[TOP]

坂本真綾

声優業もこなすが、少なくとも私にとってはアーティスト。菅野よう子という強力な作曲家の力もあり、実にいい曲をリリースしている。 最初に歌手「坂本真綾」を認識したのはエスカフローネ「約束はいらない」だった、ような気がする。 作中のヒロインと、曲と、歌手がぴったり一致した名曲でした。そしてその後のカードキャプターさくらの「プラチナ」にとどめを刺されました。

少年アリス

4th Album。1曲目の「うちゅうひこうしのうた」が優しい感じがしてとても好きです。それと最後の「おきてがみ」。 短い曲ですが、ピアノの伴奏のみで静かに旅立ちの日の、心の中の決意を語っています。印象的。

ニコパチ

シングルコレクション。ラーゼフォンから「ヘミソフィア」「tune the rainbow」、ナップルテイルから「しっぽのうた」などおいしいところが揃っていますが、 中でもエスカフローネ劇場版の「指輪」がいいですね。

イージーリスニング

ミニアルバム(という位置づけだったと思う)。キーワードは透明感…かな。inoriから始まってきれいな歌が揃っています。 birdsは高音のフレーズが印象的。

Lucy

3rd Album。今のところ真綾ちゃんのアルバムでは一番の出来。どの曲も素晴らしい。 敢えて一つと言われたら、切ない気分にさせる「空気と星」。いや、「ストロボの空」もいいですね。後半の盛り上がるところがすごく好きです。

ハチポチ

シングルコレクション。夢や希望をピュアに歌い上げた「プラチナ」はほんとにいい。ロードス島戦記のOP「奇跡の海」もいいですよ。

DIVE

2nd Album。1stとは多少趣が違う。ちょっと大人っぽい感じ。

グレープフルーツ

1st Album。冒頭であげた、「約束はいらない」などを収録。「ポケットを空にして」や「MY BEST FRIEND」などもエスカフローネの挿入歌なので、 同作品のソングコレクションと言ってもいいかも。原点はここから。


(C)カズくん