[TOP]

Kiddy Grade

Kiddy Grade 次話

エリカとるりるりがダーティペアのように活躍する話…でいいんだろうか? だいたいなぜ受付嬢なんてやっているんだ、とか突っ込む前にパンチラアクションぐー、オーバーニーソ萌え〜と素直に乗ってしまった方がよいのか(笑)

で、画像は銀河通商関税機構GOTTのESメンバー(って何?)のお二人です。…って説得力ねぇ〜。

まぁ、萌え要素は揃っているので(なぜか微妙に外されているような気もしないでもないが)、今後に期待します。

第1話「Depth/Space」
2002/10/9 2:18 フジTV
Kiddy Grade 前話次話

私の見方が悪いのかもしれませんが、アームブラストくんの行動が分かりません。オフィシャルな活動なのか、裏家業なのか…? どちらにしてもGOTTはずいぶんお人好しなような。

…と、いうようなことはとりあえずどうでもよくて(ぉ、やっぱりリュミエールちゃんですかねぇ、オレ的萌えポイントは。今日のでフラグが立った気がします。決め手は頬が赤くなる瞬間と胸のリボンタイですかね。

そうそう、井上喜久子さんのアールヴ役には驚きました。ここまで低い声出るんですね…ちいとも知りませんでした。まだまだです。

第2話「Tight/Bind」
2002/10/16 1:58 フジTV
Kiddy Grade 前話次話

先週に引き続き「びるべるびんと」(ビルベルヴィント?)が大活躍する話です。…違うの?

とはいうものの、「あなたがスリムすぎるのよ」と愛艇との別れを惜しんでワインで乾杯するリュミエールちゃんはグッドですよ! OPのボトルはそういう意味だったのか…こういう訳分からない萌え設定は好きですね(ぉ

エクレールちゃんも負けてません。「 違法な女 は、キライ?」 違法な女…妙にいやらしい響きだ(笑)。「心配してくれるの?」なんて甘えるように言われたら、そりゃ〜警部さんでなくてもいちころです。

第3話「Prisoner/Escort」
2002/10/23 1:58 フジTV
Kiddy Grade 前話次話

リュミエールちゃんはお留守番です。でも年代物のぶどうジュースで乾杯。…ってなんでジュースなんだー。

本編はエクレールの違法な技術パワーが炸裂というお話。それで終わりかと思ったらラストシーンでかなりGOTTは怪しげな団体であることが窺えますな。

第4話「High/Speed」
2002/11/6 1:58 フジTV
Kiddy Grade 前話次話

貴重な気がするのでリュミエール嬢のシャワーシーンなどを一つ。おニューのワンピースで決めたエクレール嬢もなかなかです。リッキーさんとの二択なら僕もエクレールにします:-)

それにしても彼女たちは完全なサイボーグなんすか? 身体の一部だけとかじゃなくて? その辺りが関係するのか、エクレールの子守歌でなぜか沈んでしまうリュミエールとエクリプスという妙な引きで終わってしまいましたが…。

第5話「Day/Off」
2002/11/13 1:58 フジTV
Kiddy Grade 前話次話

最後の最後まで大ボケっぷりをかましてくれた島本須美さんです。声久しぶりに聞いたなぁ。

さて今回もエクレールちゃんメイン。ぶぅ。でも「ベタベタした関係、好きじゃないんです」とクールを装いつつ「離れるのが嫌だから?」と突っ込まれて赤面してしまうリュミエールちゃんがかわいい〜。

…と、思いっきり作者の掌で踊ってるコメントですが、こういうのは踊ったもん勝ちということで:-)

第6話「Twin/Star」
2002/11/20 1:58 フジTV
Kiddy Grade 前話次話

この件でGOTTにどういうメリットがあるのか考えながら見てましたが、たかだが金融管理局を牽制するためだけとは…。ま、次期当主に恩を売っておくつもりもあったのかもしれませんが。

それにしてもESメンバーってGOTTの専売特許じゃなかったんですね。結局、ESメンバーというのは遺伝子改造を受けて特殊能力を得た人たちということなんでしょうか。

ところで青少年を誘惑しちゃうこの画像のおみ足は、何か処置を受けているんですかねぇ(笑)

第7話「Trial/Child」
2002/11/27 1:58 フジTV
Kiddy Grade 前話次話

forbidden? 一応、表示通りにしておきました。

ハッカー同士惹かれあうモノがあるのか、トゥイードゥルディさんとお近づきになってしまうリュミエールです。桑谷さんはこんな艶っぽい声も出せるんですね。こっちのほうもいいなぁ。

