■ OEのアドレス帳をExcelに取り込む

アウトルックエクスプレスを開きます。>アドレス帳を開きます。>編集>全てを選択>編集>コピー
としておいて、Excelを開きます。 そうしといて、任意のセルをクリックしてアクティブにして、
おもむろに、右クリックして>貼り付け

これだけで簡単にアドレス帳をExcelに取り込めました。

 

■ 受信メールの仕分け

OEの受信メールについては、ルールを決めておけば、送信者、タイトル、内容等の種類によって区分は可能。

OEを開いておいて、ツール>メッセージルール>メールと進み、メールルールのタブで、新規作成を選択。

1番2番のボックスで指定したことが、3番の窓に転記されるようにして出てくるので、3番の窓の青いハイパーリンクの文字をクリックして、それぞれに該当するものを入力して確定。

例えば、送信者に○○を指定し、タイトルに含まれる文字を▲▲、内容に■■と言う文字が含まれたら、特定のフォルダに移動するって具合。
この特定のフォルダはOEの右側に表示されている受信フォルダを右クリックして「フォルダの作成」で先に自分の任意のフォルダを作っておけばいい。

送信済みアイテムについては、この振り分けは不可。 全て「送信済みアイテム」フォルダに移動される。


■ メールに画像を添付する方法

@ OutolookExpressで、画像を添付する簡単な方法は、
     OutolookExpressと画像の入ったフォルダの両方を開き、メール本文に画像のファイルをドラッグするだけ。

A メールを起動しておいて、宛て先も入力したところで、メニューバーから、「挿入」(I)>添付ファイル(A)と進んで、画像ファイルのある場所を選択し、目的の画像をクリック。

B いきなり、ゼムクリップマークの添付 をクリック。

C または、メーラーを起動せずに、マイドキュメント等に保存してある目的の画像を右クリック>送る>メール受信者
これでメーラーが起動し、いきなり画像が添付状態になって、あとは件名と内容を入力するだけ。

  ほんと簡単に添付できちゃう。 と思うけど (~_~;)

 

■ メールプレビューを自動的に表示しない

 ウィルスに感染しないためにも、メールのプレビューを自動的に表示しないようにするには、
OutlookExpressを起動したら、メニューバーから、入りましょう。
 
 表示>レイアウト>プレビューウィンドウを表示する のチェックをはずす。
 これで、「プレビューを表示しただけで感染する」をクリアできる。 プレビューを表示しないからである。

 

■ IEで「ランタイムエラーが発生」

 IE で、「ランタイムエラーが発生しました。デバッグしますか?」が表示されます。 インターネットで、特定のページを表示させると「ランタイムエラーが発生しました。デバッグしますか?」というメッセージが表示されることがあります。 このエラーは、表示しているページに含まれる Java Script コードなどにエラーがある場合に発生しますが、ページの作者以外の人間がデバッグしても意味がないので、デバッグする必要はありません。
  このメッセージを表示させないようにするには、次の手順を実行してください。
Internet Explorer を起動し、[ツール]−[インターネットオプション] をクリックします。 
[詳細設定] タブをクリックし、ブラウズセクションの「スクリプトエラーごとに通知を表示する」のチェックを解除し、「スクリプトのデバッグを使用しない」にチェックを入れます。 

■ IE、OEのバックアップ

 インターネット接続の設定など、ほとんどの設定はファイルで移せない。多くの設定は自分で入力し直す必要がある。
 ダイアルアップ接続のアクセスポイントの電話番号は、エクスプローラを開き、「ダイアルアップネットワーク」を開き、契約しているプロバイダーのアイコンをダブルクリックで開く。
 「接続」のウインドウが開くので、そこに表示されている「ユーザー名」、「パスワード」、「電話番号」、「発信元」をメモしておく。  その情報を新しいパソコンに入力すればOKである。

