vol 23 チャイニーズ ベジタリアン

なかなか取り上げられなかった家庭で作るチャイニーズ、
それもベジタリアンです。

チャイニーズの料理はおいしいですが、
油をいっぱい使うのがちょっと気になるところ。
そこで、油は使うのですが、
cooking eating studioらしく、肉を使わない
ベジタリアンなチャイニーズをご紹介します。

中国の家庭料理は"家常菜"っていいますよね。
家でよく食べるおかずっていう意味でしょうか。
そういう、家庭の一品になるような料理です。
でも、普通チャイニーズで使わないチョット、変わった、
でも、みなさんよくご存じの食材も使いますよ。
楽しみ。

いつものように、3品位をみんなで作り、
私が用意しておいた物も加え、お粥とともにランチの予定です。

◆◆◆◆◆◆

9/23

今日はおかゆを中心にそのおかずを作り、ランチにします。

まず、中華の漬け物を作ります。
本当は昨日作っておいた方がいいのですが、
そこは料理教室、作ってみないとね。
だから、多く作って持ち帰り、食べ比べてください。
山椒の実、花椒を使います。

おかゆも1時間程かかるので、火にかけましょう。
たった1合が5人分位なので、大きななべに入れてください。
ネバネバが吹きこぼれるので。

おかゆに入れる具の中で今日は生のピーナッツが手に入ったので、
オーブンで焼いてみましょう。
やはり、焼きたてはすごーくおいしいですよね。

次は揚げ豆腐でも、厚揚げでも、いかの揚げたのでもあう、
タレを作りましょう。
1種類は私が作っておきました。
塩と花椒のタレ。
これも、花椒がいっぱい入ってますよ。
中国、麻婆豆腐発祥の地、成都で食べた麻婆豆腐は
日本で食べるより花椒がいっぱい入ってました。
もう1種類は醤油ベースのタレです。

次は今日のメイン、コンニャクを使った炒めもの。
カリカリに揚げてからカシュウーナッツと一緒に炒めます。
出来上がりは全く、コンニャクっぽくないんですよ。
肉みたいなんで、ビックリ!

それじゃ、Tableをsettingして食べましょう。

今日のMenu
◆おかゆ
 トッピング/ピーナッツ、腐乳、ピータン、シャンツァイ、ザーサイ、わけぎ
◆コンニャク、カシュウー炒め
◆tofu揚げ、2種のタレ
◆きゅうり、にんじん、大根、セロリの中国風漬け物
◆豆腐竹(乾燥湯葉)としいたけの煮物
◆自家製豆腐と緑豆のデザート

ヘルシーな食材なので、お腹はスッキリですよね。


vol24,25, 長谷幼稚園ママの
ピタパンとファラフェル ランチ

リクエストで長谷幼稚園のママ達がCooking Eating Studioで
お料理を作り、ランチをしました。

パンを作るのが得意な方や始めての方など、さまざまでしたが
ピタパン、うまく焼けました。
風船みたいに膨れて、大人でも、楽しいし、
作った満足感ありますよね。
お迎え時間があるので、
レシピどおりの順番で作れなかったのですが、
工程としては全部やってみたので、
大丈夫、ウチでもキットうまく焼けます。

ファラフェルも初体験の方多かったけど、
ターヒニつけるとおいしいですよね。
そら豆だけど、干しそら豆だから、初秋でもいいですよね。

ホムスも人気がありました。
お豆(レンティル)とは言わないとなかなか判らないようです。

出来たてで、まだ、暖かい、ピタパンを半分に切って、
レタスやきゅうりなどと一緒に、ファラフェル挟んだり、
ホムス挟んだりして食べてください。

玄そばのサラダも作りましたが、
季節感豊かな旬のものがmenunに欲しかったので、
栗のホットサラダも作りました。
栗は剥いて、渋皮ごと茹でておいたのですが、
これはちょっと、タフな仕事ですよね。
よく、水につけておいてから剥くと、いいですよ。