局長がエクレールの逮捕権請求を握りつぶしてしまうという怪しげな展開です。とはいっても、今までの話でGOTTそのものが相当怪しげなところがありますしね。

第8話「Fobidden/Instrument」
2002/12/4 1:58 フジTV
Kiddy Grade 前話次話

アームブラストくんは「後はHolidayを廃盤にすれば大丈夫」とか言ってましたが、首謀者を押さえないと意味ないのでは…。

それはともかく、意味ありげな過去の映像と、「またあなたを失いたくないの!」という思わせぶりなリュミエールのセリフ。過去にはエクレールより年上のリュミエールらしき人の姿が出てましたね。楽しみにしておきましょう。

アンニュイなリュミエールもなかなか色っぽくて良いですな。いや、左の画像もかなり色っぽいですが。

第9話「Mirage/Snare」
2002/12/11 1:58 フジTV
Kiddy Grade 前話次話

フラッシュバックする自分の過去の映像におびえるエクレール。でもどうも自分が"Rebirth"し続けていることは知っているみたいですね。精神の安定のために過去の記憶は消しているんでしょうか。

しかし今回、リュミエールがなにもしなかったのには納得いきませんね。前回のラストからすると、ある程度事情は分かっているように思えます。なのにエクレールの事をほったらかしにするのはどう考えても変。みすみす大けがさせるような行動も許しちゃってるし。それに、せっかくの萌えシーンのチャンスを逃していると思います:-)

第10話「Rebirth/Slave」
2002/12/18 1:58 フジTV
Kiddy Grade 前話次話

局長の不審問題はどうなったんだ? と思っていたらハードな展開になりました。1クールで終了?…ではないようだけど。

局長の命令は絶対と諭しておいて、民衆の矢面に立たないリュミエールちゃんはちょっとずるいと思いました。エクレールがぶち切れる前にフォローしないと意味ないんじゃ…。そもそも労働者を好き勝手にする権利がノーブルズにあるなら(というか殺しちゃってもいいなら)、別にGOTTを巻き込む必要はないと思うんですが。兵力がないのかと思ったらそんなことないし。

それにしてもノーブルズが宇宙を実効支配してたんですね。単に特権階級でエレガントに過ごしている人たちだと思ってました。コスモバビロニア!?(違)

第11話「Set/Free」
2003/1/8 2:18 フジTV
Kiddy Grade 前話次話

命令違反をしたことで粛正の対象になってしまうエクレールとリュミエールです。次々に送り込まれる刺客(とはちょっと違うか)。女バーテンに扮したそれは「ろくな紅茶がなくて」とさりげなく正体を臭わせます。リュミちゃんはこの時点で気付くべきでした。しかし嗜好の調査もバッチリな内務13課の彼女もリュミちゃんが呑んでいるのはワインではなく葡萄ジュースであることまでは見抜けなかったようです。えぇ、私もだまされましたとも。

しかし、粛正部隊を送るくらいなら、そしてエク&リュミが生体兵器なら自爆スイッチくらい用意しておけよな、と思っていたらちゃ〜んとありました。彼女たちはサイボーグなどではなく、体内にナノマシンを飼うことで強力なパワーや電子機器の制御、果ては長い寿命なども実現しているようです。

自爆スイッチ―D-command―の発動により、絶命しそうになるエクちゃんを、実は自身もESメンバだったアームブラストくんが救います。おいしいところを持っていきます。私が彼女たちの立場だったら、とりあえず監察官を人質に取って脱出すると思ってましたが、それをしたら詰んでいましたな。悪いことはできないもんです。

ところで大変今更の話ですが、EDの最後に振り返るのはエクレールとリュミエールが1話交代でやってたんですねー。今回2話分を連続して見て初めて気が付きました。

第12話「Frozen/Life」
2003/1/8 2:48 フジTV
Kiddy Grade 前話次話

前回のアームブラストくんの技で、ついでに記憶まで取り戻してしまったエクレールです。いや、今回の主役はリュミエールちゃんですね。いや〜、ぐっどですよ。やつれた感じで髪を下ろしているのもよし、ハマーン・カーンみたいな昔の髪型もまたよい。回復して二人で杯を交わす(葡萄ジュースだけど)時の表情なんかもいいですよー。

そんなわけでどのシーンを貼るか大変迷いましたが、二度とないであろう、瀕死のシーン。「葡萄ジュースの年代物が隠してありますの…あなたにもご相伴させてあげますわ」「だめ! 私のあきらめの悪さ、あなたが一番よく知っているでしょう?」というやりとりも良かったですね。エクレール(永田亮子)の話し方がぐっと来ました。もちろん平野綾さんもよかよかです。

