍より青し 前話次話 「葵ちゃんのこと、子供の頃しか知らないし…」 はっはっは、今の君を教えてくれ〜とかな(笑)
「今からでも葵のこと知ってください、そして葵にも薫様のこと教えてください!」
……マジですか、キミ。うかつにツッコミも入れられません。

作品のノリとしては 「えっちなまほろさん」 (川澄さんの「あっ…」にはぐっときました)って感じですが、ここまで男にとって都合がいい存在ってのは、いかがなものか。逆に言うと現実とはものすごいギャップがあるわけで、そりゃ 結婚できない男が増えるよな 〜とも思ってしまったり(イタタ…)。

第2話「夕餉 -ゆうげ-」
2002/4/18 2:25 フジTV
藍より青し 前話次話
第3話「別離-わかれ-」
2002/4/25 ?:?? フジTV
藍より青し 前話次話 「葵ちゃんのぬくもりが伝わってくる…」「薫さまの鼓動が聞こえる…」 うわ〜ゴロゴロゴロ(部屋を転がる音)
「ただいま、薫さま」「おかえり、葵ちゃん」「…うふふふ」「ははは…」 うわ〜ゴロゴロゴロ(再び部屋を転がる音)

…こんな感じで、 見ている方が恥ずかしいぞ 度120%の藍青です。

まずは落ち着いて見逃した前話の推測から。葵ちゃんの実家から連れ帰りに来るも、薫の妻として生きる道を選ぶ。そこで思わず 「契りを交わしてください!」 と迫る葵ちゃん。意味分かってんのかね、この娘…。そして薫が家を出た理由も語られたようです。虐待でもされてたんでしょうか。

そして今回、契りを実行しようとする葵ちゃん。意味は分かっているようです(笑)。しかし今度はお母さんが来て、家に帰らない理由を質します。このお袋さんは話の分かる人のようで、二人の同棲を認めることになりました。でもお手伝いさん? 養育係? の雅さんは面白くないようです。薫くんを小姑のようにいびりますが、どうやら男に耐性はないご様子。別荘の先住民であった猫をきっかけにちょっと打ち解けていきます。こうして3人の生活が始まるのでした…。

…っていうかこれから出てくるキャラ、 みんなして別荘に住み着いていくんじゃ ないだろうな〜。

第4話「同棲-どうせい-」
2002/5/2 2:25 フジTV
藍より青し 前話次話 俺もビールでやけ酒しながら見てたので思わず笑ってしまった。初めて葵ちゃんに共感した瞬間(笑)。

で、お話の方は 作品の世界観をぶち壊す 巨乳ねえちゃん二人新登場。1人目は水無月妙子で、眼鏡っ娘のドジっ娘の巨乳っ娘というお約束。声は大谷育江…だと思ったら水橋かおりだった。言われてみればペッパーだ…むむむ、まだまだ修行が足りんのぅ…。2人目はティナ=フォスター。外人のくせに博多弁を操る変な八重歯付き巨乳っ娘です。声はやっぱり雪乃五月。乙姫むつみ→かごめ→かなめ→ティナとだんだん凶暴度が増しているのは気のせいでしょうか。こ〜ゆ〜人の話を聞かないキャラはむかつきます。

で、やっぱり別荘に住み着くことになるようだ。困ったもんだ(笑)。

第5話「朋友-ほうゆう-」
2002/5/9 2:25 フジTV
藍より青し 前話次話 妙子さんが住み込みハウスキーパーになるお話。…うーむ、このポイントを外した方向性はいかがなものか。というか藍青がなにを描きたいのか分からなくなりました。少なくとも最初思っていた方向(葵ちゃんとのラブラブ)からはだいぶ違うな。だって、こんなドジっ娘のメガネっ娘なんてどうなったっていいじゃん(爆)。話の持っていき方に無理がありすぎるんだよ。そこをお色気でごまかそうとするのがさらにイカン。

…あら、ずいぶん辛口になってしまいました。でも、気付きました。なんで、こんなにイライラさせられるのか、「一刻館」や「ひなた荘」とは何が違うのか…。それは 「他の住人がお邪魔キャラでしかない」 からですね。感情移入する余地が全くないんですよ。これでは キャラが増える度にうざったくなる のは当たり前です。

…原因が分かって少しすっきりしました。そこを改善すればもう少しまともになるかもしれませんが、そもそも葵ちゃんのこの盲目的な愛情はどうかな?という本質的な問題があるんだよね(苦笑)