庭のミントの花が咲いて、もう、そろそろ終わり。
ミントの葉を入れた紅茶が今日の飲み物です。

デザートも好評で良かったです。

今日のmenu
◆ピタパン
◆ファラフェル
◆ターヒニ
◆レタス、キュウリ、玉ねぎ
◆ホムス
◆玄そばサラダ
◆栗のホットサラダ
◆フレッシュミント+アールグレイ
◆ヨーグルトといろいろトッピング

みなさん、楽しいそうで、なによりでした。
気持ちのいい、晴れの秋の日でした。

vol 26 旬の素材を使った秋の和食

いろいろな国の料理を紹介しているCooking Eating Studioですが、
もしかしたら、(いちばんとは言いませんが)きちんと知らないのが、
和食かもしれませんね。
日本人はやはり、和食を食べて暮らすのが、
一番、身体にあっていますよね。

収穫の秋ですので、
旬のさといも、栗、菊、きのこなどの野菜をいろいろ使って、
和のお昼にしたいと、思います。
"ウチのごはん"の充実をcooking eating studioは目指しているので、
ムズカシイ料理はしませんが、(ムズカシイと長続きしません。)
秋になったら、出回っているものを見て、
簡単で役立つmenuを選ぼうと思っています。

+ 旬のさんまは七輪で炭で焼いて食べてみましょう。
旬のうちでも、9月から10月が一番おいしいし、
今年はさんまがいいと、お寿司やさんに聞きました。
それを、炭火で焼くと、やっぱり、おいしさが違いますよ。
(kidsのクラスでもやりました。)

◆◆◆◆◆◆

10/16

今日はあいにくの雨です。
なんだか、今年の秋は雨が多いですね。天災多く、地球が心配です。

でも、雨をものともせず、さんまは炭で焼きますよ。
今日のmenuは秋の味覚を楽しむ内容です。

まずは本しめじと豆腐の炊き込みごはん。
玄米、七分米、もちきび、もちあわ、ひえ、丸麦、たかきびなどを
混ぜたごはんです。
炊きあがるのに、時間がすごくかかるので、
最初に作っておきます。

つぎに、まじめにだしをとります。
これは味噌汁と酢の物兼用なので、
今日は煮干しは使いません。こんぶとかつおぶしです。

これを冷ましている間に、
さといものかわいい蒸し物の用意をします。
穴をくり抜き、鳥ひき肉などを詰め、
上にうずら卵か赤えんどうを飾ります。
出来上がりが、かわいいですよ。
安定がいいように底は大きい方が良かったんですが、
言い忘れて、ごめんなさい。

今年もウチのみょうが、大きいの取れました。
9月頃は不作なのかと思っていたら、
随分遅れて、採れました。
今日はこの立派なみょうがを使って、
菊ともずくときゅうりとみょうがの酢の物です。

かぶと油揚げで味噌汁も作ります。
今年、仕込んだウチの自家製みそを使います。
麦こうじ、米こうじ、玄米こうじの
味見の結果、ブレンドして味噌汁にする事にしました。

さんまは雨にもめげず、外の炭で焼きます。
午前中に小坪で買ってきました。
おさしみでも、okだそうです。
kidsゲストが一緒に
楽しそうに、火をおこしてくれています。
やはり、炭で焼くと真っ黒にはなるけれど、
いい具合に油も落ちて、おいしいですよね。

それじゃ、遅くなったけど、
セッテイングしてお昼です。

今日のmenu
◆本しめじと豆腐の炊き込みごはん
◆かぶと油揚げの味噌汁(自家製みそ)
◆さんま+大根おろし
◆さといも蒸し
◆菊ともずくときゅうりとみょうがの酢の物
◆みょうがの醤油漬け、梅酢漬け

◆栗とさつまいも+くるみのデザート
◆加賀棒茶

今日の反省は
ちょっと、さといもの蒸しが足りなかったみたいだった事ですが、
(これはcesの蒸し器が安い中国製の為でした。今度いいの買います。)
後は皆さん、うまくおいしく出来ました。
デザートは私が作っておいたんですが、
料理好きの私でも
量が多いと、大変な裏ごし(チョット、give upしちゃいそうな)で
一生懸命作りました。
私の料理には砂糖は使わないので、ハチミツの優しい甘さです。