…と、すっかり二人の魅力にやられてしまったので、えらくあっさり対Dコマンドワクチンなんてモノが出てきたことには目をつぶっておきましょう。

第13話「Conflict/Destiny」
2003/1/15 1:58 フジTV
Kiddy Grade 前話次話

よくモニターを見たら"WIRBELWIND"って書いてありました。このヴィルベルヴィントというのはドイツ語で旋風という意味です。2番目の意味は「とても活発な子」の比喩に用いられるようですが、ヴィルベルヴィント号は「賢い上に思慮深い」(リュミエール談)そうです。そんなマシン達のAIがGOTTの追っ手によって汚染されてしまうお話。つらそうなリュミエールちゃんが印象的でした。…民衆が虐げられていたときは涙一つ流さなかったのですが(ぉ。あ、念のために言っておきますが、私、リュミちゃんのファンですよ?(爆)

しかし今回のGOTTの追っ手のトゥイードゥルディさんも今回の任務には承伏できないご様子。ならば、前回出てきた「対Dコマンドワクチン」とやらを条件に味方になるよう交渉しますけどねぇ。

とにかく、愛機を失った二人はGOTTに怒りの殴り込み…って、 あの惑星からどうやって脱出したんだ〜

第14話「Steel/Heart」
2003/1/22 1:58 フジTV
Kiddy Grade 前話次話

GOTT本部に怒りの殴り込み…なんだけど、いったい二人は何を目標にしてたんだろ? 施設の破壊? 局長の命? なんだか攻める側も守る側も中途半端で、実は全員グルなんじゃないかとすら思ったりします。

局長もあれで死んだりしないよな〜。少なくともアールヴたちの反逆は読めてたはず…。眼鏡を外したメルクルディは局長を助けにいったのか? など、多くの伏線を張って次回へ。

第15話「Break/Down」
2003/1/29 1:58 フジTV
Kiddy Grade 前話次話

タイトル通り、前半は目覚めた頃のエクレールとリュミエールを、後半はアームブラスト視点で今までの話を振り返っています。

前半、記憶を失って混乱するエクレールに優しく接するリュミエールがとてもいいです。相手の瞳に映った姿で自分を確認するシーンとか印象的で、このままベッドインしちゃうんじゃないかと思うくらい(ぉ の雰囲気。「エレガントに」と繰り返し諭すリュミエールちゃんですが、彼女は記憶を消していないので、すべてを踏まえそれらを胸にしまった上で接しているわけです。けなげ、というかもはや愛だよなぁ…。3度目くらいの「エレガント」という言い方はめちゃめちゃツボにはまりました。

後半の報告で分かったことは、ほとんどの事件でノーブルズが絡んでいること。アームブラストくんの上司とその友人は何かを考えているようですが…。それとエクレールが局長代理に就いてGOTTを好きに動かしているようです。このエクレール、身体を乗っ取られているのか、身体をエクレールに変えているのかどっちなんでしょうか。

第16話「Look/Back」
2003/2/12 1:58 フジTV
Kiddy Grade 前話次話

若本規生声で「忍耐だよ」と言われると説得力あるなぁ。でも「努力と根性だ!」って返すと思ってましたが。

局長代理としてふんぞり返っているエクレールですが、ここまで性格が違えばバレそうなもの。「ふん…」っていう口癖はどっかで見たことあるぞとか(笑)。一応、ノーブルズを叩くのが目的のようですが、それ以外の人を叩くのも大好きみたいですね。

さて、新しいESメンバは本当にエクレール・リュミエールのコピーみたいです。ありゃりゃ、こんなことも可能なんですか。それじゃますます顔が同じなだけでは同一人物か分からないよなぁ、と思っていたところにどこかで聞いた声の二人組が登場。とうとう本物が登場か、と思ったら顔が違う…??? ってなところで次回へ。

第17話「Phantasm/Reborn」
2003/2/26 2:13 フジTV
Kiddy Grade 前話次話

謎の二人組を追いかけるエク&リュミのコピー軍団。リュミエールを抱えて飛ぶエクレールも笑えましたが、葡萄ジュースの瓶を投げつけるのも安っぽくて笑ってしまいました。しかし、自然の「磁性を帯びた岩」とやらのせいで誤動作してしまう「最強の兵器」もかなり安っぽいですな〜。てっきり、本物のリュミエールの仕業だと思ってましたが。

その本物のエクレール&リュミエールは、マスクを外して素顔を見せます! ……誰? 君たち。なんだかすごくニセモノっぽいんですけど(爆)。確かに胸の大きさは一枚上手ですが、これだったらオリジナルの記憶を思い出しつつあるコピーの方がかわいいです。声以外は:-P

第18話「Unmasked/Face」
2003/2/26 2:43 フジTV
Kiddy Grade 前話次話 やたらえっちくさいアイキャッチがグー、は置いておいて、どうなんでしょう今回の話は。どう見てもエクリプスが一番悪人に見えますが。アールヴ・ドヴェルグは自業自得とは言え、みんなでいじめてるような感じでしたねぇ。

エクレールはエクリプスに対して「分かってる…今ならよく分かるわ、あなたのこと」って言ってますが、僕にはさっぱり分かりません。エクレール・リュミエールが今の姿になれたのはエクリプスのお陰(あるいはその所為)なんでしょうがね。

