07.6.10薬草・毒草ツアー報告
薬草・毒草ツアー
漢方の指導員を招へいして

浜松の製薬メーカーから薬剤師、東京・青山から漢方の指導員を招へい。
2時間半ほどのコースでタケニグサ、ゲンノショウコ、クワ、クリなど和漢合わせて46種の薬草に出会う。
“毒だヨ”と親や先輩から教えられていたものも、使い方と使う部位(根・葉・実)あるいは
量によってクスリになってしまう。「ヘエッ」。

浮橋で霊仙寺湖を渡っているとヨシキリがしきりに鳴く、
歩いていくと巣立ったばかり?のツバメが欄干に留まっていて、私たちが近づいても遠くに飛ばない。
羽根が強くなっていないからか、人間にいじめられてないからなのか・・・
周りで魚を釣っている人がたくさんがいた。
橋の上では禁止と書いてあったが・・・。

湖畔教室に戻って、“リバティ”で昼食後、ヨモギとドクダミの野草茶をいただく。
薬草茶は食間つまりお腹が空いているときが効果的で、笹茶は血をきれいにしどろどろにさせないなど、質問に応えてもらう形で教えてもらった。

Copyright 2005 gozan nature school. All rights reserved.