第6話「家道-かどう-」
2002/5/23 2:25 フジTV
藍より青し 前話次話 正直、もう視聴中止にしようと思ってたんですよ。でも…こんな表情の葵ちゃんを見せられちゃうとなあ…。あまりにもありきたりな話だとか、そもそもあの雅さんが旅行を許すはずがないだろうとかは思うんですけど。

ところで葵ちゃんの場合、胸は小さめの方がいいと思いません!?(爆) …それじゃ まほろさんか。

第7話「幻妖-げんよう-」
2002/5/30 2:55 フジTV
藍より青し 前話次話 あ、.hackのBTと雅さんって同じく平松 晶子さんだった。こういう年上のお姉さん役が多いですね。

で、内容は…うーん、激しくどうでもいい話ですな。早くキャラ揃わないかな。

第8話「愛玩-あいがん-」
2002/6/6 2:55 フジTV
藍より青し 前話次話
第9話「一夜-ひとよ-」
2002/6/13 2:50 フジTV
藍より青し 前話次話 「薫さまの香りがする…」 そして葵はそっと右手を自らの胸に…って えっ! と思ったら胸元から薫さまの写真を取り出しただけでした。…絶対狙ってるだろ、これ。

そして一緒に鯛焼きを食べようと薫くんの学校に行く葵ちゃん。やっと会えたと思ったら銅像の陰に隠れて「ごめんなさい…勝手に来ちゃってすみません…」「お邪魔じゃないのですか? 薫さまっ」 うーん、かわいいじゃねぇか。

前回はあまりにどうでもいい話だったので、もう見るのやめようかな? って思うと今回のような葵ちゃん萌え話が来るので油断できません。葵ちゃんの盲目的な愛も最近では「これもいいかな?」と感じるようになってきました。慣れって怖いですね。もしかしてこれが調教?(ぉ

第10話「学舎-まなびや-」
2002/6/20 2:25 フジTV
藍より青し 前話次話 新キャラ、美幸 繭ちゃん(16)登場。気の強いお嬢様風情ですが、薫くんのお知り合いだったようです。帰ろうとする薫くんを必死に引き留める姿がいじらしい。一方、外泊すると聞いて不安を募らせる葵ちゃん。―そうそう、こういう展開がイイですな。ポイント高し。
第11話「子女-しじょ-」
2002/6/27 2:25 フジTV
藍より青し 前話次話 繭ちゃんの家にお泊まりすることになった薫くん。ここで二人の出会いが語られます。この手の話でいつも思うのですが、お誕生日パーティを開けないことが一体なんだというのでしょう(爆)。んなのしてもらったことないぞ、俺。これだから金持ちは…。せっかく同じベッドに入ったのですから、ここは男としてビシッと 世間の厳しさを教えるべき だと思うのですが、薫くんも所詮同類なのでダメですな〜。

一方眠れぬ夜を過ごした葵ちゃんですが、「薫さまのお気持ちは、この葵が誰よりも一番分かっていますから」と健気なところを見せます。…でも現実にこんなセリフ言われたらちょっと怖いかも。「葵のわがままを聞いてください…葵に…キスしてください」 とここでようやく二人は接吻します。そう、裸で抱き合ったりしてる割には初めてなんですね〜、これ。うれし涙を流す葵ちゃん。健気です。…でもやっぱり怖いです。もしも別れるようなことになったら 血を見ずにはいられなさそう です(^^;)

第12話「接吻-せっぷん-」
2002/7/4 2:43 フジTV
藍より青し 前話次話 七夕は葵ちゃんの誕生日なのでした。いくつになるんですかね? そんな葵ちゃんに洋服をプレゼントしようとバイトに奔走する薫くん。彼とのすれ違いの日々に事情を知らない葵ちゃんは「嫌われちゃったのかな…」と涙を流します。…うーん、 こんなことくらいで泣くなよ… 。しかし、葵ちゃんは偉いです! ちゃんと夕食作って待っているんですもん。今時の奥さんは待つどころか、先に飯食ったあげく寝てしまったりしますからねぇ。ああ、失われた日本の美がココに(笑)。