さて続いて20話に突入〜(このスケジュールは勘弁して欲しいぞ…)
第19話「Take/Revenge」
2003/3/5 1:58 フジTV
Kiddy Grade 前話次話 名前を変えるかと思ったら、エクレール・リュミエールのまんまでした。…ああ、そうか。経緯はともかく今まで何回もやってきたように、代替わりしただけですね。 表面上は以前と同じような平和な日常へ…と思いきや、僕らの(ぉ リュミエールちゃんが倒れちゃいました! 身体の拒否反応のようです。…前回まであんなにバリバリやっていたのになぁ。

身体が適応する過程で、過去のリュミエールちゃんがたくさん登場。うほーい、リュミファンにはたまらん展開ですね。ロリ系というのが共通項のようですが、惑星を破壊した時の大人っぽいリュミもよいですね。某電子の妖精チックなのも良いですが(なんでもいいんかい!)。

ヴィルベルヴィントを脅してせしめた、おそらく超貴重な葡萄ジュースをエクレールが口移し(ぽっ…)で飲ませて、特殊能力を失いつつも(というか失ったから)復活。 …うーむ、このシーンはもっと盛り上がれたはずだと思うんですけどね。唐突に倒れちゃったから、今ひとつ乗り切れないものがありました。もったいない。

第20話「Lost/Days」
2003/3/5 2:28 フジTV
Kiddy Grade 前話次話 考えてみると、主役メカが交代するアニメは数多くあるものの、ヒロインのボディが交代するアニメってのは珍しいですな。

さて、能力は失ってしまいましたがそこはまじめなリュミエール、ちゃんと努力で埋め合わせようとしてます。しかも妙にかわいく描かれているじゃないですか。 これなら認めてもいいなー。

お話の方はノーヴルズ絡みの大きな展開になっているようです。ようです、というのはなんだかさっぱりわからんので…。
第21話「Nouvlesse/Arc」
2003/3/12 1:58 フジTV
Kiddy Grade 前話次話 なぞの多かった、シュバリエの種明かしの回。ではあるものの、やっぱりよく分からないなぁ。エクレールをノーヴルズのくびきから解放するために、 自らもやってきたノーヴルズの汚いことを暴露したらしいですが。もうちょっと「エレガントに」とでも言いたくなってしまいます。そもそもなんでシュバリエをエクレールが育てることになったんでしょ? なんだか唐突すぎて全然腑に落ちません。ま、「リュミちゃん萌え〜」とか言っている間に伏線を見逃していた可能性はありますが(笑)。

逆にドヴェルグがアールヴの母親だったというのは、普段の言動からなるほどと思わせるんですが。そのアールヴちゃんは、デュカリオンのエネルギー機関に取り込まれてしまったと思いきや、逆に支配(!)、アニメ史上最大のロボット獣になってしまったようです。

第22話「Demolition/Titan」
2003/3/12 2:28 フジTV
Kiddy Grade 前話次話 デュカリオンに対して総攻撃をしかけるESメンバー達。ESメンバーってすごいのね、素で勝っちゃいそうじゃないの。しかし、そのころには我らがエクレール・リュミエールちゃんはデュカリオンに還元されてしまっていたのでした。お前ら遅すぎだ〜。

と思っていたら、ぢゃぢゃ〜んとエクレール・リュミエールが再登場! ESメンバーってほんとにすごいのね…。なんでもありですな。しかしよくみるとリュミエールちゃんが成長している!? そんなぁ(ぉ

第23話「Annihilation/Zero」
2003/3/19 2:13 フジTV
Kiddy Grade 前話 どのリュミエールがお好みでしょうか? やっぱり物語スタート時の姿が見慣れている分よいですが、ルリ風やハマーン・カーン風ヘアスタイルも捨てがたいものがありますな。

で、前回ラストでなぜか成長してしまったリュミちゃん。それ以前になぜ助かったのかというと、それは粒子を操るというリュミちゃんの力によるものとか。いやぁ、なんかもうやけくそにすごいですな。成長したのも、その後元に戻ってしまったのも、共に謎のままですが。ファンサービス…なんでしょうか??

そしてエクレールは自らの力をすべてリュミエールに与え、その力でデュカリオンを自爆させたのでした。したがってエクレールはお亡くなりに…なるわけがなく、ドヴェルグの力で蘇りました。ほんとにESメンバーって以下略。でもシェバリエは助けてくれないのね(笑)。

最後はまたまた身体が代替わりしていて、ノーヴルズが崩壊するまでずいぶん時間がたったことをうかがわせますが、エピローグはもうちょっと盛り上げて欲しかったですな。

第24話「As Time Goes By」
2003/3/19 2:33 フジTV


(C)カズくん