遺跡に学び、遺跡に遊び、そして遺跡を守る活動をしている新潟の市民団体です      

遺跡をこよなく愛する人々の会
  文化財保存新潟県協議会

本文へジャンプ

文化財保存新潟県協議会(略称、“文新協”)は、遺跡や歴史を愛する人たちで作る市民団体です。 日本の遺跡を守るため、研究者と市民が手を結んで、ともに学び行動する日本唯一の全国組織である文化財保存全国協議会(略称、“文全協”)の新潟県支部です。
新潟県内の遺跡を保存・活用する運動に取り組むほか、講演会や遺跡見学会を通して、 地域の遺跡や歴史を学ぶ活動に取り組んでいます。
お知らせ
                                             最終更新日:2019年5月19日
「文化財保存全国協議会第50回沼津大会」を開催します。

   大会テーマ「駿河・伊豆の初期古墳の保存と活用−高尾山古墳の保存と活用を通して−」

   日時:2019年6月14日(金)、15日(土)、16日(日)(⇒文全協ホームページへ)

「西岩野遺跡と弥生時代の柏崎平野」を
                   開催しました。

 2019年4月13日(土)、柏崎市産業文化会館を会場に、文新協・柏崎の遺跡講座「西岩野遺跡と弥生時代の柏崎平野」を開催しました。満開の桜が気持ちよいお花見日和の中、60名近くの参加者にお集まりいただきました。西岩野遺跡の調査を担当された中島義人さんから、現在までにわかっている遺跡の状況、そして関連する同時代の周辺遺跡についてお話しいただきました。詳細は、後日「会報」にてご報告します。


文新協・柏崎の遺跡講座「西岩野遺跡と弥生時代の柏崎平野」を開催します。
  と き:2019年4月13日(土) 14:00〜16:00終了しました
  ところ:柏崎市産業文化会館 第2会議室
          新潟県柏崎市駅前2-2-45   TEL:0257-24-7633
  講 演:「西岩野遺跡と弥生時代の柏崎平野」 中島義人さん(柏崎市教育委員会
  資料代500円  事前申し込み不要   ⇒案内チラシ

歴史講演会「伝仁徳陵 立ち入り レポート
               を開催しました。
 2019年3月2日(土)、新潟市歴史博物館(みなとぴあ)・2階セミナー室を会場に、文新協歴史講演会「伝仁徳陵 立ち入り レポート―世界最大の前方後円墳・大山古墳の謎―」を開催しました。会場には事務局の想定を上回る120名以上の熱心な参加者が集いました。詳細は、後日「会報」にてご報告します。

成果報告会「異人池復元プロジェクト−町づくりへ向けて−」を開催します。
  と き:2019年3月23日(土) 13:00〜16:40終了しました
  ところ:新潟市民プラザ(NEXT21 6F)
  主催:国立大学法人新潟大学人文学部  共催:文化財保存新潟県協議会
   ※資料代500円 事前に申し込みが必要です。    ⇒案内チラシ
   ⇒「異人池復元プロジェクト 成果展PartU」の案内チラシへ 
 

文新協歴史講演会「伝仁徳陵 立ち入り レポート
             ―世界最大の前方後円墳・大山古墳の謎―」を開催します。

  と き:2019年3月2日(土) 14:00〜16:30  ⇒案内チラシ終了しました
  ところ:新潟市歴史博物館(みなとぴあ)・2階セミナー室
 
 講 師:橋本博文本会会長(新潟大学人文学部教授)  ※申し込み不要 資料代500円

文新協・第19回大会を開催しました。
 2018年12月22日(土)、新潟市歴史博物館(みなとぴあ)・2階セミナー室を会場に、文新協・第19回大会 「遺跡を活かしたまちづくり」を開催いたしました。「遺跡と法律―ヨーロッパ都市に見る持続可能な遺跡保護」と題する久末弥生さん(大阪市立大学大学院創造都市研究科教授)のご講演のほか、「牡丹山諏訪神社古墳を巡る5つのストーリー」というリレートークをおこないました。会場には約50名の市民が集いました。詳細は、後日「会報」にてご報告します。

第19回総・大会「遺跡を活かしたまちづくり」を開催します。⇒イベント情報へ
 
 と き:2018年12月22日(土)終了しました
  ところ:新潟市歴史博物館(みなとぴあ)・2階セミナー室
  日 程:総会 12:30〜13:00
       大会 13:00 一般受付開始    13:30開会〜16:30(終了予定)
         講演「遺跡と法律―ヨーロッパ都市に見る持続可能な遺跡保護」
                久末弥生さん(大阪市立大学大学院創造都市研究科教授)
         リレートーク「牡丹山諏訪神社古墳を巡る5つのストーリー」
                新潟市東区牡丹山のみなさん、橋本博文会長
       懇親会 17:00〜(要予約。会費4500円程度。)
案内チラシへ
 
