平野恵理子のオフィシャル・ホームページへようこそ***

 F R O S T Y  w i t h   j o l l y  h a p p y  s o u l   ○○○ E r i k o  H I R A N O

 

/fr平野恵理子 Eriko HIRANO

 イラストレーター、エッセイスト。
 山歩きや旅、着物、暦や年中行事など、暮らしについてのイラストとエッセイの作品が多数。
 1961年、静岡県生まれ。横浜育ち。

 

+++++++++++++++++++++++++++++++ 

中央公論新社から『平野恵理子の身辺雑貨』がリリースされました。

+++++++++++++++++++++++++++++++ 

+++++++++++++++++++++++++++++++ 

                   平野恵理子のホームページの目次

平野恵理子 Eriko HIRANO  FROSTY with jolly happy soul

 B i b l i o g r a p h y   著作リスト・・・・・平野恵理子の仕事

                             ERIKO HIRANO 1994

◎著書

『ハワイ島アハロ通信』     (東京書籍) 1992.10

『日本の暮らしと小物たち』

   

(ブロンズ新社)

1993.11

『きもの、大好き!』

   

(KKベストセラーズ)

1996.11

『散歩の気分で山歩き』

   

(山と溪谷社)

1996.12

『私のおでかけ小物術』

   

(筑摩書房)

1997.12

『にっぽんのおもてなし』

   

(KKベストセラーズ)

1997.12

『味わいアジア』

   

(ブロンズ新社)

1998.9

『庭のない園芸家』

   

(晶文社)

1998.9

『山の温泉へ行こう』

   

(東京書籍)

2000.7

『ふつつか台所自慢』

   

(中央公論新社)

2001.4

『ごきげん!ひとり暮らしの本』

   

(講談社)

2001.4

『行くぞ!山歩き』

   

(筑摩書房)

2001.8

『わたしも四国のお遍路さん』

   

(集英社)

2002.4

『おいしいお茶、のんでる?』

   

(講談社文庫)

2002.5

『きもの、着ようよ!』

   

(筑摩書房)

2003.12

『きものって、楽しい』

   

(リヨン社)

2004.4

『いとしい和の暮らし』

   

(ソニー・マガジンズ)

2004.9

『ご利益散歩に出かけよう』

   

(筑摩書房)

2005.1

『お弁当いただきます!』

   

(誠文堂新光社)

2005.5

『ハピネス気分で山歩き』

   

(山と溪谷社)

2005.9

『わたしの和道具帖』

   

(清流出版)

2005.10

『おいしいおみやげずかん』

   

(KKベストセラーズ)

2005.10

『手作りで楽しむにほんの毎日』

   

(ソニー・マガジンズ)

2005.12

『着物でお出かけ十二ヶ月』

   

(技術評論社)

2006.1

『やっぱりお家がいちばん』

   

(ヴィレッジブックス)

2006.3

『スーパーマーケットいらっしゃいませ』

   

(ヴィレッジブックス)

2006.5

『和ごころ暮らし』

   

(ちくま文庫)

2006.7

『ふつつか台所自慢』

   

(文春文庫)

2006.12

『今日から暦暮らし』

   

(山海堂)

2007.5

『修繕の女王』

   

(ヴィレッジブックス)

2007.5

『きもの、大好き!』

   

(ちくま文庫)

2008.3

『日々の彩り 花手帳』

   

(サンマーク出版)

2008.4

『旅の和ごころ』

   

(交通新聞社)

2008.6

『人生のお祝い』

   

(ヴィレッジブックス)

2008.7

『和菓子のこよみ十二ヶ月』

   

(アスペクト)

2009.2

『わたしの東京散歩術』

   

(山と溪谷社)

2009.7

『今日から暦暮らし』

   

(山と溪谷社)

2009.9

『平野恵理子の身辺雑貨』           (中央公論新社)       2010.1

       
       

   

          

 

◎絵本

   

『たたんでむすんでぬのあそび』

   

(福音館書店)

『ひらく』

   

(福音館書店)

『生活図鑑』

   

(共著/福音館書店)

『料理図鑑』

 

 

(共著/福音館書店)

『糸あそび 布遊び』     (共著/福音館書店)  

『あなたが守あなたの心・あなたのからだ』

   

(共著/童話館)

『しましまみつけた

   

