[TOP]

満月をさがして

満月をさがして 次話 土曜の朝から少女漫画。寝ぼけ眼で見ていたのと、キャプチャデータも途中で飛んでしまったのでいまいち不正確ですが、「歌手を夢見る女の子(12)が実は余命1年と分かり、死に神に頼んで健康な16歳にしてもらいスター街道を歩んでいく」というあらすじのようです。

うーむ、ヒロインちゃんはいきなり死刑宣告ですよ。こういう理不尽な悲劇性は少女漫画らしいと言えばそうなのかも。死に神コンビとの三角(以上)関係になる感じ。その辺をどう処理するかですな。

この話、「残された命を燃焼し尽くした」という話になったら(つまりヒロインは死んでしまう)拍手もんですが、そうはならないだろうな(笑)

第1話「それでも歌いたい」
2002/4/6 7:30 TV東京
満月をさがして 前話次話 「変身を解くと プチパイ に戻ってる〜〜」「み、みないでください!」 あの、こういうシーンは 絵を付けて お願いします。

前回、キャプチャデータが飛んでしまったのでいまいちよく分からなかったのですが、ヒロインの名前は満月(みつき)ちゃん(タイトルの意味が分かった)。幼い頃、英知くんと約束した「歌手になる」という夢を叶えるためにがんばっている。だけど寿命はあと1年。その寿命が確実に尽きるように送られてきたのが死に神たち。でも満月の境遇に同情しちゃった死に神たちが歌手デビューに協力する。…ということですね。

満月に男との約束があったと分かったタクトがいきなり不機嫌になったり、その様子を見てめろこがヤキモチ焼く一方で満月に対して協力的になったりと分かりやすい三角関係が進行中であります。

…ただヒロイン役のmycoさんにはもっと精進して欲しいですな。

第2話「英知くんとの約束」
2002/4/13 7:30 TV東京
満月をさがして 前話次話 画像は12歳→16歳への変身の途中です。やっぱあのくるくるヘアはおろした方がよいと思います。

保護者代わりの若王子先生とマネージャーさんは、それぞれ変身前と後しか知らない。両者の打ち合わせをめろこが変身を駆使してドタバタで解決、歌手デビューに向けてがんばることになりました。こうなってみると割と普通の変身魔女っ子モノですね〜。

今回めろこ役の本多知恵子さんは、満月・若王子先生・マネージャーと合計4役ですよ。それぞれうまいことこなしてました。拍手〜。

第3話「マネージャーさんが来た」
2002/4/20 7:30 TV東京
満月をさがして 前話次話 「負けたよ。こんないい詩書いてこられちゃ、コンセプトも衣装も全部見直しだ」
「それって…」

…それって、 「クールロリータのダイナマイト・ラブ」 「思いっきりセクシーな衣装や振り付け」もパー ってことですか(爆)。

と、こんな具合でプロデューサーとの作詞バトルに勝った満月ちゃんは自分の歌詞でCDデビューが決定。かくして 芸名はフルムーン ちゃんを名乗ることになりました。…モロバレしない?

第4話「詞にこめた想い」
2002/4/27 7:30 TV東京
満月をさがして 前話次話 はじめてのお仕事は写真撮影でしたが、ほんとは12歳であることがばれないかと固くなってしまうフルムーン。まぁ確かに中身は12歳だけどアイドルなんてそんなもんじゃないかと(爆)。実際、年齢より新人ゆえの失敗という感じでその解決方法も含め、特に12歳がキーワードになる話じゃなかったな。

キーワードと言えば死に神キーワードの「女子高生(ルーズソックスを除く)」って結局どういう意味だったんでしょうか。 単に「か〜み〜か〜ぜ〜の術」をやりたかった だけなんでしょうか(笑)。

第5話「はじめてのお仕事」
2002/5/4 7:30 TV東京
満月をさがして 前話次話 親にかまってもらえない寂しさからねこタクトを連れ出してしまう七海ちゃん。ひとり寂しく公園で遊ぶ七海ちゃんに自分の小さい頃(と言っても数年前)を重ねる満月(画像)。その後満月ちゃんが「家族だったら『ただいま』『お帰り』って言って欲しい」と爆発することで一件落着するんだけど、だったら小さい頃寂しかった理由が「英知くんがいなくなったから…」とするから話がおかしくなるんだよな。満月ちゃんの両親がいない理由はまだ伏せておきたいからなんだろうけど、ちぐはぐでした。
第6話「スタジオの長い日」
2002/5/11 7:30 TV東京
満月をさがして 前話次話 とうとうフルムーンが渋谷でデビュー!だが、一緒にオーディションを受けた娘から嫌みを言われます。「得よねぇ、かわいいのって。あなたは歌じゃなくて顔で選ばれたってこと。あんな大して上手くもない歌」 まぁ、いいんじゃないですかねぇ、顔も歌もうまくない小娘が高額納税者になる世の中なんだから。…あ、フォローになってませんな(笑)。

