みろ歯科 インプラント専門サイト  0120-814-364 本文へジャンプ
抜歯即時インプラント埋入テクニック


何らかの理由により歯を抜いた後、通常は2ヶ月程度期間をあけてからインプラント治療を行ないます。
抜歯即時インプラント埋入テクニックでは抜歯とインプラント埋入を同じ日に行ないます。

抜歯即時ンプラント埋入の術式

抜歯即時インプラント 抜歯 抜歯即時インプラント 埋入 抜歯即時インプラント
抜歯
まず抜歯を行ないます。

インプラント埋入
抜歯後すぐ、その部分にインプラントを埋入します。骨補填材も使用します。

上部構造
骨とインプラントの定着を4ヶ月程度待ち、その後通常通りに進めます。



・適応症が限られます。
・当院では抜歯後にソケットプリザベーション(インプラントを入れやすくしておく処置)を行ない、抜歯窩の治癒を2ヶ月程度待ってから、通常の方法でインプラント埋入を行なうことが多くなっています。


・コンピュータガイドシステムへ