(福音館書店)

       

 

 H a w a i i   ハワイ ・・・・・平野恵理子のもうひとつの故郷

 

ERIKO HIRANO 1995

 

 『ハワイ島アロハ通信』(東京書籍)

1992年刊行。

1980年代から十年間ほど、繰り返しハワイ島のヒロに滞在して見たものや、島に対する思いを綴った平野最初の著作。

160ページにイラストがぎっしり。

2009年3月にちくま文庫より、大幅にデザインを変えて刊行決定。

解説は、ハワイアン・スラック・キーギターの第一人者、山内雄喜氏。

 『ハワイ島アロハ通信』(ちくま文庫)

十七年ぶりの文庫化。

さわやかでかわいらしいカバーデザインは有山達也さんによるもの。

新しく入ったイラストも。

 

 K i m o n o  着物 ・・・・・平野恵理子の着道楽

 

『きもの、大好き!』 ちくま文庫

KKベストセラーズの同タイトルの文庫版。

着物の楽しみ全般を素直に伝えた、平野の着物本第一冊目。

イラスト満載。

『着物って、楽しい!』 リヨン社

『着物、大好き!』に続く着物本。

さらに上級者編の着物の種類や小物のいろいろなどを紹介した。

 『きもの、着ようよ!』 ちくま文庫

 

『きもの、着ようよ』(筑摩書房)の文庫版。

絹、綿、麻の素材から、紬、縮緬、絞りなど反物の種類まで、

また、普段着と礼装など各着物の種類、季節による違いなど、

知りたかったことを細かく説明。

下着や簡単な気付の秘密、小物やおでかけ先の楽しみもこっそり。

『着物でお出かけ十二ヶ月』 技術評論社

着物コーディネイトを十二ヶ月の風物や行事とともに紹介した、

イラストたっぷりの着物エッセイ。

昔懐かしい髪の着せ替え人形の雰囲気で、

江戸千代紙の模様も存分に楽しめる。

 O u t d o o r  山歩き ・・・・・自然児の平野恵理子

                ERIKO HIRANO 1995

『散歩の気分で山歩き』 山と溪谷社

平野最初の山歩きの本。

三つ峠でヘリコプターに追いかけられたり、富士の麓で小さい頃からのキャンプを思い出したり、山歩きに関するあれこれを、イラストともに。

道具や食べ物のことも細かにたくさん。

『行くぞ!山歩き』 筑摩書房

 

毎日新聞に連載した山歩きの入門案内を兼ねたイラストエッセイ。

初心者が用意するべき道具やウエアから、

持って行くと嬉しい食べ物や、歩き方のコツ、山に入る心得まで。

これを読めば山に行きたくなること請け合い。

お勧めのハイキングコース案内も10コースほど。

『ハピネス気分で山歩き』 山と溪谷社

山歩きエッセイの第四冊目。

上高地、雲の平、吾妻連峰に安達太良山。

大きな山ばかりかと思えば気軽な低山ハイクも気ままに楽しめる山案内。

山歩きの前後の楽しみも。

カバーのイラストは、各地の山小屋や、登山口液の記念スタンプ。

誰もが気になる富士登山のことも。

[『山の温泉へ行こう』 東京書籍

温泉にはいれる山歩きコースの話。

イラストと、正確な地図でご案内。

 

 

 E v e r y d a y   暮らし・・・・・平野恵理子の毎日

 

 

