持ち点について
 車椅子バスケットボールは、様々な障害をもった人が公平に参加できるようにするために、各選手の 障害や身体能力に応じてクラス分けが行われ、障害の重い人から順に1〜4.5(0.5単位)の持ち点 を与え、試合に出る5人の選手の合計点数が14点以内になるように設定されています。
クラス分けの方法
 もし試合を見る機会があったらコートサイドを注意して見てください。選手の動きをチェックしている人が います。その人(達)が選手の持ち点を判定しクラス分けを行っています。
 試合中の基本的な動き、車椅子の操作、ドリブル、パス、シュートなどの動きを見て、車椅子上のバランスやボールを扱える範囲などに応じてクラス分けされます。
 基本的にには、1.0、2.0、3.0、4.0の4つに分類されますが、中間的な能力の場合には0.5が加算される場合があります。
クラス別 クラス1 クラス2 クラス3 クラス4
持ち点 1〜1.5点 2〜2.5点 3〜3.5点 4〜4.5点
障害の状況 立ち上がることの出来ないレベル 立ち上がり伝い歩きの出来るレベル 杖または杖なしで自立歩行の出来るレベル
対象 ・脊髄損傷(頚椎・胸椎等)
・ポリオ
・脳性麻痺者
・運動機能障害
・脊椎損傷(胸椎・腰椎等)
・ポリオ
・切断者(片足・両足・片手と片足)
・脳性麻痺者
・運動機能障害
クラスごとの特徴
 各クラスの基本的な特徴を説明します。ただし体の大きさや、選手のポジション等により車椅子の特徴は 異なります。
障害の特徴 車椅子の特徴
クラス1  腹筋、背筋が効かないため、車椅子の 操作を腕のみで行います。車椅子同士の 接触やちょっとした動作でバランスを崩し やすく、手で体を保持しないとバランスを 保てません。  車椅子の高さが低く、背もたれも高く後方に 傾斜しているのも特徴です。
クラス2  腹筋や背筋が多少使えるので、ダッシュ時等は上体を使えますが、ターンや車椅子同士の強い接触で、左右のバランスを崩しやすいです。  車椅子の高さがやや低く、背もたれもやや高く後方に傾斜しているのも特徴です。
クラス3  腹筋、背筋がほぼ使えるので上半身を活用した車椅子の操作が行えます。ダッシュやターンをすばやく行えますが、足の踏ん張りが弱いので、左右のバランスが少し悪いです。  車椅子の高さがやや高く、背もたれも低いのも特徴です。
クラス4  もっとも障害が軽いクラスで、腹筋、背筋が使えるため車椅子上で体を自由に動かすことが可能です。  車椅子の高さが高く、座面が水平もしくは前傾していて背もたれも低いのも特徴です。
関東ブロックリーグ戦における健常者プレーヤーについて
 健常者プレイヤーが障害を持つプレイヤーと同じチームで出場する場合には、男子が4.5点、女子が3.5点で出場できます。また、健常者のみでチームを編成する場合には、女子選手2名以上がコート上に居ることが条件になります。今後は、全国的に健常者プレイヤーが出場できる機会が増えていくことでしょう。