残りは持ち帰って食べてください。
自家製梅のハチミツ漬けもお土産にどーぞ。
雨もやんできたので、混んでいない鎌倉散歩が出来そうですね。


vol 27 自家製天然酵母パン 
by トミヤマトモミ 10/30

今日はkidsゲストも3人いて、にぎやかな教室です。

始めに、自家製天然酵母の説明をていねいにして、
それから、パンを捏ねたりします。
なんと言っても、このシュワシュワ元気な酵母みると、
感動しますよねー。
初めてだと、にわかには
これでパンが焼けるというのが信じられませんよね。

今日食べる分はもう、一次発酵終わったのを焼きますね。

ママ達がパン作りしている間、
kidsゲストには全員分の
紙のランチョンマットを作ってもらいましょう。
立体にした子もいて、ナカナカ、シャレタ事考えるねー。

発酵に時間かかるので、お腹すいたよねー。

まだ、時間かかるから、柿を採りに行こう!
一生懸命になって階段落ちないでよー。
これはママ達が持ち帰って、天然酵母作るの。
なんて言ったって、消毒なんかしてないから、
皮ごと使う、天然酵母用としは安心だよね。
庭のレモンバーム、オレガノ、タイムも持って帰って、
作ってみてくださいね。

おかず作りは進んでいるかしら?

今日のおかずは
◆トムヤンスープ、
子供用にはヤサイ&トマト豆にゅうスープ。
◆カキとトウフの秋サラダ
◆ササミとアボカドの春巻き
◆豆&ドライフルーツの黒ずコンポート
◆愛玉子
です。

みんなで手分けして作ります。

デザートの愛玉は
初めて見る、さわる、作る人多いと思うんですが、
台湾の植物で乾燥したものを揉み洗いして作ります。
根気がいりますね。
ダンダン、固まってきて、
なんとも、ふしぎーな植物。
常温で固まって、食感がなんとも言えません。

春巻きは揚げずにオーブンで焼くので、ヘルシーです。

子供は子供の部屋でセッティングして食べようね。
なんか、カワイイ。

今日はエスニックなmenuですけど、あっさりした味なので、
香り高いパンにもピッタリ!
みんなはせっかくのランチョンマット汚さないように食べました。

捏ねた生地はおうちへ持ち帰り焼いてみてくださいね。
8時間くらいかかって、
ゆっくり発酵しておいしくなるんです。


vol28 X'masのお菓子

前回も好評だった守屋さんのお菓子です。
今回は11月なので、X'masのお菓子です。

X'masは普段お菓子作りをしない方でも挑戦したくなる季節ですね。
手を使って物を作るのは本当に楽しいものです。
そして出来上がれば、すごーく満足!
それに、みんなでお喋りしながらだと、
あっという間に時間もすぎ、楽しいですよ。
また、自分で作れば、なるべく身体にいい甘味を選ぶ事も出来ますね。

今回はクグロフ型で焼いたケーキに
ホワイトチョコレートがかかり、(キレイな模様が出来ます。)
小さな雪山みたいなかわいいケーキです。
時間とオーブンの関係もあり、小さいのですが、
その小さいサイズがかわいく、
パッケージもちょっと、手作りをし、
こんなの貰ったら嬉しーいだろうなーと思う1品です。

と、もうひとつ、
白胡麻をつかった、風味ゆたかな口どけのいいスノーボールも作ります。
ケーキで残った卵黄を使うんですが、
味はすごく、いいので、こちらも、プレゼントに最適。
十分な数出来ます。

味見もして、ケーキとスノーボール持ち帰れますよ。
パッケージ担当、林です。

X'masなので、親子での参加、中学生、高校生などの参加もokです。
楽しくみんなで作りましょう。

守屋洋子/子供の時、お母さんに教わった
人参ケーキからお菓子作りにめざめ、
ちょっと配合をかえるだけで
様々なお菓子が作り出せるというのが魅力と言う守屋さん。
今はキースマンハッタン(ケーキ屋さん)の仕事と、
Heaven's Tableでお菓子を教えています。

◆◆◆◆◆◆

11/20

今日は、X'masのお菓子です。まず、スノーボールを作ります。
生地の材料を手で混ぜます。
バターで手がベタベタするけど、手が一番です。
kids参加者もがんばって、作ってますね。
よく、なじんだら、生地を冷蔵庫で休ませます。