 電子メールの情報は、Outlook Express5(以下OE5という)の情報は、元のPCでOE5を起動。
メニューから「ツール」→「アカウント」と選択。 「メール」タブを開き、保存したいアカウント名を選択。「エクスポート」ボタンをクリックする。
 ファイル名と保存場所を指定して「保存」ボタンをクリックすれば、アカウントの情報が拡張子が「iaf」の ファイルとして保存される。通常は、保存場所はFDにする。
 アカウント情報を保存したファイルを新しいPCにコピー。
 新しいPCでOE5を起動し、メニューで「ツール」→「アカウント」と選択。
 「インポート」ボタンをクリックし、コピーしたファイルを選択して「開く」をクリックすればよい。
 インポートできる情報は、ユーザー名、パスワード、電子メールアドレス、送信の際に利用するSMTPサーバー、受信の際に利用するPOP3などのサーバーの情報である。

■ メールのバックアップ

 C:→Windows→Application Data→Indentities→→Microsoft→「Outlookexpress」をコピーすればよい。

■ アドレス帳のバックアップ

 C:→Windows→Application Data→Microsoft→「Address Book」をコピーする。

 または、OutlookExpressを開いておいて、
 ツールバーのアドレスボタンをクリック>アドレス帳を開く>ファイルメニューのエクスポート>アドレス帳(WAB)
 >保存先の指定画面が表示される。>FDならFDを入れておいて、任意の名前を付けて保存。

  このとき、テキストファイル(CSV)形式で保存すると、Excelで加工も簡単に出来るので、(WAB)形式で保存するよりも利用価値が多いかも。
  Excelで編集が済んだ後は、保存するときに、CSV形式で保存する事をお忘れなく。
  
  

■ 家族で1台のパソコンを使う時,メールのプライバシーは守れるか?

 最も簡単にできる対策は、電子メールソフトのマルチユーザー機能を使うことです。
Windows98SecondEditionに付属のOutlookExpress5(OE5)なら、マルチユーザー機能を設定するだけで、家族各人のメールアカウントを個別に管理できます。
OE5の「ファイル」メニューから「ユーザー」→「ユーザーの追加」を選び、画面の指示に従ってユーザー名、パスワードなどを設定します。 すると、起動時にユーザーを選ぶ指示が表示されるようになります。
 起動後はその人だけの専用画面になるので,他人に内容を読まれることはまずありません。
注意が必要なのは、終了時。  必ず,OE5の「ファイル」メニューから「ユーザー」→「ログオフ」を選びましょう。 そうしないと、次に起動するときにパスワードなしで前回のユーザーの専用画面が表示されてしまいます。

■ 署名の作成方法

上級編事前準備
 デスクトップ上で右クリックし新規作成でテキスト文書をクリックする。
メモ帳が開くので、そこに作成したい書名を入力する。
 例えば、下記のように(実際にわしがメモ帳で作成して使用しているものをコピーしました)
e-mail (Pc)           :*****@*****ne.jp
e-mail (Phone)     :*****@jp-c.ne.jp
hot line                 :090-0000-0000
 入力が済んだら、ファイル(F)→名前を付けて保存(A)で、署名という名前をつけて、マイドキュメントにテキスト文書を保存する。 事前準備はここまで。
 次にOEを起動する。 メニューバーのツール(T)→オプション(O)とたどり、署名のタグを開く。 右側にある作成ボタンをクリックすると、署名に関する機能が選択可能になるので、一番下のファイル(F)にチェックを入れる。
 参照ボタンがデフォルトになるので、参照(W)をクリックする。
 先ほど作成した署名を探してWクリックすれば設定されるのでOKを押して閉じる。 その時に、最上部の全ての送信メッセージに署名を挿入するにチェックを入れておけば毎回新しいメッセ−ジを作成するたびに署名が自動的に挿入される。 チェックを入れなければ、新しいメッセージを作成したら、その作成しているときに、挿入(I)→署名とたどれば、自分の作成した署名が挿入される。 表示された署名のレイアウトが気に入らなければ、保存してあるテキスト文書ファイルを適宜修正すればOK。

