かおる眼科クリニックロゴ

かおる眼科クリニック 診療案内


 

眼科全般をはじめ、糖尿病や高血圧に伴う網膜症の治療に対応するレーザー設備もあります。眼鏡・コンタクトレンズ処方、緑内障の検査、逆さまつげや、ものもらいの手術も随時行っています。また学童期の視力についてもお気軽にご相談下さい。

高野馨画像10

- 眼科全般 -

   日頃の眼疾予防および治療

   急性疾患の診療

   眼底検査、視野検査

   学童期の視力障害の診察

   レーザー治療・・・糖尿病、高血圧などでの眼底出血や網膜剥離裂孔の治療

   外眼部手術・・・まぶたの怪我、ものもらい、さかさまつげの手術等

   コンタクトレンズ診療

 

 

 


 

  目の構造、眼病の症状と予防・治療法  

 

 ものが見えるしくみ 

目の仕組み画像解説

目に入ってきた光は角膜(かくまく)、続いて水晶体(すいしょうたい:目のレンズに相当します)を通って屈折され、眼球奥にある網膜(もうまく:カメラに例えるとフィルムに相当します)に到達します。網膜上でピントが合うように水晶体の厚さを調節してものが見える構造になっています。

 

眼病と主な症状

近視

 

近視とは、眼球内に入った光が網膜より手前で焦点を結ぶため、網膜にピントが合わなくなる状態を言います。原因としては @角膜から網膜までの長さ(眼球の長さ=眼軸長)が正常よりも長い場合もあれば、A角膜や水晶体の屈折力が大き過ぎる場合もあります。前者@を「軸性近視」といい、後者Aを「屈折性近視」と呼びます。

図解へ近視画像解説へ

 

遠視

 

目の調節をしない状態で、遠くから入ってきた光が網膜よりも後でピントが合ってしまう状態です。近距離はもちろん、遠いところを見る際にも調節の努力をしないとハッキリと見えないため、遠視の方が近視に比べて、より疲労度が高くなります。そのため目が疲れるだけでなく、頭が痛い、あきやすい、根気が続かない、といった症状が出る事もあります。

図解へ遠視画像解説へ

 

老眼

 

『老眼』とはいわば眼の老化現象です。加齢と共に近くの物が見にくくなる、と言う症状が現れてくることを指します。老眼になる前は、目の中のレンズにあたる部分:水晶体(すいしょうたい)の厚さを調節力により変化させることによりピント調節していますが、この調節が年齢と共に段々と衰えてきて老眼になります。時折『近眼の人は老眼にならない』という声を聞きますが、近眼の方は老眼になると遠方用のメガネを外せば、近くが良く見えるようになるだけですので、遠くが見える近視用のメガネをかけたままではやはり近くが見にくくなります。

図解へ老眼画像解説へ

 

白内障

 

目の中のレンズ:水晶体が濁る病気が白内障です。水晶体が濁ることにより、視力が低下して『かすんで見える』『明るいところへ出ると眩しく見にくい』『どんなに調整しても眼鏡があわない』 『ぼやけて二重、三重に見える』と言った症状が出ます。

図解へ白内障画像解説へ

 

緑内障

 

緑内障は「目の成人病」とも言われ、中途失明原因の上位を占めている怖い病気です。発症率は40歳以上17人に1人とまで言われていますので、日頃から眼の健康管理を意識し、定期的に検査を受けられるようお勧めします。

- 緑内障 -

緑内障(あおそこひ)は目の神経(視神経)が障害される病気です。視神経が障害されると見える範囲:視野が段々と狭くなり、ついには失明してしまうこともあります。 緑内障は眼圧(眼の硬さ)が異常に高くなると起きると考えられてきましたが、最近では眼圧が正常であっても緑内障になる人が増えてきています。 緑内障で視野が狭くなってきても、最初にうちは自覚症状がありません。気付いた時には既に病気が進行していることが多く、しかも一度障害された視神経は元には戻りません。

図解へ緑内障画像解説へ

 

- 緑内障を見つけるために -

●眼圧検査・・・目に空気や器具を当てて圧力を測定します。

●眼底検査・・・視神経乳頭と呼ばれる、視神経が集まっているところを観察する検査です。

視野検査・・・視野全体の中の見える部分と見えない部分を調べます。これにより患者さんには自覚症状の無い初期の段階で緑内障を発見します。

 

- 緑内障の治療 -

緑内障の治療とは『病気がそれ以上進行しないようにすること』です。先にも述べた通り、緑内障により一度障害された視神経は元には戻りません。つまり初期のうちに治療を始めるほど、長く良い状態を保つことが出来るわけです。

 

- 療法 -

●薬物療法・・・眼圧を下げるために目薬や飲み薬で治療します。急いで眼圧を下げなければならないときには注射薬が投与されます。

レーザー治療と手術療法・・・緊急に眼圧を下げる必要のある場合や、薬だけでは効果が十分に得られない場合にはレーザー治療や手術が行われます。

 

 

高野馨画像11


杉並区医師会ロゴ杉並区医師会

 Copyright © 2004 かおる眼科クリニック All rights reserved