[TOP]

UNDER17 (桃井はるこ)

  • [情] UNDER17 BEST ALBUM3 2004.12.22 release.

    アンセブ、ラストアルバム! 変わらずの桃井節を聞かせてくれます。OP「ラブスレイブ」「くじびきアンバランス」、よく見ると歌詞がものすごい「ここだよ。」、 嫉妬心を恐竜に喩えた「恐竜少女」、L・O・V・Eでちゅっちゅちゅな「れもんのトキメキ♪」が特にお勧め。 ラスト、声がボロボロなのに自ら「もう一回!」と繰り返す「天罰!」は、泣けます。
  • UNDER17 ― 略して"アンセブ"。桃井はることギターの小池雅也のユニットである。桃井はるこは声優業も行っているが、 やはりこっちが本命。オタ心をくすぐる歌詞、独特の声による歌声と絶妙の合いの手が炸裂する曲作り。このアクの強さは他に真似のできない、 まさにオンリーワンでしょう。

    美少女ゲーム業界というコアなフィールドでしか聞けなかった楽曲がとうとうアルバム化。元のゲームを知らなくても関係ありません。聴かなきゃ、天罰!

    UNDER17 BEST ALBUM 2

    サブタイトルは「萌えソングをきわめるゾ!!」 ブームに乗らんかなと「萌え」という言葉を使う業界人には抵抗があるが、桃井はるこなら問題なし。ここでは「い・ん・て・りMOUSE-OpticalMix」がお勧め。実は私がはまるきっかけになった曲。 最初は変な曲だな、と思っていたのがいつの間にかクセになっていました。その他もスク水などのキーワードがちりばめられているのはさすが。

    UNDER17 BEST ALBUM 1

    「美少女ゲームソングに愛を!」とサブタイトルの付いたこのアルバム、いきなり桃井節が全開! 「恋のミルキーウェイ」「いちごGO!GO!」でぶっ飛ばした後、「OS NO YES」でWindowsユーザをニヤリとさせる心憎さ。 そして本命の「天罰!エンジェルラビィ」が登場。天罰と来たらひれ伏すしかあるまい。アニメではあんなことになってしまったが、歌を存分に楽しもう。


    (C)カズくん