04年5月30日 戸隠・古道トレッキング
>>TOP PAGE

>>報告一覧

報告
皆さま!「お疲れさまでした」
「感謝感謝!」ありがたいことに29日(土)も晴れ。霊仙寺山の「巨木コース」「山野草・湿地植物コース」を下見。30日(日)も晴れ!!汗をかく程の天候に恵まれたエコツアーでしたが、皆さまはいかがでしたでしょうか?
芽を出し葉をひろげ、広葉樹の葉が空をおおい陽射しが届かなくなる頃まで、たったの40日ほど、太陽からのエネルギーをいただくと地上から消えて(?)しまう“春の妖精”カタクリの花。発芽して一年目は一枚の葉のみ、地下にそのエネルギーを貯え地上部分は消えてしまう。二年、三年と・・・やがて花をつけるまで、平均8年を要すと言われています。4月はそんな可憐なカタクリとの出合いでした。

 今回は、陽の光を通した若い緑の葉が思わず「ウワァー!キ・レ・イっ!」叫んでしまう程で、心が洗われる思いをしましたね。足元には銀蘭、「ササバギンランの方が好き」と言う人、チゴユリ、ベニバナイチヤクソウ、アマドコロ、タニギキョウ、フタリシズカ等々。この可愛い花たちを子どもの見ている前を小型トラックとスコップで持って行ってしまう人たちと三度も出合ってしまいました。悲しいですね。エコツアーをする私たちはこれを解決しなくてはなりません。
花の咲いていた姿を思い出していただけましたか!?竹の子のみそ汁野草の天ぷらはいかが?また、ご一緒ください。

顔より大きな葉っぱは「矢車草」(お庭にあるヤグルマソウは園芸種「矢車菊」です)
関野インストラクターが初めて作った、牟礼ではポプュラーな「竹の子のみそ汁}でランチ
インストイラクターを代表して
「信州までおいでくださりありがとうございました。ぜひ、またおいでください」むれ語で『なっちょだったやい!』です。
牟礼村のみ〜んなで待っています。(目須田)
ページのトップへ  TOP PAGE   報告一覧へ
Copyright 2005 gozan nature school. All rights reserved.