↑  トップページに戻る(クリック)

あすか製品紹介  申込受付  プロフィール  下駄の数々  リンク  下駄の説明

下駄の説明

下駄の現在の鼻緒のすげ方について

下駄や草履は昔は踵を少しはみ出して履くのがルールでしたが 現在では足が完全にカバーできなければ疲れやすいかもしれません。花緒の前つぼを少し緩めにし足が痛くないように 体に負担がかからない程度にしてもらう事がコツかもしれません。
又 現在は足の靴のサイズの1センチ〜2センチ少なめが
貴方のちょうど良い下駄のサイズです

履物のサイズ

 子供用 大人用

昔からの尺貫法がこの業界では使われています。子供の履物では五寸、五寸五分、六寸、六寸五分、七寸、七寸ニ分、といった具合。メートル法ではそれぞれ15センチ16.5センチ18センチ19、5センチ21センチ22センチ 23センチだいたいですが、  

大人物では、昔に比べると体の成長が反映して少しサイズが大きくなっています。
 婦人物の普通サイズで下駄自体の大きさは
23、5センチ強位、Lサイズで24、5センチ位になります。対応する足のサイズは、
Sサイズ21〜22センチ
普通サイズ
22.5〜23.5センチ Lサイズで24.5センチ以上 

紳士物の普通サイズで25センチ弱くらいの大きさ、Lサイズで26センチ強位 LLサイズで
27センチ位 3Lサイズで28センチ強 5Lサイズで30センチ位になります。
後は32センチ  35センチ

鼻緒

S M L LL サイズの下駄でも
下駄の台に鼻緒をすげますが、そのすげ具合を足に合せて調整し、履き良い下駄にします。たとえば足の甲が小さければ前坪を少しきつめにし、逆に大きい場合は前坪を緩めにし、しっかり足が入るよう鼻緒全体のバランスを見ながら調整します
さらに同じ足の大きさでも幅や甲の高さ、ボリュームによって調整は違ってきます。 だから、足に合わせた調整が出来るかどうか、
鼻緒の出来は この何通りかで履き心地が決まります
 

下駄の手入れ

白木の下駄は、きれいな雑巾を良く絞り拭きあげて下さい。塗り下駄は、柔らかい布で空拭きします。

下駄の呼名

並柾又真物 (なみまさ または まもの)   天一 天ニ  (てんいち てんに)

右近 小町 神戸(のめり 千両) 神戸後丸 日光 こっぽり(ぽっくり 甲堀り)
地域により同じ下駄でも呼名が違う場合があります

柾下駄の場合

下駄の造り 一つの木から出来ているものを並柾といい 平らな板の部分に歯の部分を接着して作った下駄を (天を一枚板で作れば天一 二枚の板を寄せていれば天二と呼ぶ) 

前坪(まえつぼ)

指のまたを支える鼻緒の部分

柾(まさ)又は天目

柾目で木取りして作った下駄 通常柾といえば木目の通った真物をいう

柾貼り(まさばり 天張り)

天一 天二の下駄等に柾目のきれいに通った経木を貼って見た目をよくする方法

トップに戻る

所在地  奈良県橿原市南八木町3-2-5    増田桐下駄製造工房   п@ 0744-22-2065