なんとかお金を貯めた薫くんですが、お目当ての洋服は売れてしまっていました。代わりに靴だけを買いましたが、その洋服を買ったのは他でもない葵ちゃんだったのでした。珍しい洋服姿を見せる葵ちゃん…なんですが、どう思います? やっぱり着物の方が全然いいと思いません!? 洋服着るとえらく普通っぽく見えちゃうんですけど。でも薫くんは満足したようで、それを見て葵ちゃんも安心してまた(笑)涙を流すのでした。

第13話「星祭-ほしまつり-」
2002/7/11 2:28 フジTV
藍より青し 前話次話 久しぶりの藍青です。今回は葵ちゃんに料理を習おうと繭ちゃんが押し掛けてきます。無邪気に薫にじゃれつく繭を見て、内に抱え込んでまたしても涙があふれてきてしまう葵ちゃんです。んー、 もうちょっと焼くなり拗ねるなり してもバチは当たらないというかその方が萌えるんですが…響子さんほどのヤキモチ焼きでは困りますが(笑)。

その後、雅さんの手引きでフォローする薫くん。しかし 「今だって葵ちゃんは俺の自慢の許嫁だよ」 とは、恥ずかしいフォローしやがって…ちょっと殺意を覚えましたね(爆)。でも葵ちゃんは大喜びで将来のプランを語り出します(画像…マジで嬉しそう)。子供は3人ですか…「じゃあ、今から作ろうか?」と持っていくのが男でしょう、薫くん。ついでに「雅さんもそんなところにいないで一緒に…いつも僕たちのコト、覗いているの知ってるんだよ」とか声を掛けて3人で――

すいません、真夏のイベントが近いのでついありがちな妄想に浸ってしまいました(ぉ

第14話「賄-まかない-」
2002/8/1 2:28 フジTV
藍より青し 前話次話 薫に買い物に誘われてまた大げさに喜ぶ葵ちゃん。なんでもない始まりだったのに両者の生い立ちが語られます。薫くんは上京してきた当時を思い出し、鬱のデフレスパイラル。思わず葵ちゃんを抱きしめ、「君が俺の許嫁で本当に良かった…好きだよ、葵ちゃん」 ああ、こんなこと言ったら葵ちゃん イッちゃうくらい 喜んじゃうよ… 「うれしい…うれしいです…」 ほらね。 「 初めて 、葵のこと好きだって言ってもらえた!」 なに〜っ! お前一度も言ってなかったのか! 言われてみればそうだったような気も…。最低の男だな。

「葵の気持ち、薫さまに伝わってた!」 と泣き崩れる葵ちゃん。ぐっとくるシーンでした。葵ちゃんは不安だったんだねぇ…。今まで大げさ大げさって書いてゴメンよ…深く反省し、ここに 葵ちゃん萌え を宣言させてもらいます(ぉ

トドメは「だ〜い好き!ぐはぁ〜…いやもう最終回かと。

第15話「胸懐-きょうかい-」
2002/8/8 2:28 フジTV
藍より青し 前話次話 「人前で肌を出すのは恥ずかしくて…」 聞いたか、今時の露出過多な娘ども! まぁ、視聴者には肌を出しまくってますが(爆)。そんな葵ちゃんも薫くんの前ではちょっと大胆です。「少しの間だけ、葵を見ていてくださいますか?」 と着物をするするっ。普通「目を閉じてて…」ではないのか。で、脱いだらすごかった(画像)。しかし胸を強調するデザインはいかがなものか。カズくん的には「海に…海に行きませんか?」と言った時の表情の方が全然イケてるんですが、記念と言うことで水着姿を貼っておきます。

ちなみに冒頭の繭vsティナ水着四番勝負は繭ちゃんの全勝だと思いますが、異論はありませんね?(Y/y)

そうそう、妙子のおばあちゃん役はなんと島本須美さんでした…時の流れを感じるなぁ。その昔「私、イレーネ・ラッティアス、えと、あのぅ、 17歳になりました」と聞いた時は そりゃ無理があるだろう! とかいうこともありましたが、こうなるとかなり複雑な気分です。

第16話「渚-なぎさ-」
2002/8/15 2:28 フジTV
藍より青し 前話次話 物語的に必要ではないキャラその1、妙ちゃんの場合。

いとこのちかちゃんが妙ちゃんを後押し。お陰で露天風呂でバッティング、しかも裸で抱き合ってしまいます。これは効きます!と思ったらちかちゃんまで裸を見られてしまい混戦模様。結局、妙ちゃんは盛り上がりましたが薫くんは感じるところはなかったようです。