しかしフルムーンこと満月ちゃんは落ち込んでしまいます。 「私が選ばれたのって顔がかわいかったからですか?」 とマネージャーに尋ねます。…よく考えると、すごい質問だな。でもタクトやマネージャーに励まされて回復、コンサートは成功しました。満月作詞の「Myself」初公開です。ちなみに画像はタクトによる実際の演出です。

EDもMyselfに変わってしまいましたな。

第7話「フルムーン、デビュー!」
2002/5/18 7:30 TV東京
満月をさがして 前話次話 あら、満月ちゃん友達いなかったのね。そんな感じに見えませんでしたが。病気がちなことと家が厳しくてTVも見せてもらえないことが影響していたようです。売り上げのこともいちいち気にすんなといいたいが、12歳じゃしょうがないか。

ま、友達もできたことだし、これからは学校のシーンも増えるかな。大して特徴のない16歳フルムーンより、小学生(中学生だっけ?)の制服の方がいいっス(爆)。この袖の大きさ加減がグー。

第8話「ヒットって本当?」
2002/5/25 7:30 TV東京
満月をさがして 前話次話 実は満月のパパの友達だった若王子先生。今回いろいろと情報がでてきましたね。

・満月の両親と若王子先生は音楽をやっていたらしい
・満月の両親の死によって若王子先生も音楽をやめた
・若王子先生はひょっとしたら満月ママに惚れていたのかも
・実はタクトも人間だった頃に音楽をやっていた

実は満月ちゃんは若王子先生の子だった!ってなるとなかなかいい展開ですが、それはまずないでしょうな。

第9話「聞いてほしいのに」
2002/6/1 7:30 TV東京
満月をさがして 前話次話 この前ファーストフード店に入ったら♪ どぉし〜てこーんなに と「Myself」が流れてきました。番組の内容そのままにデビュー・売り出していくってことなのかねー。mycoじゃなくて「Changin' My Life」ですが(同一人物…だよね)。

今回の話は芸能界ものではよくある話。ここで、芸能界大先輩の昆巻さんが「夢のために歌っている」とか言い出したら鼻白むところですが「プロだから歌っている」とピシャリ。この人はもともとの希望であった演歌歌手に紆余曲折を経てなったわけだから説得力はあるわな。で、CVは三原じゅん子ってなっているけど、元アイドルの三原じゅん子? 芸能界ネタはさっぱり分からないので自信はありませんが、だとするとますます説得力が(笑)

満月ちゃんの「約束ために歌っている」っていうのはさすがに青いけど、12歳じゃねぇ…むしろ弁が立ちすぎているのが違和感あるかも。

第10話「芸能界の掟!?」
2002/6/8 7:30 TV東京
満月をさがして 前話次話 今回も、スクープを狙われるという定番メニューのお話。12歳満月の怯え顔萌え〜(爆)。それにしても最近めろこちゃんがお留守番、タクトが「お前は俺が守る」と気張るという展開が多いな。

さて、ここで問題です。タクトくんの正体はなんでしょう。

  1. 他界したお父さん
  2. 行方不明の英知くん
  3. 単なるロリ
第11話「危険なレンズ」
2002/6/15 7:30 TV東京
満月をさがして 前話次話 今回珍しく芸能界と関係のないお話。ねぎラーメンってなにかと思ったらタクトとめろこのコードネームだってこと忘れてたよ…。

基本的に12歳満月ちゃんの方が好きなので、ラストで「あぁ、変身しちゃった〜」と思ったのですが結構かわいく描いてくれてます。うむ、これならおっけ〜。

第12話「ねぎラーメンと聖者の石」
2002/6/22 7:30 TV東京
満月をさがして 前話次話 施設でミニコンサートを開くフルムーン。そこには本当の兄妹のように仲のよい男の子と女の子がいたが、女の子は養子縁組が決まりコンサートが終わった後に引き取られていくことになっていた。その二人に満月は自分と英知くんの姿を重ねていた――

この手の話は普通引いちゃうんだけど(嘘くさくて)、今回はちゃんと見れるデキになってました。結局、男の子も同じ人に引き取られるというラストはあんまりよくなかったけど。

満月ちゃんは神山家にもらわれたわけだけど、果たして英知くんは?

