みろ歯科 インプラント専門サイト  0120-814-364 本文へジャンプ
インプラント手術の術式(2回法)


インプラント手術の術式(2回法)

インプラント術前 2回法 インプラント窩の形成 2回法 インプラントの埋入 2回法
①麻酔
図は無歯顎堤の断面図です。
麻酔をするので手術中に痛みを感じることはありません。
②インプラント窩の形成
埋入するインプラントの長さに合わせてドリリングを行ない、インプラント窩を形成します。
③インプラントの埋入
インプラント窩にインプラントを埋入します。

ヒーリングアバットメント 2回法
④カバースクリュー
埋入したインプラントにキャップをし、歯茎で封鎖します。その後インプラントと骨がつくまで3~6ヶ月待ちます。

⑤2次手術
インプラントの上の歯茎をよけ、頭出しを行ないます。
⑥ヒーリングアバットメント
頭出しをしたインプラントにキャップをします。その後歯茎が治るまで2~4週間待ちます。

印象用コーピング 2回法 インプラント上部構造 2回法 インプラント メンテナンス
⑦印象用コーピング
その後、印象用のパーツをつけて型を取ります。

⑧完成
上部構造が入って完成となります。

メンテナンス
1回法、2回法に関わらず、メンテナンスがとても重要です。



・上記は2回法の最も基本的なインプラント手術の術式です。
・実際にはもっと細かい手順、確認作業など詳細なプロトコルがありますが、省略してあります。
・各インプラントメーカーにより多少の違いはありますが、基本的な概念はだいたい同じです。
・ヒーリングアバットメント(図④)をカバースクリュー(背の低いキャップ)にすれば2回法となります。
・インプラントメーカーによって、ヒーリングアバットメントのことをヒーリングキャップ、ジンジバルカフ、またカバースクリューをカバーキャップ、ヒーリングスクリューと呼びます。
・補助手術を併用する場合は2回法になることが多くなります。


・インプラント手術で注意が必要な解剖へ