でも眼鏡を取ると多少いい感じだなぁ(爆)

第17話「漣-さざなみ-」
2002/8/22 2:28 フジTV
藍より青し 前話次話 物語的に必要ではないキャラその2、ティナの場合。

雨宿りに入ったラブホテルでドキワク体験です。ここまできたら後戻りはできんだろうと思うのですが、しかも妙ちゃんの時と異なり薫くん的にもかなりやばかったと思うのですが、結局なにもなし。

てっきり寝たふりをして回避したのかと思ったら、そういう含蓄はないみたいです。むぅ・・・。でもEDがティナ仕様とは、妙ちゃんより優先度が高いようですな。

第18話「同衾-どうきん-」
2002/8/22 2:58 フジTV
藍より青し 前話次話 こんなに清々しい宿題ネタって初めて観た。ちかちゃん、ええ娘ですわ〜。
第19話「膝枕-ひざまくら-」
2002/9/5 2:28 フジTV
藍より青し 前話次話 コスプレ喫茶という馬鹿っ話かと思いきや、そうでもなかった。和服を着ることで嫌な記憶を回想する薫くんを「できることなら、薫さまのつらさや悲しみを葵が代わって差し上げられたらいいのに」と癒します。

ところで繭ちゃんはちかちゃんにすっかり喰われてしまってます。

第20話「癒-いやし-」
2002/9/5 2:58 フジTV
藍より青し 前話次話 画像は 「きゅっ、てしてください」 の図。いやこれは「きゅっ」を越えてると思うけど…よく我慢できますね、薫どの。しかし風邪を引いたくらいで涙ぐまなくても…この辺が大げさなんだよな…。

葵ちゃんの仕事=家事を見直すのはよいことです。最近の家事軽視の風潮はいかんなぁと思っているので。

第21話「風気-ふうき-」
2002/9/19 2:43 フジTV
藍より青し 前話次話

薫くんが葵ちゃんとのことを報告する相手とは…やはり亡くなったお母さんしかいませんね。墓前に報告です。

しかし桜庭家ではなにやら不穏な動きが。そういや葵ちゃんのママは納得していたような気がしたけど、パパはどうなんだろ? 第3話を見逃しているのでわかりませんが、パパは初登場なのかな?

とにかくこちらも最終回に向けて動き出しました。ちゃんとケリをつけて欲しいな。

第22話「帰省-きせい-」
2002/9/19 3:13 フジTV
藍より青し 前話次話

ガンガン積極的にアタックする葵ちゃんには、理由がありました。それは別の縁談が用意されてしまったこと。互いに気持ちを確かめ合った翌朝、二人はある「決意」をしたのでした…。

恐怖の寸止めアニメと言われた藍青でとうとうヤりましたか。…おっと、下品ですね、おヤりになりましたか(変わらん)。でも、すんなり葵ちゃんに会えたので拍子抜けしました。まぁ、それだけ雅さんが信用されていた、ということにしておきましょう。

それにしても今更親父さんが「ままごとは終わりだ!」なんて言い出すのは不自然。いままで放置プレイしていて何を言うのか、という感じです。俺なら葵ちゃんを嫁に出すようなことはしないね!

…論点がずれたところで、最終回へ。

第23話「決意-けつい-」
2002/9/26 3:00 フジTV
藍より青し 前話

うわ〜、激甘な展開、一度挨拶したくらいで親父さんが許すわけないだろ? …と思いましたが(葵ママがサポートに入るのは分かり切っていたとは言え)。なんだか葵ちゃんに 「えぃ☆」 とか言われると、 ま、いっか〜 と思ってしまうこの不思議。それにアパートの住人たちが薫くんについて述懐するところはなかなか良かったですし。

不満があるとすれば(「甘い」以外で)、そのアパートの住人たちが結局薫くん・葵ちゃんの仲をどう捉えているか不明なことですね。公表したらみんなショックのパ〜で話が終わらなくなるかもしれませんが、うすうす気付くとか住人たちに対する決着をある程度つけて欲しかった。

そういや新たに住人になったちかちゃん、実は中学生だったのね…てっきり小学生かと思ってましたよ…いや別にこれは不満というわけでは、えぇ。

ま、甘々とは言えそれも藍青のカラーだと思えば、今クール終了した作品の中では今のところ一番気持ちよく終わったと思います。

第24話「葵-あおい-」
2002/9/26 3:30 フジTV


(C)カズくん