06.8.3〜5「親子で夏休み2006」報告
この夏の思い出づくり「親子で夏休み」
インストラクター :大久保政英、加藤容子、川口博生、羽入田馨、松橋嘉隆、本山司郎、森山昭二、本山悦子、森山貴美代、金子伊作、目須田修、大久保きよ子(協力)

「飯綱山」
まっちゃん作
なかなか雰囲気が出ている、ストーンペインティング。石をじーっと見ていると描きたいものが浮かんでくる。浮かんできたら一気に描けばいいのだ。

あんまりいい天気で川へ直行

何かいるかな?

巨木の森に行ってきまーす!

山彦に登った!
森の中をトレッキング、クマさんのように
ミズナラの巨木に登った。
帰ってピュアハウスで親子で
アウトドアクッキング。
たき火でヘビパンを焼く。
クルミパンをつくる。

花火がイイね

スイカ美味しそう
戸隠でソバ打ち体験
キブシ、オーレン、イチゲ、カタクリに始まって、水芭蕉、ニリンソウ、エンレイソウ、イチヤクソウ、野の花はいくつでもある。
コブシ、梅、桃、リンゴ、杏、すもも、梨、ユスラウメ、桜と花はいっぺんに開く。ノビル、コシアブラ、タラノ芽、ワラビ、タケノコ、野草山菜自然の恵み。
蛍が舞えば、セミの声。夏の太陽木陰の涼風、川遊び、登山とキャンプ、小鳥の声。稲穂をなでる秋の風。青空を飛び交うアキアカネ、虫の音、紅葉、アケビ、キノコ、山のクリ。サクサクとなる枯葉道、歴史街道。お菜を漬ければ郷土はすっぽり雪の下。
おとしとり、正月、どんどやき、かまくら、スキー、雪遊び。雪下ろし、森の中は動物たちの足の跡、雪解け、小川のせせらぎ、田起こし。季節はめぐる。
フキノトウ、つくし、タンポポ、オドリコソウ。自然と人とが静かに生きている。日本人のふるさとが、絵に描いたように残っている。
“ホスピタリティと原風景”「寄るさ、上がるさ、また来いや」飯綱町。
Copyright 2005 gozan nature school. All rights reserved.