08.3.22-23戸隠高原・鏡池コース雪上トレッキング&飯綱東高原・雪玉キャンドルづくり 報告
戸隠高原・雪上トレッキング&飯綱東高原・雪玉キャンドルづくり」 
平成20年(2008)3月22-23日

戸隠高原・雪上トレッキング

 3月の雪上ツアーは冬と春を同時に楽しめる絶好の季節です。

カンジキを履いてハイ、ポーズ。

中社をスタートして小鳥が池から戸隠連山を眺めると山並みがくっきり見える。
陽射しが暖かい、硯石を目指す坂を歩くと息がはずんで汗ばんでしまいそうです。硯石からは一夜山や荒倉山、北アルプスまで見通せます。
辺りには赤い葉柄が印象的なエゾユズリハが落葉松の根元から生えている。背が低いのは雪国で生き延びるための戦略でしょうか。

シジュウカラの鳴き声が聞こえます。ジュリジュリと人間を警戒しています。

ソリで落葉松林の中を滑る。小鳥が池から登ったぶん、ソリができそう!子供はソリがしたくてたまらなさそうです。 ソリで落葉松林の中を滑る。小他のグループが鏡池の前でランチをしているようです。

目印として残されたのでしょうか?落葉松林にミズナラが1本

鏡池につきました 戸隠連山を眺めてのランチ 鳥の巣が
キハダの葉痕 ツタウルシの実 左/ツルアジサイ 右/イワガラミ
シカの食害/シカも大変な季節 黒い米粒の様なモモンガのフン 左右に2つ、丸いノウサギのフン
春の気配が見え隠れする戸隠高原。
上空ではノスリが旋回していました。
雪の明るい森を歩くと、気分も明るくなるような気がします。
エゾユズリハ
秋はウサギ、冬は宇宙人のオオカメノキ
雪玉キャンドルづくり
霊仙寺湖は氷がだいぶ溶けています どんな作品ができるでしょう? 雪だるま?
雪玉キャンドルロードを制作中 マンモスの目にロウソクが灯るとイキイキとしてきます 日が暮れてロウソクの灯があたたかく感じます

トルコのカッパドキア?ガウディのサグラダファミリア?

霊仙寺湖の精かな?

これが雪玉キャンドルです

ひとつの雪玉がたくさん集まって
幻想的な灯になりました

ひとつの雪玉がたくさん集まって霊仙寺湖畔に
幻想的な灯りの道ができました

みんなの力が集まったからこそ、こんなにステキになったのです

もう春はそこまで来ています。

Copyright 2011 gozan nature school. All rights reserved.