第13話「ちっちゃなコンサート」
2002/6/29 7:30 TV東京
満月をさがして 前話次話 画像、片肌脱いでるように見えますな。ドジな代理マネージャー復帰のために一肌脱いだフルムーンでしたが、復帰はせず別の方法でフルムーンに貢献することになりました。ま、向き不向きはあるわな。

あとアニメにでてくるパソコンってたいていMacなんだけど、Windowsでした。音楽業界なのに。時代の波ですね。

第14話「がんばれ!代理マネージャー」
2002/7/6 7:30 TV東京
満月をさがして 前話次話 いやぁ、新人アイドルをたらし込んでその様子を ビデオに撮っておく ですか。そりゃ、 キスくらいじゃ済みませんなぁ (爆)。ま、相手にとって不幸だったのは、所詮フルムーンちゃんの中身は12歳なのでそういう雰囲気にならなかったことですね。

魔の手:-) からフルムーンを救い出したタクトですが、そのときヨットが揺れて…(画像)。なかなかいい画です。この時二人は接触事故を起こしてしまったようです。

…なんだか、すべてがフォーマット通りに進む脚本でしたが、フルムーンちゃんがかわいいんでとりあえず良しとします(いいのか?)。

第15話「ファースト・キス!?」
2002/7/13 7:30 TV東京
満月をさがして 前話次話 おっ、今回いろいろ中身がありました(…って書くと普段はなにもないみたいですが、べ、別にそのような意味ではなく(爆))。

冒頭、若王子先生の診察を受ける満月ちゃん。先生の表情からすると、病状は進行しているようです。余命あと1年って言われてますからねぇ、そりゃ進行もするでしょう。

めろこは満月とタクトの間に何かあったと感づきます。そこで今回はめろこが満月に付いて行くことに。タクトくんはお留守番で なんと満月の姿に変身! なんだタクトも変身できるんじゃん。…しかし格好の同人誌ネタですなぁ〜(ぉ。

そしてCMのオーディション。ここで以前出てきたライバル、若松さんが再登場。フルムーンに対し彼女はオーディション会場への間違った道順を教えるとか、トイレに閉じこめるとか、オーディション中に英知くんのことを持ち出すとか、なかなかやってくれます。

英知くんのことがマイナスポイントになったのか、CMは若松さんに決定、と思いきやフルムーンとの二人出演に変更。「ガラスの仮面」なら背景に思いっきり効果が出そうなシーンですが、天然フルムーンちゃんはにこにこ顔でよろしく〜と手を差し出します。が、若松さんは「この子とはイヤです!」と突っぱねます。さぁどうなる。

画像は英知くんとの回想シーン。「お月様隠れて見えないよ?」「目を閉じて波の音を聞いてごらん。今も空に月があるって感じることが出来るだろ?」「 でも 」「なに?」「それじゃお月様かくれんぼできないね」 ――ピュアね〜。

第16話「ライバル登場!」
2002/7/20 7:30 TV東京
満月をさがして 前話次話 おお〜、盛り上がってます。フルムーンをライバル視して潰しにかかる若松さん、満月が気になる存在になってきているタクト、タクトが記憶を取り戻してしまうのではないかと心配するめろこ、タクトと仲直りしたい満月、それらが無理をしたために倒れてしまう満月という方向に流れていきます。間違いなく中盤の大きな見せ場です。

タクトを探すために一日中笛を吹いて歩いている満月の姿はほろりとさせるものがありました。一方、めろこが「イヤな女」になってしまったのは残念だったな。もうちょっと満月とトラブっていればあのきついセリフも納得できるんだけど。

第17話「すれ違う二人」
2002/7/27 7:30 TV東京
満月をさがして 前話次話 いいですわ〜、今回の話。初めてフルムーンに(満月ちゃんじゃなくて)萌えられました。

病院を抜け出し、オーディションに向かう満月ちゃん。でも熱があるため顔も赤く体はフラフラ。もぉこれだけで萌えです。というか今回作画に気合い入っているのか、どのカットも可愛いんだよね。

「あたしだってマジに告白したんだよ…?」というめろこは「でも57回目だしな」とかわされてしまいます。…マジな展開から逃げたな。

「昨日はありがとうございました。円、すごーく楽しかったです」「昨日の円ちゃん、 イイ感じ だったよ」 ぷはは、プロデューサーと妖しい会話をする円ちゃん。やっぱりあの後パックンされちゃったんですかねぇ。

とうとう交差点のど真ん中で倒れてしまう満月ちゃん。でも誰も助けてくれません。…これはおかしい。野郎が倒れていても助けないと思いますが(ぉ、いたいけな少女が倒れていたら助けるでしょ、普通。それはともかく、みんなに心の中で謝りながらつぶやくように歌い出します。「♪どうして…どうして…すき…なんだろう、こ…んなに、なみだ、あふれてる」 …不覚にもちょっとうるうるっと来てしまいましたよ。その声を聞いてタクトが駆けつけます。しかし満月ちゃんは息をしていない! そこでタクトは口づけをします。いきなりだったのでてっきり死に神パワーを与えるとか、魂の半分を差し上げますとか、あたしの血をあげるふふふとかそういう意味合いだと思ったらただの人工呼吸だったようです。――その割には息を吹き込んだりしてませんでしたが。でも息を吹き返した時の第一声は「英知くん…?」でした…。