会報第65号をアップしました。    会報

「西岩野遺跡と古津八幡山遺跡を
       見学する旅」を開催しました。

 2018年10月8日(月・祝)、「西岩野遺跡と古津八幡山遺跡を見学する旅」を開催しました。参加者は大学生5名をふくむ42名でした。晴天に恵まれ、素晴らしい見学会となりました。
         ⇒文新協の活動へ


緊急遺跡見学会を開催します。 ⇒イベント情報へ終了しました
   
日時:2018年10月8日(月・祝日)
   見学地:柏崎市立博物館、柏崎市西岩野遺跡(特別公開)、
        新潟市秋葉区古津八幡山遺跡・史跡古津八幡山弥生の丘展示館


遺跡講演会 その3 を開催しました。
 2018年3月10日(土)、新潟産業大学A221教室を会場に 「卑弥呼の時代の巫女がいた!? その3 柏崎市西岩野遺跡の保存と活用を考える」を開催しました。久世仁士さん(文化財保存全国協議会常任委員)からは全国的に著名な大阪府池上曽根遺跡の、渡邊朋和さん(新潟市文化財センター学芸員)からは新潟市古津八幡山遺跡の、それぞれ保存・整備・活用についてご講演いただきました。
写真は、講演者によるシンポジウム(コーディネーター:橋本博文本会会長)の様子です。

遺跡講演会
  「卑弥呼の時代の巫女がいた!? その3
   柏崎市西岩野遺跡の保存と活用を考える」
                 を開催します。

   日時:2018年3月10日(土)
        13時30分〜16時30分
   会場:新潟産業大学 A221教室


講演「大型掘立柱建物の発見された
    国史跡 大阪府池上曽根遺跡の保存運動と整備・活用」
         久世仁士さん(文化財保存全国協議会常任委員)
講演「国史跡 新潟市古津八幡山遺跡の保存・整備・活用」
         渡邊朋和さん(新潟市文化財センター学芸員)
パネルディスカッション「西岩野遺跡の保存と活用を考える」
     コーディネーター:橋本博文本会会長(新潟大学教授)
     パネラー:久世仁士さん・渡邊朋和さん


事前申込不要。資料代500円。
終了しました
※左の画像をクリックすると、チラシを見ることができます。


会報第64号をアップしました。    会報

西岩野遺跡って何なの? 遺跡を紹介するチラシを作りました。
  保存を求める署名を集めましょう! ⇒チラシを見る


遺跡講演会を開催しました。
 2018年1月28日(日)、新潟大学医学部第5講義室を会場に「卑弥呼の時代の巫女がいた!? その2 西岩野遺跡にミシネノミクラ(御稲御倉)のルーツを探る!」を開催しました。午前中には新潟市白山神社の「御稲御倉」、そして、新潟大学旭町学術資料展示館(あさひまち展示館)を見学しました。午後は、中島義人さん(柏崎市教育委員会)の発掘調査報告、橋本博文本会会長(新潟大学人文学部教授)の講演を行いました。詳細は、後日「会報」にてご報告します。
写真は白山神社の御稲御蔵前にて。

柏崎市長に遺跡保存を訴えました。
 2018年1月18日(木)、柏崎市役所にて桜井雅浩柏崎市長らと面会し、保存を求めました。
 この様子は、翌日の「新潟日報」でも紹介されました。
   ⇒文化財保存全国協議会の要望書


遺跡講演会
  「卑弥呼の時代の巫女がいた!? その2
   西岩野遺跡にミシネノミクラ(御稲御倉)の
         ルーツを探る!」を開催します。

   日時:2018年1月28日(日)終了しました
        10時30分〜15時30分
   会場:新潟大学医学部第5講義室ほか
タイムテーブル:
 10:30〜 白山神社拝殿前集合 →「御稲御倉」見学
 11:15〜 新潟大学旭町学術資料展示館
                   (あさひまち展示館)見学
 13:00〜 講演会「卑弥呼の時代の巫女がいた!? その2」
事前申込不要。資料代500円。途中からの参加でもOK

※左の画像をクリックすると、チラシを見ることができます。

柏崎市西岩野遺跡の保存を求める署名にご協力下さい。⇒署名へ

会報第63号をアップしました。    会報


2017年度の総会を開催しました。
  2017年12月10日(日)、新潟市万代市民会館にて、本会の2017年度総会を開催しました。
  詳細は、後日「会報」でご報告します。

緊急講演会
  「卑弥呼の時代の巫女がいた!?」
              を開催しました。
 2017年11月23日(木・祝)、柏崎市産業文化会館大ホールにて、柏崎市西岩野遺跡についての緊急講演会を開催しました。当日は冷たい雨風の中、約130名の市民が集い、柏崎市教育委員会の中島義人さんによる発掘調査成果の報告、橋本本会会長による講演に耳を傾けました。詳細は、後日「会報」にてご報告します。

