>>TOP PAGE   >>報告一覧
2010.10.2-3 笹ケ峰〜戸隠/信越ルートトレッキング-報告

信越高原・縦走ルート トレッキング  笹ケ峰高原〜 戸隠高原 & 火打・天狗の庭
「カツラの巨木が見たい」の仲間の希望をかなえようと行ってきました。

1日目/JR信越本線・妙高高原駅よりバスで
終点の笹ケ峰下車
火打山を目指す。黒沢の橋を渡り、ブナや広葉樹の十二曲がりの急坂を登る。
カンバやオオシラビソの林や尾根上の斜面(ここで焼山や火打が見えだす、感激!)を登ったり下りたり進むと黒沢池と高谷池の分岐、富士見平に着く。
少し休憩をとり、進むとトンガリ屋根の高谷池ヒュッテが見える。高谷池の池塘の木道を進み、紅葉の天狗の庭。
今回はここまで、笹ケ峰に戻る。


天狗の庭にいく途中、ヒュッテをふり返る

2日目/笹ケ峰の明星荘を6時30分に立ち、朝露のキャンプ場を抜ける。
笹ケ峰高原-乙見湖(笹ケ峰ダム)-夢見平-氷沢-大ダルミ-古池-戸隠高原を縦走する。

遊歩道を進むと乙見湖(ダム湖)。
夢見平遊歩道から林道を行くと、
カツラの巨木が待っていてくれました。
周囲を歩くと落葉した茶色の葉から醤油の焦げたにおいが漂う。
今日は他にご夫婦1組、環境保護レンジャー(正式名を失念)とここで出会う。

氷沢橋が新潟と長野の県境。
途中、山ブドウやサルナシがたわわに実っているのを発見。
大型トラックが通れる林道から黒姫西登山道へ。
オオダルミから新道分岐で休憩。
大橋林道を通り、戸隠キャンプ場でトレッキングの終点。

心地良い疲れが襲い、返りのバスでうとうとした。長野駅に着いたころには空はすっかり暗くなっていました。

GOZAN自然学校のロゴマークこのツアーは9月〜10月、グループでのお申込みで行ないます。

事前にお申し込みいただければ、各種ツアーを開催いたします。
お問合せは→ gozan@dongry.jp TEL(026-253-1127)

Copyright 2011 gozan nature school. All rights reserved.