ここでフルムーンに変身。病気もチャラです。オーディション会場に行かせまいとめろこが妨害しますが、 スカートをめくったり (マリリンモンロー風♥)、タクトと二人でエレベータに閉じこめたり…グッドジョブじゃないですか。このエレベータの中のフルムーンがまた可愛かったです。淡いグリーンのワンピースがよく似合ってました。

しかし、やっとの想いでたどり着いたオーディション会場では若松円ちゃんの合格が発表されていたのでした…。いい展開です。

第18話「走れ!オーディションへ!」
2002/8/3 7:30 TV東京
満月をさがして 前話次話 オーディションの1つくらい落ちてもいいじゃないか、と思っているところに若王子先生を出して変身のことがバレそうに…そう来ましたか。結局若王子先生と大重さんには変身のことを打ち明けて協力を仰ぎます。私はめろこが手を回して変身できなくなっているという破滅的な展開を考えていたので、ちゃんと変身できてすげ〜ホッとしました。

若王子先生たちから逃げている時に満月とタクトは灯台でお泊まり。髪を下ろした満月ちゃんがキュート! タクトの歌声を聞いて「なんだか、切ない…」と急接近です。…タクトがパパだったらどうしましょう(笑)

第19話「届かない歌声」
2002/8/10 7:30 TV東京
満月をさがして 前話次話 病み上がりでそんなに歩き回って大丈夫かいな、と思いますがかわいい姿を見せてくれる満月ちゃんです。

タクトとめろこの仲直りをさせようと(ホントは満月ちゃんが原因なんだが…)友達を呼んで花火大会。普段、あまり親切とは言えない田中さんもいいところを見せるし、おばあちゃんも孫に対する複雑な心境を覗かせてくれます。今までにない展開でした。

トドメはねぎラーメンポーズですか…1話以来ですなぁ。

第20話「めろこ、ひとりぼっち」
2002/8/17 7:30 TV東京
満月をさがして 前話次話 サブタイトルと内容がいまいち不一致な気がしますが、とにかくフルムーンちゃん芸能界復帰です。しかし、オーディションを結果的にすっぽかした事や恋人問題(?)で周囲から痛い視線にさらされます。

その影に若松円あり。大御所昆巻さんから糾弾されても涙の演技で乗り切ります。そんな彼女も昔は素直ないい子だったんですね〜(画像)。もったいないなぁ(ぉ。まぁ、彼女なりに相当苦労したようですが、服を破くという古典的いじめはどうかと。

とにかく円ちゃんとの対立がしばらく軸になるようです。

第21話「新たな思い」
2002/8/24 7:30 TV東京
満月をさがして 前話次話 円ちゃんって、どっかの富豪の娘なんでしょーか。コンサート会場をキャンセルして他の公演を入れられる力があるならもっと芸能界でのし上がれると思います(笑)。

…というくらい無理のある話でしたが、今までのゲストキャラ総登場なのは面白かった。まるで最終回のよう。

第22話「ワクワク!ソロライブ」
2002/8/31 7:30 TV東京
満月をさがして 前話次話 画像は謎の山田さんビジョン。試合に勝って女としての勝負に負けた、って感じでしょうか。

本来は満月ちゃんが大重さんと一緒にいるところが謎だったのに、強引にお嫁さん対決に持っていって山田さんどころか視聴者まで煙に巻いてしまった(?)。

ま、若王子先生と大重さんの今後に期待しましょう。

第23話「お引っ越しパニック」
2002/9/7 7:30 TV東京
満月をさがして 前話次話 2ndシングルはお父さんの歌のカバーで。しかしその企画を円ちゃんにパクられ、しかもプロデューサーの高須さんを押さえられてしまいます。

今までフルムーンの援護をしてきた高須さんですが「ETERNAL SNOWが売れるためだったら何でもします」と対抗心をむき出しにする円ちゃんになにか感じるところがあったのか、すべて承知の上で引き受けます。

対するフルムーン側は若王子先生を担ぎ出すことを思いつきます。…確かに、本家本元のルートLが出てくれば企画としては勝ちですね。おお、なんとなく盛り上がってきましたよ? 少なくとも会場キャンセルなんてよりはずっといい。

ルートLといえば「あのヴォーカルの子、どうしてるのかな?」 と大重さん。…おや? ということは…

第24話「お父さんの歌」
2002/9/14 7:30 TV東京
満月をさがして 前話次話 「英知くんは私の太陽だね!」 この笑顔でいけば若王子先生も一発だったんじゃないですかね。「満月のお・ね・が・い(はぁと)」でも行けたと思いますが:-)

大重さんクビのピンチの中、タクトの説得もあって引き受けてくれた若王子先生。そして私もすっかり忘れていた死に神呼び出しの笛も返してくれました。…今回の話は、結構流れよく作ってあったな。

若松円ちゃんは悪役に徹して欲しいですね。「トップスターにしてくれる」じゃなくて「フルムーンに勝てる」と言って欲しい。もちろんその後の「いや〜ん、にゃんにゃんにゃ〜ん」は不要です。