『今日から暦暮らし』 山海堂

日本の暦を日々の暮らしに取り入れたい。

お節句やお祭り、その他の年中行事に加え、二十四節気や七十二候の解説も。

季節の花や草木のエッセイとともに、

暦の基本をイラストを交えてお伝えする旧暦に親しむ入門書としても楽しめる。

『私も四国のお遍路さん』 集英社

四国八十八カ所を実際に巡って書いた、四国お遍路近視眼的レポート。

現代お遍路事情をイラストとともにじっくりと。

遍路道やお遍路グッズ、お遍路ウェアについても書いた、

お遍路のリアル世界がある。

『おいしいおみやげずかん』 KKベストセラーズ

もらったおみやげ、いつも自分で買って帰るおみやげ、

日本のおみやげに外国のおみやげ。

日本だけでなく、世界の有名無名のおいしいおみやげがぎっしり。

イラスト多数。

『ご利益散歩に出かけよう』 筑摩書房

東京近郊のさまざまな縁日に出かけ、お参りをして縁起物をいただいて、

露店で買い食いをしてきた報告をイラストとともに。

ご利益をごっそり持ち帰る散歩案内。

東京周辺の縁日リストもしっかり。

お祭りではなく、縁日というところがミソ。

『にっぽんのおもてなし』  KKベスセラーズ

お客様を招く前に、掃除をして窓を開け、

お菓子を用意しながらお湯を沸かし、

座布団チェック、お花もチェック、テーブルもチェック。

こんなことをするのが楽しくて仕方がない、おもてなし好きになる実際を。 ?

『和ごころ暮らし』 ちくま文庫

『日本の暮らしと小物たち』の文庫化。

器に布巾、おでんにかき氷。赤とんぼに炬燵みかん。

多くの人が懐かしく感じる、

でもいまも同じように続いている日本の日々の一つひとつを、

季節ごとに書いたイラスト満載の一冊。

 

『私の和道具帖』 清流出版

一見昔のもののようだけれど、いまも現役バリバリ、

日本の暮らしの中で長く使い継がれてきた数々の道具。

台所道具に文具に衣類。

イラストとともにエッセイで綴る。

『ふつつか台所自慢』 文春文庫

『ふつつか台所自慢』中央公論新社の文庫版。

季節の素材、実験料理、便利道具の披露から、

腐らせてしまう野菜や苦手な料理まで、

裏も表もある台所「自慢」というよりも「白状」。

道具と料理のイラスト多数。

『日々のいろどり 花手帖』 サンマーク出版

季節の花をとりどりのイラストで描いた小型本。

日々の暮らしの中での花とのつきあい方も提案。

春夏秋冬に加え、

近年ますます目にするようになったトロピカルフラワーも多数描いている。

『スーパーマーケットいらっしゃいませ』 ヴィレッジブックス

食料品の遊園地、スーパーマーケットの楽しさとおいしさを一冊にまとめたイラストエッセイ。

イラストは、2004年のスペースユイで行なった、

書名と同じタイトルの個展で発表した作品。

生鮮食料品から加工食品、生活雑貨などの商品に加えてショッピングバッグやPOPも仲間入りした、にぎやかな内容。

『和菓子のこよみ十二ヶ月』

一年間の七十二候の季節に合わせた七十二種類の和菓子を紹介。

製法やお菓子の由来も。

和菓子の歴史年表や、材料の解説、お菓子屋さんのリストもぎっしり。

  『平野恵理子の身辺雑貨』

 

 読売新聞の水曜夕刊に隔週で連載されている『身辺雑貨』。

 最初の二年分が一冊に。

 装身具から香りの小物、履き物やバス用品まで全部で50点。

 お店の情報や追加のエッセイも豊富にプラスされている。

 

 Picture Book   絵本・・・・・平野恵理子から子供たちへ

 

 

『生活図鑑』 福音館書店

越智登代子氏との共著。

平野はイラストのみ担当。

3000点を超えるイラストで、子どもが生活に必要なすべてを網羅。

今日家出をした子供でも、これ一冊あれば暮らしていける、

子どもだけではなく、大人にも十分使える暮らしの指南書。

『料理図鑑』 福音館書店

『生活図鑑』に続く、越智登代子氏との共著。

料理に特化し、材料から調理、保存法まで幅広く説明した料理入門書。

こちらもイラストは3000点を超える。

『糸あそび 布あそび』 福音館書店

田村美津子氏との共著。

布を裂いて紐を撚り、布草履いや小物入れを作ったり、裂き織りを作ったり。

毛糸でマフラーも織れる。

懇切な説明図付き。

 

 

 

 G a l l e r y   ギャラリー ・・・・・平野恵理子の作品集

                                         ERIKO HIRANO 1995

                               ERIKO HIRANO 1995                  

 

                                                    ERIKO HIRANO 2008

  N e w s   ニュース・・・・・平野恵理子からのお知らせ

中央公論新社から『平野恵理子の身辺雑貨』がリリースされました。

  L i n k   リンク・・・・・こちらへもどうぞ

      

↑町山さんの映画情報たっぷり     ↑幅広い活動をしている音楽家鴨宮諒さんのホームページ