[TOP]

GUNSLINGER GIRL

□News

  • [情] GUNSLINGER GIRL DVD-BOX 2005.3.10 release.
  • □関連記事

  • マリみて・ガンスリのイタリア机上旅行クラブ

  • ガンスリVol.1(ゲーム付き) レビュー

  • ガンスリEDについて 「ふたつの"夢のあとに"」

  • □作品レビュー

    社会福祉公社 ― その実体は諜報機関 ― では、年端もゆかぬ少女たちが義体と呼ばれる機械の身体を与えられ「条件付け」と呼ばれる処置を施された上で、暗殺など政府のための汚れ仕事をこなしていた…。

    「与えられたのは大きな銃と小さな幸せ」というコピーのように、不幸な生い立ちを背負った少女たちが、冷徹に「仕事」をするというギャップに驚かされます。痛々しい話ではあるものの、彼女たちはそんな日常の中にも楽しいことを見つけて生きています。果たしてそれは作り物の幸せでしかないのか。そんな問いかけをする作品です。

    この作品では、伏線の張り方や構成、シーンの演出がきわめて素晴らしく、高く評価しています。 何度か振り返って過去の話をみると、また違った面が見えてくるかもしれません。ぜひ味わって鑑賞してほしいところです。

    VOL.1 レビュー

    まず、TV版は1〜5話を収録。特典映像はノーテロップOP/EDです。この時点で定価の7140円は安めと言えるでしょう。

    そして問題のゲーム部分です。ゲームシステムとしてはよく見かけるガン・シューティングもの。すぐにクリアできると高をくくっていましたが意外に難易度が高く、3時間ほどプレイしたところで止めてしまいました。もう少し爽快感があればいいんですが、展開も単調だし、オートロックが働かなかったりして結構イライラさせられます。 そして何より、ヘンリエッタしか登場しないことが不満です。お気に入りのトリエラでやろうと思っていたのですが。

    そんなわけで、ゲーム部分はあまりお勧めできませんが、おまけだと割り切れる価格設定ではあります。

    VOL.2 レビュー

    TV版6話〜9話収録。9話「彼岸花」はエルザの物語で、好きなエピソードの一つです。ちなみに特典映像はVOL.1と同一。残念ながら、巻ごとに違うわけではないようです。

    さて、ゲーム部分。ケースの表紙にはクラエスとトリエラが描かれていて期待させられましたが、今回も操作できるのはヘンリエッタのみ。しかし、次巻ではプレイできるようです。期待して待ちましょう。

    実はPS2を持っていないので、VOL.1もクリアしていませんでした。友人から本体を借りて、プレイ。VOL.1ラストのヘリには泣きそうになりましたが、恐れず立ち向かったら意外にあっさりクリア。続いてVOL.2に入ります。これも意外にさくさく進み、手こずったラストのバイク軍団も下手に動かないで待つようにしたらクリアできました。結局、3〜4時間くらいでしょうか。

    ちなみにVOL.1の頃は一度もできなかったローリングのアクション。"ROLLING"マークが出たら瞬時にボタンを押さないとダメだったようです。別に使わなくてもクリアできますが、角度によってはヘンリエッタの白く輝くものがちらりと見えたりするので、チャンスは逃さないのが通かと。

    VOL.3 レビュー

    TV版10話〜13話収録の最終巻。特典映像は従来のOP/EDに加え、プロモーション映像が4本入っています。

    「シチリアで大芝居」で山場を迎え、アンジェリカがその名前のように天使になって物語は終焉を迎えます。 原作はまだ続いているため、単に脇役の一人が死んだだけと言えなくもありませんが、義体である彼女たちの気持ちについては回答を得たと私は思っています。

    トリエラとリコが使えるという触れ込みだったゲーム部分。確かにヘンリエッタのストーリーをクリアするとextra modeが現れ、トリエラとリコでプレイできます。 しかし、情報将校の脱出のステージと、バイク軍団のステージをもう一回やるだけなので新鮮味がなく、クリアするだけの気力が起きませんでした。 一応、セリフはキャラクターに合わせたものになっているので、その楽しみはありますが。また、彼女たちはどちらもパンツルックのため、そっちのお楽しみはあまりないということも言っておきましょう。

    □音楽

    GUNSLINGER GIRLの持つ雰囲気を支えるのが、音楽。劇伴に徹した楽曲は決して派手さはないものの、映像と相まって盛り上げてくれます。 サントラのジャケットは、真っ黒な背景に少し光沢の違う黒で「GUNSLINGER GIRL」とだけ書いてあるという渋いもの。 …渋すぎたのか、すぐに売り切れたのか不明ですが、どこを探しても見つからなかったのでAmazonで購入しました。

    シングルのジャケットは、今度は真っ白な背景にうす緑色でタイトルが書いてあります。すごく読みにくいのですが、実は蛍光塗料が塗ってあり暗いところにもっていくと光るので試してみてください。EDの"DOPO IL SOGNO〜夢のあとに" がお勧め。原詩を知りたかったのですが、残念ながら訳詞しか 入っていませんでした。なお、TV版とは歌詞が違うようです。イタリア語なので分かりにくいのですが。

    ふたつの"夢のあとに"

    その後、情報をいただき(西原様、ありがとうございます)、"DOPO IL SOGNO"がフォーレ作曲、ビュッシーヌ編詞による「夢のあとに」というクラシック曲だということが分かりました。原詩(作者不詳)はイタリア語だとも言われており、ひょっとしたら先祖返りしたようなものかも知れません。

    ここで注目はTV版とCD版の歌詞の内容。おそらくTV版に使われているビュッシーヌ編詞の歌詞(先ほどのリンクを辿っていただければ読めます)は、先立たれた恋人と夢の中で再会し目覚めた後の哀しさを歌ったものです(ちなみにEDで雨に打たれているのは、ヘンリエッタの銃である)。一方、CD版は天におわすマリア様に対して死による救済を願うという内容。 …愛された義体とそうでなかった義体をそれぞれ彷彿とさせるような気がします。そんなことを思いながら"DOPO IL SOGNO"を聴くのも味わい深いですね。

     

    GUNSLINGER GIRL VOL.1

    1話〜5 話 収録

    ゲームがついてくる

    GUNSLINGER GIRL VOL.2

    6話〜9 話 収録

    もちろんゲームあり

    GUNSLINGER GIRL VOL.3

    10話〜13 話 収録

    トリエラとリコが使えるが…

    GUNSLINGER GIRL

    SOUND TRACK

    GUNSLINGER GIRL Single

    OP/ED 収録


    (C)カズくん