第25話「若王子先生にお願い」
2002/9/21 7:30 TV東京
満月をさがして 前話次話 満月の両親は結婚してなかったのかな? 満月を身ごもると家を捨てバンドを捨てて旅立ってしまったようです。これだけ聞くと、そりゃおばあちゃんも怒るよな、と言う感じですが…。

円ちゃんがイイ子になるのが早すぎるぞ?と思ったら次回でまたやらかしてくれそうです。

第26話「伝えたいもの…」
2002/9/28 7:30 TV東京
満月をさがして 前話次話 …いやいやいや、どうしちゃったの?って言うくらい面白かった。円ちゃんが高須さんに接触してから化学反応のように面白くなっていきましたが、ここで一度はじけましたね〜。今まで単なる障害物、周回遅れのCOM車みたいだった円ちゃんに血が通いました。きっと復活するであろうそのときまでお待ちしております。

新しくなったOPを見ると新キャラ投入などの展開があるようです。秋服モードなコスも期待ですね。

第27話「絶対に負けない」
2002/10/5 7:30 TV東京
満月をさがして 前話次話 年相応の告白話でしたが、ちゃんとフォローしてあげる満月ちゃんは偉いと思いました。思わず満月ちゃんのことを攻めるような口調になってしまった友達に対して微笑んで受け流せるのはむしろ大人びた対応かと。それも普段、大人達に囲まれて生活しているから当然かもしれません。

…もうちょっと普段から学校の様子を描いて欲しいなぁ。

第28話「満月って恋の達人?」
2002/10/12 7:30 TV東京
満月をさがして 前話次話 新キャラいずみくん登場。彼はタクトとめろこの実態を調査しに来たようです。サディスティックな緒方さん素敵:-)。

彼によるとタクトくんは一度も魂の回収に成功したことがない、とのことですがみんな長寿になってしまったんでしょうか?

フルムーンのニーソは良かったっすね。最近ちょっとニーソ属性が付きつつあるので(笑)、タイムリーでした。

第29話「新たな死神 いずみ&ジョナサン」
2002/10/19 7:30 TV東京
満月をさがして 前話次話 満月ちゃんの施設時代の先生が登場。部屋に貼られている「2000年」のカレンダーの謎が明かされます。英知くんとの別れの時にもらったカレンダー、それから時は止まっているということです。…なるほど!と納得しかけたけど、作中の時間が2000年じゃないという説明はあったっけ? どこかには出てたかもしれないけど、ちょっと気付きにくいなぁ。そもそも英知くんとの別れはたった2年前のことなんだろうか…。

先生のアドバイスを容れ、英知くんに渡すビデオレターを準備する満月。もう、 タクトくん むくれる、むくれる! (笑) 歌で気付かせるのを貫き通せと、もっともらしいことを言ってやめさせます。…別に手段は歌でなくてもいいと思うけどな(それを言ったらおしまい?)。素直な満月ちゃんはそれで納得したようです。その辺が彼女のいいところですけど。

変身シーンを収めたビデオが第三者の手に渡って大変なことに、という展開になるのかと思いました。

第30話「英知くんを知る人」
2002/10/26 7:30 TV東京
満月をさがして 前話次話 「ほんとのボディガードみたいでかっこよかった」「タクトが一緒にいてくれるから」 …こういう言葉が男を傷つけるんだよな(ぉ。トドメは「デートみたいだね」 あぁ、無邪気にそんな言葉を…。

で、こう持ち上げといて、いざ一緒にプラネタリウムなんか見に行ったりすると英知くんとの思い出話ばかり。こりゃぶち切れですわ。ちょっとタクトくんに同情してしまう…

第31話「学園祭の秋なんです」
2002/11/2 7:30 TV東京
満月をさがして 前話次話 円ちゃん復活。しかし待っている人がいるから復活する、では前と変わらないような気がします。それに懸命に励ます満月ちゃんも健気ではあるけど、これじゃあただの同情だしなぁ。
第32話「素顔の円」
2002/11/9 7:30 TV東京
満月をさがして 前話次話 突然持病が悪化してしまい、修学旅行に出発するクラスメートを見送るはめになった満月ちゃんです。それどころか倒れてしまい、恐れていた喉の手術をすることに!? …と本来ならもっと大事な話の気がするんですが、なんだかランダムに発生した「病気イベント」を適当に処理したという感じがするのは、話が無理矢理に進んでいるからでしょうねぇ。

ま、おばあちゃんに若王子先生が音楽やっていることを教えておかないと、あとあと音楽を認めさせるイベントが発生しないし。

第33話「忍び寄る病魔」
2002/11/16 7:30 TV東京
満月をさがして 前話次話 なるほど、前回の話は今回に繋げる前フリでしたか。残り少ない命をどう生きるかというのがこの物語の核だと思うので、今回の話はよかったですね。ちょっとうるっと来てしまいました。満月ちゃんも死神に魂を回収されるとはどういうことなのか、はっきり分かったんじゃないかな。