一般編
 OEを起動する。
 メニューバーのツール(T)→オプション(O)とたどり、署名のタグを開く。
 右側にある作成ボタンをクリックすると、署名に関する機能が選択可能になるので、作成ボタンをクリックしてから、下から2番目のテキストにチェックを入れると右側の編集の窓がアクティブになるのでそこに自分の好きなように署名を入力する。
 上の署名の窓に署名1とか署名2の右に標準の署名ってつくでしょ。
 それがいつも自動的に挿入される署名になる訳よ。
 用途に応じて何種類も作成しておけば、変幻自在ってとこかな。
 2〜3回試してみれば分ります。いっぺんやってみてください。

■ オートコンプリート

 IEで、過去に入力したURL等を、最初の数文字を入力しただけで一致するものを表示して暮れる機能。
この機能はURLだけでなく、パスワードも記憶してくれる。
 非常に便利で省力化の機能だが、家庭や職場で複数のユーザーが1台のPCを共有する場合、数文字入力するだけで、パスワードがばれちゃってはセキュリティ面で問題ですよね。 そこで、、

オートコンプリート機能のオン、オフの切替
 
インターネットをやってる最中に、
  ツール>インターネットオプション>コンテンツと進み、次に表示された「オートコンプリート」ボタンをクリック。 その中の「フォームのユーザー名及びパスワード」のチェックを外す。 これでオートコンプリート機能がオフになる。
  更に、「オートコンプリート履歴のクリア」ボタンもついでに押しちゃおう。
  今後、パスワードを記憶しなくなるだけで無く、過去に記憶したパスワードも消去してくれる。
  安心、あんしん。

■ オートコンプリートの活用

  エクスプローラでオートコンプリートを活用しよう。
 
IEのオートコンプリート機能がオンになっている状態なら、エクスプローラでもその機能が使えるよ

■ 迷惑メールをブロックする

 Outlook Express5をメールソフトとして使っているなら、受信トレイの中で拒否したい送信者からのメールを選択し、「メッセ-ジ」>「送信者の禁止」をクリックする。 次回からはその送信者からのメールは自動的に「削除アイテム」フォルダに転送される。 送信を禁止したメールアドレスは、「ツール」>「メッセージルール」>「禁止された送信者の一覧」で確認できる。
 また「ツール」>「メッセージルール」>「メール」 から開くダイアログボックスでは、メールのタイトルや本文中のキーワードなどを指定して、それに合致したメールを自動的に削除するように設定できる。

■ CC: とBCC:の違い   「Outlook Express」の場合

CC:  カーボンコピー
 同じ内容のメールを複数の宛先に送る場合は、「宛先:」(TO:)欄に複数のアドレスを半角カンマ「,」で区切って必要な分だけ記入すればよい。 しかし、Aさんに出すメールを念のためBさん、Cさんにも送っておきたい場合は、宛先欄ではなく、「CC:」欄に記入しよう。 「CC:」欄にも複数のアドレスが記入できる。 これは、受けとった側からすると、自分のアドレスが宛先欄に書かれてあれば自分宛てのメール、
「CC:」欄に書かれてあれば、参考程度に見ておけば良い事が分る。

BCC: バックカーボンコピー
 上記の「CC:」欄に書かれたアドレスは、メールを受取った人全員に分ってしまう。 自分の顧客全員に「CC:」欄に記入して送った場合アドレス帳をばら撒くことになる。 まずい。
 誰にメールを送ったか受取った相手に知られたくない場合は、「BCC:」欄に記入する。 受取った側のメールにはBCC:欄がないので誰と誰にカーボンコピーが送られたかは分らないのである。 しかし、それでも宛先欄には誰かのアドレスを入力しなければならないので、ここには自分のアドレスを入力すればよい。

■ 履歴を残さない

 IEを起動している間に、メニューバーから「ツール」<「インターネットオプション」<「詳細設定」タブからセキュリティの項目の「ブラウザを閉じた時「Temporary Internet Files」フォルダを空にする の項目にチェックを入れる。
 あるいは、「全般」タブの中の「履歴のクリア」ボタンをクリックしておく。


戻る