その間に今度はケーキです。
生地に卵白を入れる時に分離しやすいんです。
でも、注意してやれば、そんなにムズカシクないと思っていたら、
今回は2回続けてうまく、行かないグループが
あったんですが、なんでかな?と思ったら、
材料の分量間違えてたんですね。
理由が判って、一安心。
kids参加者ががんばってくれました。腕痛くならなかったかなー?
今日はクグロフ型に入れて焼きます。

焼いてる間にラッピングに使う、
雪の結晶のチョコレートの飾りを作ります。
その他、好きな形も作ってみてください。
まずは下絵をクッキングシートに書きます。裏返して使います。
チョコレートを入れて絞る袋(コルネ)を作ります。
絞り出す穴は最初は閉じてる事が肝心ですよ。

今日はホワイトチョコレートです。
チョコレートは湯せんで溶かします。(45℃まで)
そして、氷水にあてながら、冷ましていきます。(28℃まで)
そして、また、これを湯せんにし、
28-29℃の(スイートチョコは30ー31℃)
ツヤのある安定した状態にします。
これをテンパリング(温度調節)といいます。

この溶けて安定したチョコレートをコルネに入れ、
上をとじ、セロテープではり、
口をちょっと、ハサミで切ります。
そうして、下絵にあわせ、絞りながら形を描いていきます。
あんまり、繊細にすると、後で剥がす時に割れちゃうかもしれません。
プロじゃないので、ヘタな位が味があっていいと思うんですが。

そうこうするうちに、ケーキが焼けました。
冷ましている間に今度はスノーボールを丸め、焼きます。

冷めたケーキにホワイトチョコレートをかけ、
コロネで絞って、キレイな模様をつけます。
小さな雪山みたいなかわいいケーキです。
なんか小さなスキーしている人形とかつけたら、
もっと、カワイイかも。

スノーボールも焼き上がったら、熱い内に、粉砂糖をからめます。
好みでつけなくっても、十分おいしいです。

両方冷めたら、次はパッケージ。
スノーボールは小さな植木鉢に入れて、袋の口にはひいらぎをつけます。
100円ショップで買ったんですけど、
なんか、素敵なのが出来たでしょう。
我ながら、いいアイデアだと思います。

ケーキの方は雪の結晶のチョコレートを袋に入れ、
(やっぱり、あんまり繊細だと壊れちゃいました。)
リボンの両端につけます。カワイイでしょ?

誰かにあげるの考えると、ワクワクします。
楽しみにお持ち帰りください。


Vol 29 3種のコーンブレッドとチリコンカーン

Cooking Eating Studioを始めて1年なんですが、
今までに2種類のコーンブレッドが登場しました。
今回はもう1種類のコーンブレッドも加えて、食べ比べてみましょう。
それぞれ特徴あっておいしいですよ。

1つはイーストを使った、文字どおりパン。
歯ごたえがあって、トーストしてサクサク食べると、こたえられませんよ。
今は柔らかいものが流行りのようで、
コーンブレッドと言っても、こういうのは売ってません。
あんまり、柔らかい物ばかり食べているのは感心しません。
あごも歯も使いましょう。

もうひとつは、名前はパンだけど、イーストを使いません。
テキサス風とでも言いましょうか?簡単です。
きっと、移動しながら料理するカーボイの料理から生まれたんでしょうね。

そしてもうひとつは、
ちょっと意外なものが入っているコーンブレッドです。
こちらは時間がかかるので、作っておきます。

どれも、パン屋さんでは見かけないパンです。
せっかく作るのですから、作りがいがある方がいいですよね。
お楽しみ!