それにしても第1話を見たときに「でも奇跡が起きて助かるんだろ?」と思いましたが(感想にもそう書いた)、本当に天寿を全うしてしまうかもしれません。そうなったらすごいですな。そう思う一方、昔、ナースエンジェルりりかの最後のセリフ「生きてる…」にほっとしたクチなので気持ちとしては微妙なところ。

いずれにしても納得できる終わり方をして欲しいものです。

第34話「ブランコのおじさん」
2002/11/23 7:30 TV東京
満月をさがして 前話次話 「ミッキー」って…満月ちゃんの事か。いずみ君は変な呼び名が好きなようで…。彼は満月ちゃんにちょっかいを出してきますが、それ自体が楽しいんであって特に理由はないようですな。あえて言えばめろこを手に入れてみたい、いうレベルでしょう。

前半、友達や大重さんが満月を支えようとしているところはちょっと感動しました。

第35話「英知くんからのメール!?」
2002/11/30 7:30 TV東京
満月をさがして 前話次話 英知くんからのメールを待ちわびる満月ちゃん。こんな姿を見てしまったら、嘘のメールでも出してあげたいと思いますね。

いずみ君に都合良く利用されてしまったものの、タクトを責めることなく前に進んでいこうとする満月ちゃんは、ほんとに素直でいいコです。ラストは英知くんに会いたい気持ちをエターナルスノーに込めて熱唱。これまた歌詞がばっちり合っていてよかったですね。

第36話「運命の新人賞」
2002/12/7 7:30 TV東京
満月をさがして 前話次話 新人賞を受賞して、一応、幸せの中にいる満月ちゃんがみんなに楽しいクリスマスのプレゼント。幸せがダダ漏れのお話になりましたが、満月ちゃんがめろこの告白を応援したと言う事で、タクトくんは微妙な立場になってしまいます。私的にはタクトくん=満月パパ説を採っているのですが、これが英知くんだったりするとなかなかいい展開になりますね。
第37話「満月からの贈り物」
2002/12/14 7:30 TV東京
満月をさがして 前話次話 画像は若かかりし頃のおばあちゃん。美人でした。…時の流れは残酷ですね。

かつての婚約者と娘を失ったのは音楽のせいだと思いこんでいるおばあちゃんにとって、孫まで音楽のために手元から離れてしまうというのは耐え難かったようです。自分がフルムーンとして歌手になっていることや、寿命があと僅かしかないことを言い出せない満月ちゃんは、結局家出同然に飛び出してしまいます。そりゃ言えないよなぁ…。家出もやむなしと言ったところでしょうか。

第38話「おばあちゃんの過去」
2002/12/21 7:30 TV東京
満月をさがして 前話次話 渡米した満月ちゃん一行。歌手の仕事と喉の治療という大義名分があるものの、やっぱり英知くん探しがメイン。…のわりにはのんきに観光なんかしてます。真っ先に駆けつけると思ったのですが。

昔、英知くんの告白に対してちゃんと返事できなかったのは、ひたすら恥ずかしかったから。これは歳相応でかわいいですね。

第39話「太平洋を越えて」
2002/12/28 7:30 TV東京
満月をさがして 前話次話 自分の気持ちが言えず悶々としていたタクトくんですが、満月との口論のどさくさで「お前が好きだから」と言ってしまいます。以前にも無防備な満月ちゃんは罪作りだと書きましたが、まぁ、小学生だからしょうがないですね…ってそういう意味ではタクトくん、ちょっとまずいか? とりあえず死神だからOKということにしておきます。

告白の現場に居合わせてしまっためろこと三角関係再燃か? と期待してしまいますが、次回予告を見る限りさわやかに解決してしまいそうです。

第40話「盗まれたペンダント」
2003/1/4 7:30 TV東京
満月をさがして 前話次話 タクトの告白に「私も大好き、友達だもん」とさくっと流す満月ちゃん。さわやかだなぁ。いや、言われた方は大ショックだと思いますが(笑)。でも、英知くんとの思い出(いや妄想か?)の中にタクトが出てくるようになったりして、微妙な心境を覗かせます。

その英知くんがいるという家に向かうとそこには悲しみにくれる夫婦の姿が。しかも死神手帳には英知くんが死期を早めると出てくる。おっと、このままでは孫を失い、患者を失い、スターを失い、ついでにタクトは前世の記憶を取り戻して消滅、めろこもしょっくのぱーと不幸のどん底で終わってしまいそうですが、大逆転はあるのか!? というところで次回。

