みろ歯科 インプラント専門サイト  0120-814-364 本文へジャンプ
コンピュータガイドシステム


「コンピュータガイドシステム」とは、インプラント治療の際にCT検査で得られたデータをコンピュータで再構築し、あごの形態、骨の質などを解析するシステムです。
インプラントシミュレーションシステム、コンピュータ支援システム、CT画像解析ソフトなどとも呼ばれています。
また、どの大きさや長さのインプラントを使用すればよいか、インプラントをどの位置に、どの方向に埋入すればよいかなど、実際のインプラント埋入手術を再現でき、的確な手術をおこなうための手助けとなります。

当院では、CT検査をおこない、コンピュータガイドシステムを用いて正確に治療計画をたて、インプラント治療に役立てています。


コンピュータガイドシステム
コンピュータガイドシステムを使用すると

・レントゲンやCTで得られる画像に比べると、より正確な治療計画を立てることができます。また、より安全で精度の高い手術をおこなうことができます。
・これまでできなかった難症例も治療可能となることがあります。
・歯肉を切らずにインプラントを埋入できる「フラップレス手術(無切開手術)」、インプラント埋入後,すぐに咬めるようになる「即時加重インプラント」も可能となります。
・患者様もご自身のあごの状態を、コンピュータ画像でご覧いただけます。
コンピュータガイドシステム


コンピュータガイドシステムを使用したCT検査の流れ

①提携医療機関にてCT検査をおこないます。
CT検査で得られたデータをコンピュータガイドシステムに取り込みます。
③コンピュータガイドシステムを使用して治療計画を立て、患者様へのご説明に使用します。


・フラップレス手術へ