勝又晃

勝又 晃     かつまた あきら

テノール


国立音楽大学卒業。田口興輔、故 中山純一、南條年章、松谷和紀、カルラ・ヴァンニーニ 各氏に師事。
日本オペラ振興会オペラ歌手育成部修了。'90〜'93渡伊。ミラノ音楽院にて研鑽を積む。
第14回太陽カンツォーネ・コンコルソ第2位。第19回イタリア声楽コンコルソ入選。

オペラでは、プーランク「カルメル会修道女の対話」(騎士フォルス)、「椿姫」(アルフレード)、「蝶々夫人」(ピンカートン)、「トスカ」(カヴァラドッシ)、「こうもり」(アルフレード)、「カルメン」(ドン・ホセ)、「ラ・ボエーム」(ロドルフォ)、「魔笛」(タミーノ)、「ナブッコ」(イズマエーレ)、手塚治虫原作 青島広志作曲オペラ「火の鳥」、永井荷風作 歌劇「葛飾情話」等に出演。
特に2003/04年 岡村喬生演出・総監督=みんなのオペラ=「蝶々さん」では、2年連続ピンカートン役を、2005年 同オペラ「魔笛」ではタミーノを好演。尚、それらの公演はDVDにて発売された。
イタリアではジェノヴァ市にて国際船と海の博覧会コンサート、ミラノ近郊ガッララーテ市主催によるオペラコンサート等イタリア国内他 多数のオペラ、コンサートに出演。
帰国後、東京都庁にて東京our's96、1998/99年 富士山国際音楽祭、2004年 長崎出島音楽祭にて漫画家・声楽家の池田理代子女史と共演。2006年 仙台クラシック・フェステイバル 等に出演する。「第九」「メサイア」ドヴォルザーク「スタバト・マーテル」等のソリストを務める。