いずれにしてもタクトくんは幸せになれそうもないです。

第41話「英知くんのいる街へ」
2003/1/11 7:30 TV東京
満月をさがして 前話次話 「このままここで眠ってしまおう…そしたら目覚めたときには英知くんの側にいられる…もう誰にも私と英知くんの邪魔はさせない」と雪が降り積もる英知の墓に身を横たえる満月ちゃんです。いやはや、ここまで悲劇の王道を行くとは思いませんでした。ある意味脱帽です。その昔、セーラー戦士が死んでしまったときに全国のよい子のみんなはご飯が食べられなくなってしまったそうですが、朝っぱらからこんなものを見てしまったお子さんがちゃんと朝食を取れたのか心配です。

このまま天に召されれば典型的な悲劇ですが、次回予告を見る限りまだお亡くなりにはなっていないようです。さて、どういうケリをつけますか。

第42話「エターナル スノー」
2003/1/18 7:30 TV東京
満月をさがして 前話次話 今まですべて英知くんに会うためにがんばってきた満月ちゃん。その彼が亡くなったことで生きる気力すら失ってしまいます。…と、ひたすら暗く、落ち込んでいく話です。なんとフルムーンに変身することすらできなくなってしまいました。はわわ〜。

この状態から這い上がるにはやはり歌しかありませんが、生半可な復活の仕方では納得いきませんよ? どう見せてくれるか、期待します。

さて、ここに来てEDの変更。かいがいしく英知くんの世話を焼く満月ちゃんの姿が痛々しいです。振り返るとタクト達が迎えているってのは象徴的ですが、輝くような笑顔はその印象を裏切ってもいます。満月ちゃんの明日はどっちだ!?

第43話「もう二度と歌わない…」
2003/1/25 7:30 TV東京
満月をさがして 前話次話 今まで周囲の人に元気を与えていた満月ちゃん。その満月ちゃんが沈み込むと、周りの人がずんずん不幸になっていきます。そんな彼女を見て、おばあちゃんは再び若王子先生に診てもらう決心をします。円ちゃんがお見舞いに来てくれたのが嬉しかったのか、えらく手厚い歓迎ですね。そういえば、クラスメートはなんでお見舞いに来ないのかなぁ…。

満月ちゃんのことで頭がいっぱいのタクトを見ていられなかったのか、めろこはとうとういずみくんに安らぎを求めてしまいます。あ〜あ、やっちゃいましたね…。

第44話「共鳴する心」
2003/2/1 7:30 TV東京
満月をさがして 前話次話 そうか、ばあちゃんが助けたか…ちょっとほろっと来てしまいました。「いずみくんの誘惑」に乗ってしまう満月ちゃんですが、今まで打ちひしがれてしまった彼女をしっかり描いていたため、そのあたりは非常に説得力がありました。

とうとうタクトくんの正体が分かりましたが、満月パパではなくルートLのヴォーカルでした。そういえば第24話でそんな伏線があったことをきれいさっぱり忘れてましたよ。

記憶を取り戻してしまったタクトくんは消滅の危機に瀕していますが、「私が間違っていた」といいつつ結局満月もばあちゃんも助けなかっためろこちゃんはどうするんでしょ。

第45話「いずみの誘惑」
2003/2/8 7:30 TV東京
満月をさがして 前話次話 歌うことを頑なに拒み続ける満月ちゃん。タクトは幽霊化を覚悟で自分の過去を思い出して説得します。満月ちゃんもかなり頑固ですが、両親の残した「月のように一度欠けても、また満ちて永遠に輝き続ける」という名前の由来を聞いて、今まで支えてくれた人たちを思い出す――ここは感動的でした。そしてとうとう歌いだします…。孫が歌うところを初めてみたおばあちゃんもまた涙する、ということで周りの状況がすべてプラスになった瞬間です。

死に神手帳に現れた、寿命が短くなる要因という逆さ文字の英知くんは消えました。が、これは本来の寿命に戻っただけです。この運命を跳ね返すことはできるのでしょうか…?

ところでいつも引っかかるんですが、めろこが満月を応援するときって、たいていタクトのためになるときなんですよね。これは意図的なんだろうなぁ。

第46話「新月の夜に」
2003/2/15 7:30 TV東京
満月をさがして 前話次話 ようやく、フルムーン復活! いや〜仕事があって良かったね…。クラスメートの反応も淡泊なところが気になりますが、お見舞いイベントもなかったしやむを得ないところか。それとも満月ちゃんが伏せっていたのはそんなに長い期間じゃなかったのか…?

先週の事件以来、おばあちゃんがかわいらしいです。そういや、満月ちゃんは離れに住んでたんだなぁ。母屋で一緒に暮らしましょうってのはほろっときました。

先週の感想で死に神手帳の逆さ文字が消えただけではダメだと書きましたが、そこはタクト&めろこが自ら正文字を書き入れるという展開になりました。ちょっと反則!? でも、これでめろこがタクトのためにならないけども彼の気持ちと満月を応援したいというのが表現できます。あとは「フルムーン」が出てくるのかなぁ?