コーンブレッドと言えば、
ウチではチリコンカーンがなければ、なんか落ち着きません。
新豆も出まわり、煮込んだものがおいしいのがこの季節。
豆は栄養も、食物繊維も豊富な食べ物。
和の食べ方が日本人の身体には一番いいんでしょうが、
和食の豆料理は甘い料理がおおいですよね。
今回は赤いんげん豆(金時豆)を使った、チリコンカーンを作りましょう。
野菜もいっぱい入っています。

その他、秋のサラダなども作って、
3種のコーンブレッドを食べ比べ、ランチです。

パンの発酵にちょっと、時間がかかるので、
朝ごはんはちゃんと食べてきてくださいね。

◆◆◆◆◆◆◆

11/23

今日はパンの発酵があるんで、遅ーいお昼になりそうです。

まず、コーンブレッドを作ります。
これは、普通のパンのようには捏ねれません。
すごーくベタベタな生地なんです。
ですから2グループから手ベタベタの犠牲者決めます。
がんばってください。
なんか捏ねてるのか、なんなのか判らない程ベタベタですけど、
それでも、10分位は捏ねてくださいね。
もう寒くなってきましたから、
生地を発泡スチロールの箱の中に入れ、
お湯を入れたコップを入れて、ヌクヌクさせてあげてください。

1次発酵の間にコーンマフィンを作ります。
こちらはいたって簡単。kidsクラスでも作りました。
生地を混ぜたら、型に入れ、焼きます。
冷めたら、型から出すのはkids参加者にお願いしますね。
あれ?型から出すの、わざと失敗して食べてない?
まあ、お腹すいちゃったし、
まだまだ、ごはんは先だから、味見していいよー。

コーンブレッドが2次発酵に入ったら、チリコンカーンを作ります。
今日は金時豆の新豆だったので、
2時間位水に漬けてから煮てokでした。
豆が古い場合はもっと、漬けた方がいいですね。
固めに煮ておいてください。
野菜は全て、ひき肉の大きさ位のみじん切りにします。
合挽きはこれでもかーって位よく、炒めてください。
パチパチはねて、こげがついたらいいですよ。
分量としては肉はとても少なめ、野菜いっぱいだけれど、
肉のうま味は出てますよ。
材料みな、炒め混ぜ、コトコト煮て調味します。
今日はkids参加者も居るので、辛くしませんが、
ちょっと、ピリが大人の味かな?
こういう煮込みものは作ってすぐより、
時間が経った方が味がこなれておいしくなりますよね。
いっぱい作って、2ー3回食べてください。

もう1種類、かぶと柿とセロリとクルミのサラダを作ります。

コーンブレッドも焼き上がったので、やーっとお昼ごはんになりましたー!
これは、厚めに切ってトーストしてください。
パリパリでおいしいですよ。
好みでバターやマーガリンを塗ってもいいですが、
マーガリンは最近、その製造過程で出来る
トランス脂肪酸が身体に悪いと言われています。
(アンドルー ワイルは昔からその事に注目してました。)

それでは、もう1種の私が作っておいた、
変わったコーンブレッドも一緒に、
ブラッディメリーも作って、お疲れさまー。

今日のmenuは
◆ブラッディメリー、ミネラルウォーター、kidsはミルク
◆コーンブレッド(玄米、オーツ入り)
◆コーンブレッド(トーストして食べるパリパリの)
◆コーンマフィン
◆チリコンカーン
◆ロシヤ漬け
◆コールスロー
◆かぶと柿とセロリとクルミのサラダ
◆辛子の酢漬け
◆焼いたりんごのデザート、サワークリーム添え
◆coffee

今日はいっぱいお土産も出来たし、
楽しくお帰りください。


vol 30 皮から作る餃子

冬になると白菜やねぎがおいしくなってきますね。
そうすると、餃子が食べたくなります。
昨年にも取り上げた餃子、今年も登場です。

昨年、感じたのは、もしかして皆さん、餃子っていうと、
ラーメン屋さんの餃子や冷凍の餃子のように、
皮の薄-い餃子を思い浮かべているかもしれないなー、でした。

ウチの皮はキュルキュル、ムチムチでホント、おいしいですよー。
皮も毎回、微妙に出来が違って
また、それが皮から作る楽しさになります。
中身も野菜たっぷりなので、いつ食べるの止めたらいいか判りません。

ウチのお正月は餃子を皆でいっぱい作り、食べるのが
恒例となっています。
中国ではおめでたい時に作りますよね。
餃子の日は餃子だけ食べるのがウチのやり方です。
昨年、同様、ちょっとした中華の漬け物や箸休めは作っておきますけど…。
ビールやワイン、紹興酒、中国茶がおいしいですよ。

そんな餃子をおしゃべりしながら、いっぱい作り、食べましょう。
作った皮は持ち帰り、冷凍しておいて使う事、出来ます。
皮の活用法もお教えします。

◆◆◆◆◆◆

12/4

12月です。
とたんに師走って感じですね。今日はあいにくの雨。
そういう日はcesは古い日本家屋なんで、いつもなら寒いんですけど、
今日はキャンセル待ちが出る程人気の餃子で、暖かです。
謝謝!

