[TOP]

ちっちゃな雪使いシュガー

ちっちゃな雪使いシュガー 前話次話 名作劇場のノリで突き進むシュガー。なので最近ちょっと食指が動かないな〜。まじめに見ると、演出が丁寧でサガの心の揺れがよく分かります。だれしもこんな ピュアな時代 があるのよね…。
第11話「あたしの好きなピアノ」
2001/12/19 2:20 TBS
ちっちゃな雪使いシュガー 前話次話 わっふぉーによる話数表示ってギャラガに似てません? ってそんなことはともかく。一連のクマさん話がきれいに完結しました。ただヴィンセントさんのピアノの弾き方をサガは許容できたのかな? 一仕事終えた喜びが勝っていてその辺りが不鮮明だったような気がします。
第12話「さよなら、クマさん」
2001/12/19 2:20 TBS
ちっちゃな雪使いシュガー 前話次話 劇団の話が一段落して、「きらめき」探しを再開。サガが手伝ってあげると言い出す。この辺り彼女もいろいろ経験して余裕が出てきた感じです。前からいい子ではあったけど、寛容さには欠けてたもんね。
で、1クールで終了かと思ったけど、来週はペッパーの話のようだしもう1クールくらい続くのかな。
第13話「「きらめき」みつけた!?」
2002/1/9 2:20 TBS
ちっちゃな雪使いシュガー 前話次話 サガのいとこ、カノンちゃんが巻き起こす小騒動。

ん〜手堅い。手堅い作りです。脚本的には文句のつけようのないお話です。…が、 こういう話はPM6:00頃にやれば いいのでは?

ほんとに名作もののノリになってきて、ヨゴレきった大人にはつらいものがあります。

第15話「ちっちゃなお客さま」
2002/1/23 2:20 TBS
ちっちゃな雪使いシュガー 前話次話 アホな政局のお陰で放送時間がずれたため、ラスト10分見れず。

サガはすっかり丸くなって、いいお姉さん(おかあさん、かな?)っぷり。シュガーの修行旅行のお手伝いをしてあげてます。気になる魔法の成績はシュガーがやっぱりおみそ。しかもやっと雪が出せると思ったら、人々が雪を嫌っているのを見てしょぼん。…ってなところで終了。うーん、結末が気になる。

第16話「遠いまちの初雪」
2002/1/31 2:30 TBS
ちっちゃな雪使いシュガー 前話次話 あぁ、いい話や…。以前「あまりに名作モノすぎて見るのがつらい」と書いたけど、今回のような話には素直に心動かされます。 オレの魂もまだ捨てたもんじゃないな(笑)。

サガほんとうにいい子になったなぁ…。

同時に今回の話は最終回への伏線というか助走のはずで、期待できますね、これは。

第17話「シュガーを待ちながら」
2002/2/6 2:40 TBS
ちっちゃな雪使いシュガー 前話次話 感動的に優しいお話。文句の付けようがありません。

このまま最終回になだれ込むのか、と思ったがまだ18話。もう一つドラマがあるのだろうな。

第18話「おまつり、ワッホー!」
2002/2/13 2:30 TBS
ちっちゃな雪使いシュガー 前話次話 お祭りの後片づけ、ということでさりげなく思い出の場所を巡って昔話に花を咲かせる二人。うーん、総集編風味なんだけど、見せ方がうまい。これだけでもぐっと来るモノがあります。これでは最終回どうなってしまうのでしょう(笑)。

その最終回に向けてラストスパート。なんとサガのピアノが店から消えてしまいます。どうするどうなるサガ!?

第19話「ふたりだけの思い出」
2002/2/20 2:30 TBS
ちっちゃな雪使いシュガー 前話次話 売れてしまったサガのピアノはなんとグレタの元に…。痛いなあ。

…うーん、だめだ。俺ごときではちゃんと感想書けん。次回も泣けそうな展開だし(@_@) 。最終回までずっとこんな感じかな。やばいぞ〜(笑)

第20話「消えちゃった約束」
2002/2/27 2:20 TBS
ちっちゃな雪使いシュガー 前話次話 サガは売れてしまったピアノを買い直すためにアルバイトを増やし、結局前のような余裕のない(窮屈な味の)子に戻ってしまいました。せっぱ詰まっている分前より悪化しているかも。

一方、ソルトとペッパーは自分の道を見つけ修行は終了。妖精界に帰ることになりました。明るく見送るシュガーでしたが、ひとりぼっちになってしまったことで涙を流します。ここの川上さんの演技は注目です。

サガとシュガーの心が通わなくなったことで、魔法の花はしおれシュガーもまた倒れてしまいます。「もうなにも失いたくない」と言ったサガはこれで目が覚めるのかな?

ところで、今更だけどシュガーの音楽は光宗信吉。そう、ウテナと同じです。なんで気が付かなかったんだろ。ピアノの使い方が全く同じですね。
(念のため…「絶対運命黙示録」等の作曲者(J.A.シーザー)とは違います)

第21話「ひとりぼっちのふたり」
2002/3/6 2:20 TBS
ちっちゃな雪使いシュガー 前話次話 個人的にグレタにどうもなじめないので、サガを間接的に励まそうとしているところとか共感できないんだよね。それにシュガーが弱っているってことだけでサガが復帰するのも物足りない感じ…だが。書きかけのサガへの手紙、おもちゃのピアノを弾くとともに浮かんでくるいままで関わり合った人たち…もう 演出だけで乗り切って しまいました。
第22話「ゴメンね、シュガー」
2002/3/13 2:20 TBS
ちっちゃな雪使いシュガー 前話次話 サガのピアノを返してあげようとするクラスメートたちだが、ピアノを載せた台車が暴走、そのどたばたの中でサガは大切なものが他にも存在することに気が付きます。これでめでたしめでたし、ですがカズくん的にはもっと泣かせる展開を期待していただけに残念でした。というか、クラスメートの存在が空回りしている気がするのでどうもしっくりこないだよな〜。
第23話「ミューレンブルクの小さな奇跡」
2002/3/20 2:20 TBS
ちっちゃな雪使いシュガー 前話 約束された別れの時。前話までで他のことには決着が付いたので、後はシュガーとサガふたりの別れが描かれます。…もぅ、途中でわっほーが出てきた辺りからこちらの涙腺はゆるんできます。そして笑顔でシュガーを送り出したサガは、ひとり大粒の涙を流す…「シュガー!」。…だーっ(T_T) いいシーンだ…。お見事です。

全話振り返ってみると、正直途中ダレたところがあって視聴中止にしようかとも思いましたが、見ててよかったと思えるデキでした。「成長」をテーマにした作品は多々あれど、ここまできっちり描けたのは少ないんじゃないかな。

シュガー役の川上さんは言うまでもなく、サガ役の浅野さん(新人?)の演技も素晴らしかった。この二人じゃなかったら、ラストシーンはここまで心に迫るものにならなかったかもしれません。

第24話「あたしはここにいるよ」
2002/3/27 2:50 TBS


(C)カズくん