第47話「生きる希望」
2003/2/22 7:30 TV東京
満月をさがして 前話次話 自分の命日(予定日)に「Live」を設定する満月ちゃん。…追い込むなぁ。しかし、タクトくんは再び幽霊化のピンチに。枯れ木に咲かせた花がしおれて落ちるってのは象徴的です…。

フルムーンの姿で代わりに写真撮影をこなすめろこの姿を見て、改めて自分とフルムーンの関係を考える満月ちゃん。「タクトには本当に感謝してるよ…神山満月が経験できないこと、いっぱい経験させてくれて」 このシーンは…泣ける。ちょっと不意打ちされてしまいました。

しかし、幽霊化に苦しむタクトと懸命に看護するめろこの姿をみて、助けてくれるよういずみ君にお願いしてしまう満月ちゃん。君、あれだけのことされてまだ信じられるのか…? 最後の対決に突入です。

第48話「フルムーンになれない!?」
2003/3/1 7:30 TV東京
満月をさがして 前話次話 タクトを心配そうに見つめる満月ちゃん。この衣装、やたらかわいいです。

さて、さしものいずみ君も、今の満月には嘘をつけなかったようです。満月ちゃんの貞操は守られましたよ!(ぉ しかもわすれ草で記憶をなくせば幽霊化が防げるかもという提案までしてくれます。なるほど、これはごもっともです。死に神と幽霊とどっちがいいんだ?というのはありますが。

めろこの奮闘によりわすれ草のゲットに成功。でもタクトくんは拒否するだろうなぁ、と思ってたらその辺は次回のお楽しみ。

第49話「満月の思い・めろこの思い」
2003/3/8 7:30 TV東京
満月をさがして 前話次話 せっかく取ってきた忘れ草、しかし「どうしても言えない」。しかし、タクトの気持ちに応え、共に生きる道を選んだ満月ちゃんに説得されるという形で忘れ草を飲んだのでした。 果たして効果は…?

もし、運命が変わって満月ちゃんが生き続けることになったら、やっぱり死に神には会えなくなるのではないかとか、そもそもフルムーン化する方法や理由も忘れちゃうんじゃないかとか思いますが、ラストに向けて盛り上がり続けています。卒業イベントとお誕生日イベントという盆と正月が一緒に来たような萌えシーンもありましたし。13歳になった満月ちゃんはさらにかわいく、ちょっと大人っぽく…って13歳かよ、若いなぁ(いきなり素の感想が…)

第50話「どうしても言えない」
2003/3/15 7:30 TV東京
満月をさがして 前話次話 とうとう「Live」当日。忘れ草を飲んだタクトくんは満月ちゃんのことを忘れ…てないじゃん。なるほど、遅効性の薬でしたか。またいずみくんに担がれたのかと思いましたが、そこまで悪人ではなかったようです。

前座も終わり(よくまどかちゃん出たなぁ)、いよいよフルムーンに最後の変身!のはずが、タクトの術が効かない。おお、予想通りとは言え盛り上がる〜。私も満月ちゃんのままステージに上がるのかと思いましたが、タクト達の方が現実的だった(^^;)。そりゃお客さんは納得しないわ。そこでめろこは死に神としての力をタクトに捧げます。髪を切ったのは、象徴的な意味だったんでしょう。そしてまばゆい光に包まれてステージに上がったのは、フルムーン! じ〜ん…。

余談ですが、こういうまぶしいシーンは私がキャプチャに使っているMTV2000の苦手とするところで、全体的に白くなっちゃうんですよ(手動でのコントラスト調整はできない)。今回ほど恨めしく思ったことはありません。

しかし、フルムーンの「エターナル・スノー」が流れる中、タクトは記憶を失ってしまいます。おお…。次回、最終話でどんな決着が付くんでしょうか。

第51話「運命の日」
2003/3/22 7:30 TV東京
満月をさがして 前話 …最終回、どうご覧になりましたか?

ぶっちゃけた話、「大いなる存在」が望み通り運命を変えてくれたという、まさにご都合主義の決着でした。しかし、やたら泣けるんですよね…。 思い入れのなせる技かもしれませんが。最初の、満月ちゃんが1年を振り返ってそれぞれお世話になった人に語りかけるシーンで、もう、うるうるもんです。 そして身を挺して満月を運命から守っためろこと、その消えゆくめろこを見ながら必死に歌い続ける満月ちゃん…(T_T)って感じです。

そしてラストシーンの「タクトー!」で涙は最高潮に。ああ、感動的に終わったなぁ…。シリーズ全体で言えば、途中あんまり面白くない話も少なからずありましたが、終盤のツボを押さえた演出できっちり最終回を迎えられたという感じです。シナリオ的にはご都合主義以外の何者でもないので、演出の勝利でしょうか。

第52話「満月をさがして」
2003/3/29 7:30 TV東京


(C)カズくん