金持ち投資家 × 貧乏投資家 > 株式投資 > 新規公開(IPO)株

新規公開(IPO)株


■IPOとは

IPOとは株式市場に未上場の会社が新規に株式を公開することです。新規公開株などとも呼ばれます。
投資家は公開前に証券会社から抽選で公募価格でIPO株を購入し、公開後に株式市場で売買ができます。

■IPOはお得?

IPOは公開前に証券会社に購入してもらい、それを投資家に売りさばきます。この時の価格を公募価格といいます。この価格はブックビルディングという方法で決定しますが、この価格はある程度、低めに設定します。

証券会社にとっては、株式を全部売りさばかなくてはいけないし、公開する企業にとっても、多くの株主を必要とするためです。そのディスカウント率は20〜30%とも。(そうでないものもたくさんありますが。)

公募価格より低い値段で初値(市場上場後の初めての値段)がつくことはほとんどなく、初値が公募価格の2倍、3倍ということも多々あります。
これがIPOはお得と言われる理由です。

■IPO購入手順

IPOを手に入れるための手順を以下に説明します。

・証券会社に口座を開く
IPOは上場する企業毎に担当する証券会社(引受証券会社)が決まっています。通常、主幹事とその他の複数の証券会社が行います。証券会社毎に販売する株数(引受株数)が決まっていて、引受株数のある証券会社に口座を持っていないと応募できません。ネット証券も多くのIPOを取り扱っています。

・ブックビルディング参加
まず、主幹事証券が仮条件(公募価格の基準となる価格帯)が発表されます。その価格帯の中で自分はいくらで買いたいかを申告します。これをブックビルディングといいます。
ブックビルディングから最も需要のある価格で公募価格は決定します。

大雑把に言って、仮条件の上限で決まった場合は人気があって、そうでない場合はあまり人気がないと判断できます。

・当選決定
IPOは人気が高いので、ブックビルディング参加者全員が購入することはできません。公募価格決定後、公募価格以上を申告していた人の中から抽選で決定します。

■IPO購入時の注意

・目論見書
IPO時に会社の事業内容や業績などが載っているので、必ず確認するようにしましょう。
また、大株主は誰か、ロックアップ(既存の株主が上場後の売却できない期間)の有無、公開株数などもとても大事な要素のひとつです。

・仮条件
ブックビルディングの期間や価格帯を確認して必ず申告しましょう。

・当選発表
当選したら、決まった期間内に購入の意思表示をしましょう。

■IPO関連書籍