BiNDweb

logo-original.png
千葉センターHPへようこそ
カウンター

| HOME | 発達障がい児サポートプログラム | 社会性指導「いぶき」 |

更新日 2005-01-01 | 作成日 2009-02-20

社会性指導「いぶき」

対象

小学生、中学生で発達障がいのあるお子さん、及びその周辺のお子さん
(LD、AD/HD、高機能自閉症、アスペルガー症候群、広汎性発達障害、等)

指導内容

学習には課題はないが、お友達ができにくい、お友達になっても関係が続かないという子ども達が、小集団で言葉や体を使うエクササイズを通して、必要なスキルを身につけるクラスです。お子さんの課題を発達的視点から分析し、得手不得手に配慮しながら計画的・段階的に指導します。

<小学生クラス>

■指導は、週1回(月3回)、1回1時間で行ないます。 

■ことばを使ったエクササイズ(しりとりやカルタなどのことば遊び)と、身体を使ったエクササイズ(ハンカチ落としやボウリング)などを行ないます。

■順番決めやルールの理解といった社会的スキルと、気持ちのコントロールやその伝え方を一緒に考えていきます。

<中学生クラス>

■指導は、隔週土曜日(月2回)です。 

■言語的エクササイズ(ことわざカルタや指示出しゲーム)と、身体的エクササイズ(射的やジェスチャーゲーム)などを行ないます。

■各エクササイズの中では、メンバー間の意見交換や話し合い、交渉などに重きを置いています。

■自分の気持ちのコントロールと同時に、「自分らしさを知る」「自分の得意なことと苦手なことに気付く」「自分の行動を振り返る」ための、自己理解エクササイズも行ないます。

※ひとりひとりのお子さんに、より適した課題を設定するために、全クラスに対して毎回 のクラス終了後と月1回のカンファレンス(会議)を行なっております。

保護者面談

■いぶきクラスでは、お子さんにより良い援助を行なうために、学期ごとにクラス講師との保護者面談を行なっています。

■学校やご家庭での様子や保護者の方が気づいたことなどを聞かせて頂き、クラス指導の向上に努めています。

■また、お子さんの様子や行動の意味を一緒に考えることを通して、保護者の方のサポートも行なっています。

いぶきクラスで大切にしていること

お子さん自身の気持ちの安定

■いぶきクラスでは、「人と上手に関わる方法」を学ぶ前提として、気持ちの安定が大切であると考えています。自分の思いが満たされていて気持ちが安定している時に、指導者が「こうするといいよ!」と具体的な行動を促してみると、すんなりお友達に順番を譲れた、ということが出来たりします。気持ちのゆとりは適切な行動へとつながります。そのため、お子さんが安心して自分の気持ちを表現したり、落ち着ける場所と空間であるように努めています。

楽しむためのルール理解

■楽しいゲームにも、必ずルールがあります。集団で楽しむためには、我慢をしたり、自分の気持ちと周りの状況との折り合いをつけなければならない場面も出てきます。いぶきクラスでは、「クラスのお約束」を大切にし、ルールを意識した行動を促します。そうした行動がお友達と楽しく遊ぶ体験へとつながります。

メンバーと楽しい体験を共有する

■人は、楽しいという気持ちが高まると、自分の気持ちを表現したい思いが強くなります。さらに、表現した時にすぐに受け止めてくれる指導者やメンバーがいることで、表現しようという思いが持続します。また、楽しい体験を誰かと共有することで、“またここに来たい”“みんなに会いたい”という経験に繋がれば、と願っています。

自分の気持ちをことばで表現する

■ことばにならない気持ちは、行動で表われます。特に不快な気持ちは、叩く・蹴るなどといった行動に出やすいものです。いぶきクラスでは、楽しい・うれしいなどの正の感情も、イライラ・悲しいなどの負の感情も、自分のことばで表現できるよう支援し、気持ちの発散と共に「どうしたらいいか?」ということを一緒に考え、適切な行動をお子さん自身が体得できるように支援していきます。

クラス設定

【小学生】金曜日
低学年クラス17時00分~18時00分
高学年クラス18時15分~19時15分

*主に月3回の指導となります。(年間32回)

【中学生】土曜日
1年生~3年生13時00分~15時00分

*主に月2回の指導になります。(年間21回)
※開講期間:2017年4月6日~2018年3月(8月はお休み)

※定員に満たない場合、開講をお待ちいただくことがございます。
(クラス最低開講人数:3人)
*回数の続いた指導を実施いたしますので、祝祭日にクラスを行う場合がございます。
*年間予定カレンダーは入会後にお渡し致します。
※随時体験会を行なっています。日程など詳しくはお問い合わせください。

指導者

■講師は、臨床心理士、特別支援教育士など子どもの発達を学び、子どもとのかかわりに経験豊富な指導者です。

 《いぶきクラスは以下の先生方の指導、援助を受け実施しております。》
上野 一彦 氏(学芸大学教授、日本LD学会会長)
小貫 悟 氏 (元東京YMCA LDプログラム講師、臨床心理士)
森崎 雅好 氏(元千葉YMCA LDプログラム講師、臨床心理士)

参加費用(税別)

YMCA登録料(税別)10,000円
参加費(税別)/年115,200円(小学生)
(12回分割払い)

123,600円(中学生)
(12回分割払い)
IEP作成費ご希望の方のみ作成いたします。

詳しくは、講師もしくはスタッフまでお問い合わせ下さい。