Opera7 on LinuxZaurus SL-C860



2004/02/19
2004/05/18 更新

LinuxZaurusのNetFrontでは見ることのできなかった一部のネットバンキングのHPを見るべく、Opera7(英語版)をインストールして日本語表示を可能にする為の作業をまとめたページです。

この日本語表示に必要な作業を行うパッケージ opera7-jpn-helper を作成しました。
Ver 0.0.2a ではフォントサイズの変更等がダイアログで行えます。


Opera7の入手先

 ファイルをダウンロードする際、ファイルに .tar の拡張子がつく場合があるので、ファイル名を確認すること。

2004/05/18 追記


日本語表示に必要な設定

rootユーザーでの作業が必要になります。ターミナルで su コマンドを使ってzaurusユーザーからrootユーザへ切り替えをします。

  1. シンボリックリンクを張る
    # ln -sf /opt/QtPalmtop/opera /usr/share/opera
  2. 設定ファイルの所有者rootからzaurusユーザに変更
    # chown -R zaurus /home/zaurus/.opera
  3. /home/zaurus/.opera/opera.ini を編集
    # vi /home/zaurus/.opera/opera.ini

    [User Prefs]
    Force Encoding=AUTODETECT-JP

    [Adv User Prefs]
    HTTP Accept Language=ja

    [Font.Normal]
    FaceName=lcfont

    [Font.Form.Text]
    FaceName=lcfont

    [Font.Form.Input]
    FaceName=lcfont

    [Font.Form.Button]
    FaceName=lcfont

    [Font.PRE]
    FaceName=lcfont

    [CSS Generic Font Family]
    Sans-Serif=lcfont
    Serif=lcfont
    Cursive=lcfont
    Fantasy=lcfont
    Monospace=lcfont

    [Preferred fonts]
    49=lcfont
    50=lcfont
    61=lcfont

    [Preferred fonts monospace]
    49=lcfont
    50=lcfont
    61=lcfont


デフォルトフォントサイズの設定


プロキシの設定


日本語入力


ショートカットキー

設定ファイル /home/QtPalmtop/opera/ini/standard_keyboard.ini

戻る Z / BS
進む X / Shift + BS
リロード R
リンク選択/進む A
リンク選択/戻る Q
リンクを開く Enter / Space
リンクを新しいウィンドウで開く Shift + Space
URL入力/検索 G 7.30 Build 9965 では効かない
画面スケール(拡大縮小) S 7.11では効かない
フルスクリーン Shift + Enter
フレーム選択 3
フォーカス移動 TAB 入力フォーム、ボタンの移動
ブックマーク B
設定 P
ウィンドウリスト W 7.11では効かない
履歴(戻る) H
履歴(進む) N
ページ内検索 F
メインメニュー M
レイアウト切り替え L スモールスクリーンモードはQVGAが前提(幅が240ピクセル)
スクロール カーソルキー
ページ単位スクロール SHIFT+カーソルキー
ページ先頭 Fn + ←
ページ末尾 Fn + →

User Agent

  1. Opera/7.30 (Qt embedded; Linux armv5tel; 640x480; U) [en]
  2. Mozilla/4.78 (Qt embedded; Linux armv5tel; 640x480; U) Opera 7.30 [en]
  3. Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Qt embedded; Linux armv5tel; 640x480) Opera 7.30 [en]

etc


SpecialThanks.