結婚相手紹介サービス 東京   ”お見合い”という”出会い”   東京のお見合い・結婚相談所;全国仲人連合会

親切な結婚良縁相談室 全国仲人連合会大田区支部
東京の結婚相談所:全国仲人連合会の特徴 結婚相談所のお見合いの流れ お見合い・結婚相談所 東京 入会の手続き 全国仲人連合会大田区支部 地図・料金 お見合いの心得

<東京都内のお見合い・結婚相談所/全国仲人連合会>

国勢調査に基づく未婚率の推移(5歳単位)

最新2015年の未婚率データはこちらへ

男 性 平成12年 平成17年 平成22年 女 性 平成12年 平成17年 平成22年
25〜29歳 69.4% 72.6% 71.1% 25〜29歳 54.0% 59.9% 59.9%
30〜34歳 42.9% 47.7% 46.5% 30〜34歳 26.6% 32,6% 33.3%
35〜39歳 26.2% 30.9% 34.6% 35〜39歳 13.9% 18.6% 22.4%
40〜44歳 18.7% 21.9% 27.9% 40〜44歳 8.6% 12.2% 16.6%
45〜49歳 14.8% 17.3% 21.5% 45〜49歳 6,3% 7.9% 11.7%

※男性と女性の未婚率を比べてみると、男性の方が未婚率が高いことがわかります。
 これは、男性の人口の方が多いからです。 15歳以上の未婚者は男性の方が約350万人多い。
 (いまは年齢別のデータがまだ出ていないため、15歳以上というデータでしかわかりません。)

※34歳までは5年前と比べ横ばいですが、35歳以上の未婚率は上昇しています。
 私の考えでは、男女共人生経験が長くなると人を見る目が厳しくなり、その結果相手に対する理想が高くなるからではないか、、
 そんなことを思いました。 これは、相手も同じだということをよく考える必要があります。
 若い人はある意味、結婚観に対して柔軟性が高い。
 人生経験の多い人は、自分のライフスタイルに合う相手を求めるからではないでしょうか、、、そこから入るとなかなか大変です。
 「結婚」はお互いに相手を尊重しないと成り立ちません。 「結婚」は新たなスタートです。 
 
未婚率の推移を1920年から見てみると下の表のようになります。
(25〜29歳、30〜34歳、45〜49歳と50〜54歳未婚率の平均値の3つのグラフです。)


男性の未婚率推移の分析
 
各年代の未婚者が5年間でどれ位結婚したか? それを概算ですが、算出しました。

※国勢調査は5年に1回ですので、平成17年に25〜29歳の方は平成22年には30〜34歳になっています。
 その5年間での未婚率の差し引きから結婚した人の割合を出し、5年前の未婚率からみて結婚した人の割合を算出しました。
 これは実数から出していませんので、あくまで概算です。

平成17年 5年間の推移 平成22年 差し引き 5年間に結婚した人の未婚者での割合
25〜29歳 72.6% +5歳/30〜34歳 46.5% 26.1% 26.1÷72.6=  36.0%
30〜34歳 47.7%     /35〜39歳 34.6% 13.1% 13.1÷47.7=  27.5%
35〜39歳 30.9%     /40〜44歳 27.9% 3.0%  3.0÷30.9=  9.7%
40〜44歳 21.9%     /45〜49歳 21.5% 0.4% 0.4÷21.9=    1.8%
45〜49歳 17.3%     /50〜54歳 17.2% 0.1% 0.1÷17.3=    0.6%

   ※差し引きの数字は、既婚者も含めてその年代全体から見た、5年間で結婚した人の割合です。
     それをその年代の未婚者全体から見た割合に変換したのが右端の欄です。
     年齢が上がれば上がるほど結婚するのが難しくなっていくのが見てとれます。
     もちろん全員が結婚する意志を持っているわけではないので、あくまで傾向値として捉えて下さい。


女性の未婚率推移の分析

平成17年 5年間の推移 平成22年 差し引き 5年間で結婚した人の未婚者での割合
25〜29歳 59.9% +5歳/30〜34歳 33.3% 26.6% 26.6÷59.9=  44.4%
30〜34歳 32.6%     /35〜39歳 22.4% 10.2% 10.2÷32.6=  31.3%
35〜39歳 18.6%     /40〜44歳 16.6% 2.0%  2.0÷18.6=  10.8%
40〜44歳 12.2%     /45〜49歳 11.7% 0.5% 0.5÷12.2=    4.1%
45〜49歳 7.9%     /50〜54歳 7.8% 0.1% 0.1÷7.9=     1.3%

※女性の方が未婚者の中で、この5年間で結婚した人の割合が多いのは、先にも触れましたが、男性の方が
 女性より人口が多いこと、つまり分母が大きいから、全体からみた割合としては少ないということです。
 ただ、女性も35歳を過ぎるとなかなか難しいことを、なかなか大変だということを、この表は示しています。



「誰かいい人が現れたら、、、」
と思っているだけでは、先へは進みません。

知り合いに紹介してもらうのも結構ですし、何かサークルに入って交際範囲を広げるのも一つの方法です。
それがなかなか難しかったり、時間的にスピードアップしようと思うなら、結婚相談所を検討してみては、、、

全国仲人連合会には、本気で結婚したい方々だけが登録されています。
何もしなければ結婚できない時代になっています。
全国仲人連合会への登録は結婚への近道であると確信しています。

※競争に勝つには、まず知り合うチャンスを広げることが第一歩です。
  知り合えなければ、何も進みません。

本の紹介 「婚活」時代  ”「婚活」時代”の書評


参考にした資料  平成22年国勢調査抽出速報集計結果

前回の調査結果(更新前) 

結婚したい独身を応援したい方は  支部開設Q&A

お見合いの心得に戻る   結婚相談所 東京サイトTOPへ サイトマップ sitemap

結婚相談所 東京の結婚相手紹介サービス


<東京都内のお見合い結婚相談所;全国仲人連合会・大田区支部> 
Copyright(C) 2004 東京の結婚相談所 全国仲人連合会大田区支部 All rights reserved.