今日食べる分の皮(レシピの3倍、約300個分)は
午前中に相棒とふたりで捏ねておきました。
力いります。そういう時はビニール袋に入れて踏むといいです。
讃岐うどん作るおばあちゃんみたいに。

初めての方だと、800gの粉を捏ねるのは大変なので、
半分50個分の粉を各自捏ねてみましょう。
cesの餃子の皮はぎりぎりしかお湯を入れないので、固めですよね。
でも、なんとか、半分なら大丈夫そうですね。
kids2人も加わってにぎやかに皮捏ねです。

人数多いので、混乱しますね。それを想定して
今日は、How to の "今日の餃子の楽しみ方" を書いておきました。
グループで作り、出来たらグループごと、こたつの部屋で召し上がれ。
そして、食べたら交代でまた、作り、食べます。
なんと、お店にあるような生ビールも用意しました!!
(ここは料理教室でしょうかね?ほんとうに。)
労働(ちょっと、餃子作りは体育会系なんです。)が終わった後の
生ビールはおいしいですよー。

それじゃ、グループで具を作ります。
まずは手分けして野菜切って、それからここがコツの具の調味です。
しゃぶしゃぶ肉をたたいて、日本酒をいっぱい入れて捏ねるんです。
ちょっと、間違いじゃないかと思うくらい入れますよね。でも、これで、ok.
かなり野菜が多い具ですよね。

具の用意が出来たら、いよいよ皮のばして、包みます。
見本位の大きさ、薄さにしてください。
微妙な大きさ、薄さは、こればっかりはレシピに書けないので、
一緒にやってみるのが一番ですよね。
少々、ブスでも包む時になんとかいい形に出来ますからご心配なく。
いくつか作っていくと、うまく出来るようになってきますよね。

20個、ひと皿分出来たグループからいよいよ焼きです。
この焼きも少々コツがいります。これもレシピでは書ききれない、コツです。

キレイに焼けました。ワーっと歓声が上がりました。
ヤッターって感じ。
kids参加者もおいしーい!!とモクモク食べてくれたので、良かった!
自分で作ったからおいしいよね。
底がパリパリ、上はモチモチでしょう?

ほかのグループも歓声が上がりました。
教えがいありますねー。
食べ物は個人の好みがあるので、
いくら私がおいしいと思っても万人に受けるなんて事は不可能。
でも、この餃子はちょっとイケルでしょう?

残りの皮の使い方でにらまんじゅうもご紹介。
おへその部分が厚くなっちゃうんで、
なるべく皮のまわりを薄く延ばすか、
最後におへそ部分は摘み取るといいですね。

今日menuは
◆自家製豆腐+ピータン、ザーサイのタレ
◆ザーサイ、ネギ、キュウリ、ササミのあえもの
◆chinese漬け物ーきゅうり、セロリ、大根、にんじん
◆餃子
◆にらまん
◆桃シャーベットとタピオカ+アーモンド、オーツetc入りクッキー
(ごめんなさい!!タピオカ忘れましたー)
◆生ビール、ウーロン茶

焼いた餃子の残りは持ち帰ってください。
これは冷めちゃうんで、ウチでは"マズオイシイ"って言ってます。
次の日、生がえった残りの餃子を食べるのも楽しみなんです。

おおむね、うまく行ったんですが、ウチの場合はみなさんのより、
もうちょっと、小さく作るので、
次回、持ち帰った皮で作る時は(冷凍して好きな時に使う)もう慣れたでしょうから、
小さめに作ってみてくださいね。
具と皮の割合が大事なんで。