育児上の悩み

 育児上の悩みには、困りごと、心配ごとおよび育児不安がありますが、育児上の悩
みを育児不安と言っていることもあります。
 なぜ、お母さんは(両親)は育児について悩むのでしょう。
 悩むのは、現在の育児環境と密接に関係しています。
 現在の育児環境のキーワードは、少子化、核家族化、孤立化、就労婦人の増加およ
び子守の経験のない親達です。
 育児について相談できる祖父母と同居してない、また隣近所にも相談する友達がい
ない、子どもの数が少ないので子守を経験したことがないから、子ども、特に赤ちゃ
んにどのように付き合ったらよいかもわからない。やることは全て初めての経験です。
 赤ちゃんの世話はこれでいいのかな、いやもっといい方法があるのではないかし
ら、とんだ間違いをおかしているのではないかと、お母さん(両親)は考えれば考え
るほど、戸惑い、困り、また心配になります。
 この心配ごとが、一日中頭を離れなくなり、夜も眠れなくなると重症の育児不安と
なります。
 でも、この悩みごとは、相談される側(かかりつけ医や保健師など)からみると、
些細なことやつまらないこと、育児の常識的なことが多いのです。
 しかし、本人(お母さんや両親)からみると、心配で、心配でいても立ってもいら
れないことです。
 お母さん(両親)からみると、どのようなことがよくみられることで、普通は心配
ないことかわかりません。
 育児相談で訴えられた普通は心配ない育児上の悩みを、月・年齢別にあげてみま
しょう。
 この中にあること、或いは似たようなことは、まず心配ないことです。今晩(今
日)急いでかかりつけ医を受診して、相談しなければならないことではありません。
 明日、または休日明けにかかりつけ医や保健師さんと相談して下さい。
 治療を受けるにしても、受診した日に治療を受けたり、専門医に紹介されて解決し
ます。

 育児上の悩み(月・年齢をクリックして下さい)

1)1か月まで
2)1〜2か月まで
3)3〜5か月まで
4)6〜8か月まで
5)9〜11か月まで
6)1歳前半
7)1歳後半
8)2歳
9)3歳
10)4歳
11)5〜6歳

 育児上の悩みの例と答え(年齢をクリックして下さい) 1)乳児期から1歳前半頃まで
2)1歳後半頃から2歳児
3)3歳児
4)4歳児
5)5〜6歳児

 これらの育児上の悩みはよく見られることで、普通は心配ないことですと言われて も、やはり心配です、不安ですと言うお母さん(両親)もいます。  次のように今晩(今日)はお考え下さい。  同じ育児上の悩みでも、心配になったり、不安になったりするお母さん(両親)も いますが、何とも思わないお母さん(両親)もいます。  例えば、育児相談で、1〜2か月の赤ちゃんで「おならをするんです」と心配そう に聞くお母さんがいます。「心配いりません」と言うとすぐ納得するお母さんもいま すし、気にして騒ぐお母さんもいます。  2歳児で「自分の思い通りにならないと、大泣きして暴れます」と心配して聞くお 母さんがいます。「それは発達段階で見られることで当たり前のことです」と話す と、すぐ納得するお母さんもいますが、気になって、気になって困るお母さんもいま す。  また、子どもの泣き方によっても、いつまでも大泣きするとか、すぐ泣き止むとか によっても、お母さんの心配の程度は違ってきます。  親の性格、知識、期待度や環境などと、子どもの気質、発達の程度、環境や親子関 係などとの組み合わせによっても、一寸した困りごとで済む場合もあるし、育児不安 に落ち込む場合もあります。  普通は心配ない育児上の悩みでも、お母さんやお父さんがやはり心配で困る時は、 明日、かかりつけ医を受診しましょう。 目次に戻る,, ご意見やご連絡のお手紙はこちらまで。 または、e-mail:chibaryo@jb3.so-net.ne.jpでご連絡ください。