金持ち投資家 × 貧乏投資家 > 米国株 > アメリカの株式市場

アメリカの株式市場


■世界経済の中心

米国と言えば世界一の経済大国。
株式市場においてもその影響力は大きく、前日のアメリカ市場の動きが日本市場に大きく影響します。

ニューヨーク証券取引所(NYSE)やナスダック市場(NASDAQ)には、アメリカ国内にとどまらずグローバルにビジネスを展開している有名企業や、新しいビジネスモデルの構築に成功した優良成長企業など、日本企業にはない魅力をもった銘柄が数多く上場しています。


■米国株式市場の特徴

・株式市場
株式市場は2つあり、NYSEにはコカコーラやIBM、ディズニーなどが、NASDAQにはマイクロソフトやヤフー、インテルなどが上場しています。

株式市場 売買方法 特徴
NYSE オークション方式 伝統的な大企業が多い
NASDAQ マーケットメイク制 ハイテク・バイオなどの企業が数多い

・取引時間
取引時間は午前9:30から午後4時まで。間の昼休みはなし!これが米国市場です。
(日本時間23時30分〜翌朝6時)

・売買単位なし
単位株という制度がないので、1株から購入可能です。

・値幅制限なし
値幅制限がないので1日で倍になったり、半分になったりする可能性があります。

・ティッカー
企業コードではなくティッカーと呼ばれる企業名に近いアルファベットで売買します。