緊急講演会 終了しました
  「卑弥呼の時代の巫女がいた!?
   −柏崎市西岩野遺跡−」を開催します。

   日時:2017年11月23日(木・祝)
        14時00分〜16時00分
   会場:柏崎市産業文化会館 大ホール
 柏崎市でまたまた素晴らしい遺跡が発見されました。11月3日の現地見学会には多くの人が訪れました。しかし、調査は県道工事にともなうもので、市民が声を上げなければ、遺跡は消滅します。そこで、緊急講演会を開催し、この遺跡が語る歴史を考えます。
 参加費無料。事前申込不要です。

※左の画像をクリックすると、チラシを見ることができます。

「柏崎市西岩野遺跡に関する緊急要望書」を提出しました。

会報第62号をアップしました。    会報

文化財保存全国協議会第48回新潟大会を開催しました。
  
3日間の総・大会、見学会の日程を無事に終了いたしました。
    ⇒大会の様子は文全協ホームページへ
  地元新潟のみなさんにはたくさんのご協力をいただきました。ありがとうございました。


文全協第48回新潟大会、会場変更のお知らせ
  諸事情により、大会会場が変更になりました。
  当日、誘導にしたがってください。
  会場:新潟大学医学部「大講義室」
     (有壬記念館の向かい側、赤煉瓦の塀沿いに
      約200メートル西へ進み、「赤門」を入ってすぐ。)
   大会案内チラシを改訂しました。
   左の画像をクリックしてください。
終了しました

文化財保存全国協議会第48回新潟大会
   新潟で19年ぶりの全国大会です。
   みなさん、ぜひご参加ください。 

会報第61号をアップしました。   会報

文化財保存全国協議会第48回新潟大会を開催します。終了しました
 6月30日(金)                
  【総 会】14:30〜17:00
   会 場    新潟大学駅南キャンパスときめいと 講義室A
             (〒950-0911 新潟市中央区笹口1-1 プラーカ1 2階)
            JR新潟駅南口直結(東側自由通路利用)  TEL. 025-248-8141
 7月1日(土)
  【遺跡見学会】 8:30〜18:00
   「列島東西の境界を探る見学会〜新発見や整備が進む新潟県北の注目遺跡〜」
     新潟県北部の代表的な遺跡(弥生高地性集落、古墳、中世荘園遺跡など)を見学する。
     大型バス1台 定員50人(事前申込、先着順)
     参加費(バス代・昼食代・入館料・資料代含む):5000円(予価)
   集合 JR新潟駅南口
   主な見学予定地:
     古津八幡山遺跡・古津八幡山古墳・弥生の丘展示館
                       (国史跡、新潟市秋葉区、弥生・古墳・古代)、
     新潟県埋蔵文化財センター(新潟市秋葉区)、城の山古墳(胎内市、古墳)、
     奥山荘歴史館・江上館跡(胎内市、中世)、黒川郷土文化伝習館(胎内市)、
     新潟市歴史博物館(みなとぴあ)(新潟市中央区)
       見学地は当日の天候、渋滞状況等で変更する場合があります。あらかじめご了承ください。
     解散 JR新潟駅南口 18:00
  【懇親会】 18:30〜20:30  会場 「アートホテル新潟駅前」
                    (〒950-0911 新潟市中央区笹口1-1 TEL.025-240-2111)
                   JR新潟駅南口直結(東側自由通路利用)
                   定員50人(事前申込、先着順)  会費5000円(飲み放題)
7月2日(日)
  【大 会】  9:30〜16:30
   会 場  新潟大学有壬記念館 2階大会議室(新潟大学旭町キャンパス内)
                        (〒951-8510 新潟市旭町通1−757  TEL.025-227-2037)
           JR新潟駅前(万代口)からバスを利用
             新潟交通路線バスで、『新潟大学病院』『市役所』バス停で下車
             観光循環バス(白山公園先回りコース)で『新津記念館前』バス停で下車
           JR白山駅から徒歩約15分
   テーマ  「次代に引き継ぐ文化財保存運動」  資料代500円
    ・基調講演  「明日への文化財保存運動の引き継ぎ」
                  橋本博文 氏(新潟大学教授・文化財保存全国協議会代表委員)
    ・記念講演  「新潟の歴史・風土と遺跡−その特質と魅力−」
                  坂井秀弥 氏(奈良大学文学部教授)
    ほか、全国から4本の報告があります。         文化財保存全国協議会へ


フォーラムを開催します。(文新協共催)
  「卑弥呼とワカタケル大王の宮をめぐって−王宮と豪族居館の関係−」

    と き:2017年3月11日(土)13:30〜16:30
    ところ:新潟日報メディアシップ 2階 日報ホールにて
    事前申し込みが必要です。 終了しました

 ⇒2016年以前のお知らせへ


作 成 : 文化財保存新潟県協議会(文新協)事務局
  E-mailアドレス:

 開設日:2002.10.1   リニューアル2013.3.3

* このページの著作権は文新協にあります。掲載内容の無断転載を禁じます。
  リンクは御自由にして頂いて構いません。

   文化財保存新潟県協議会