北信濃スノーシュートレッキング報告
大人も 遊ぶ 雪の森!
インストラクター : 目須田 修・大久保政英・石川健彦・加藤容子>
真っ青な空、雪がまぶしい! 冬の森は何と言っても明るくて自分の歩く所がすべて道、これが魅力だ。タヌキの道、キツネの道、ウサギの道。追われてか急ぎ足や何かを探す足跡、食痕もフンもある。少し汗ばんできたら休憩。携帯ストーブでコーヒーを沸かす、各々の持参のカップに注ぐ。カップを両手で包んでいただく幸せ感。次回はぜひご一緒にいかが? そして都会の知人にご紹介ください。

いってきまーす。
鳥の巣のような
「ヤドリギ群」
ミズナラの奇木「タコ爺さん」

雪の重みで落ちたヤドリギをパシャリ!

天気も良くてついニッコリ!

携帯ストーブでお餅を焼く
熊だなを見上げる
野ウサギの食痕

林間ソリは爽快だ

雪をかぶった 「セミの抜け殻」

タヌキも川を渡る

何か見える?「何かが棲んでるの?」
と小4のチサちゃん
天然 「干し山ブドウ」
きのこ汁でランチ「タキハウス」で
イワガラミのツル

「いかが?」
「森にはよく入られるの?」「どの季節もご機嫌!」
「いつもスバラシイしやはり気持ちがいいわネ」

「フキッタマ」の初モノをてんぷらでいただく
「いちど雪上トレッキングをしたかったのよ」横浜からいらした女性、「木が目覚めていくのが 見れて感動しました。新緑にまた来ます」と長野からの母娘。自然の魅力を体感いただけたでしょうか?飯綱ファンが徐々にでも増えていくのが嬉しい。ぜひ、また!!
Copyright 2005 gozan nature school. All rights reserved.