2007.07.03
「佐藤錦」
     
プレゼント社の大家さんから、「佐藤錦」を頂いたその日、私は「佐藤錦」を買っていた。
だから、我が家は「さくらんぼ贅沢」をしてる。好きなだけ食べちゃう、嬉しい。

毎日毎日、あっという間だ。
世の中、夏のセールもあっという間に始まった。
「楽天kitt」でも少しだけセールをします。少しだけ・・お恥ずかしながら・・って感じです。
ご常連様には、「ずっと前に見たことある」とか「まだあったか!」とか言われそうな商品です。
しかし、私は結構気に入ってます。ので、今週末のSHOPページ更新をお楽しみにしていてください。安いです。

プレゼント企画をやっております。皆々様、ふるってご参加ください。

過去の「スイーツ日記」

2007.07.02
「佐藤錦」
     
プレゼント社の大家さんから、「佐藤錦」を頂いた。甘くて瑞々しく、美味しい。
たくさんもらったので、いくつ食べてもなくならない。さくらんぼは絵的にも可愛い。

電車のお供に「夢のように日は過ぎて 」を読んでいた。田辺聖子著。
主人公は、美しい35歳・独身・タヨリさんで、数日一緒に過ごせて楽しかった。
「30代で独身でも、夢を持ってて、じっくり人生楽しんでる女は、みな女の子である」と言う
とても元気な小説なので、女子である毎日にくたびれてる人には何よりいいクスリ。
女子をサボってはいけません!と同時に「人間商売」しっかりせねばって
ちゃんと朝ごはんを食べようって気になる小説。
なんだかダルダルな梅雨時期に、ぴったり。

夜、プールでウォーキングしてる時に見える月がとてもキレイ。
通ってるジムは、新しくはないが、空がたくさん見えるので良い。
2007.07.04
南葉山 プリンショップ・マーロウ 「プリン」
     
只今、プレゼント社は逗子・葉山方面のグルメマップ制作中。
毎日、誰かが逗子・葉山方面へ取材に出かけている。
 
今日は、ナオちゃんが朝から1日葉山へ。
お土産に、美味しいと評判のプリンショップ「マーロウ」のプリン。
19種類のプリンが売っていて、カフェもあるのだと。
器は、パイレックスの、特注で作ったビーカーに入っている。
 
私が食べた「北海道フレッシュクリームプリン」は、なんと787円。お高いプリン。
ナオちゃんが、雨の中、5人分の重いのを持って帰ってきてくれたので
美味しさも倍増だったけど、お取り寄せをしてみてもいいかなって思ってメニューを眺めてる。
 
まだまだ、逗子・葉山方面への取材があって、その下準備、お店情報や地図を出したりしてたら
ちょっと詳しくなった。見晴らしのいいイタリアン、行きたいレストランがいくつか見つかった。
だけど、逗子は五反田からは1時間なのに、中央林間からは1時間30分かかる。行く日は遠い。
2007.07.05
逗子駅 she see sea 「マドレーヌ」
     
逗子の取材へ行ったシャチョー様のお土産「マドレーヌ」。
駅構内にあるスィーツのお店「she see sea」で、たくさんのOLさんがお買い物してるのを見かけ
つい買ってきたと言う。手作り感のある焼き菓子、お値段お手ごろだし、売れるの分かる。

今日はプレゼント社にて、1人で留守番。
ウッちゃんは水上温泉、ナオちゃんは盛岡、シャチョーサマは逗子で、それぞれ取材。
全国あちらこちらへ跳び回る、常に忙しいプレゼント社に、来週から新入社員がやって来る。
留守番の私は、新しいデスクの用意や配線、やる事いっぱい。
朝顔の棚も作りたいし、宇宙芋のツルもどうにかしたい。
そして、キョウコちゃんちのパパイヤが優秀で、たくさん発芽してきた、間引いてあげないと。
五反田ライフは忙しい。

さてさて、サマーセールのページを更新しました。少しですが、ご覧ください。
2007.07.07
「Bergamotes de Nancy」
     
フランスに住むイモウトから旦那さんへ贈り物、「Bergamotes de Nancy」。
イモウトが住むナンシーの銘菓であるという「ベルガモットの飴」は
ベッコウ飴みたいな色で、平たい四角、パッケージから何から可愛らしい。
ベルガモットは、アールグレーの香り付けに使う柑橘なので、香りの良い紅茶をなめてるみたいな味がする。

旦那さんは気に入って、自分の鞄に大量にこの飴を入れて、気付くとなめている。
昼間、食事に行った「FOB-COOP」の女の子達に、おすそ分けしていた。
可愛いものを皆にも知って欲しい少女みたいだった。

イモウトから写真も届き、オリビエとの2ショットもあった。さすが195センチは大きいなぁ。
写真に写るイモウトが着ているジャケットは1%のだ。私のだ。貸してあげたが戻ってこないアレだった。
2007.07.09
小岩井農場 「たまごケーキ」
     
先週末、プレゼント社のナオちゃんが「宮沢賢治で行く盛岡・小岩井の旅」の取材で1人出張。
ナオちゃんより12歳お姉さんの私は女子1人旅が心配で
出張中、ホテルに着いたら、小岩井のランチタイム、東京駅に着いたら、の3回
メールをするようお願いした。しかし、小岩井では、ほとんどの場所で電波が入らず
しかも人に会わず、「熊危険!」の看板を見ながら、賢治の世界を堪能していたらしい。

取材資料として数冊買った賢治の童話「オツベルと象」 を借りて読んだ。ブラックで面白い。なんだか黒いのだ。
人気の秘密はココだな。

小岩井農場のお土産は「たまごケーキ」。しっとりベイクドチーズケーキのよう。
皆の分を切り分けながら、パクパク食べてしまい、キレイな形で写真を撮るのを忘れてしまった。
2007.07.10
新杵 「くず桜」
     
日曜日に旦那さんの実家へ夕飯をごちそうになりに行った。
食後のデザートは、中央林間で買った「くず桜」。
葛のお菓子は大好きだ、夏の和菓子屋さんはとても綺麗。

旦那さんの甥っ子・U太に本を借りた。森見登美彦著「夜は短し歩けよ乙女」。
前回会った時に、最近面白かった本は「夜は短し・・・」だと聞いていた。
U太と私は同じ小説を読むけど嗜好が合わないし、1,500円するので
書店で手にするけど買わないでいると言ったら、持っていると言うので借りてきた。
来週発表される直木賞候補にもなっているのだが、「これは取らないな」と思いながら読んでいる。(失礼)

あさってから、毎年恒例の早めの夏休み、奄美旅です。
今年も皆様、「奄美飯」をよろしくお願いします。可愛がってください。
2007.07.11
逗子・珠屋 「ピーチロール」
     
プレゼント社のシャチョー様が逗子へ取材に行ったお土産「珠屋のロールケーキ」。
シャチョー様が興奮気味にお土産を持って帰って来た。
珠屋は数日前に取材をしていて、今日は社内のおやつを買おうと「珠屋」に寄って
「先日はお世話になりました」ってロールケーキを買ったら
なんと長さ30センチ以上の常温保存が出来る「ジャムロールケーキ」をお土産にくれたそうだ。それは、スゴい。

お昼には、やはり数日前に取材した「ココット」で食事をしたら、「お代はいらない」って。
スゴいよ、逗子。サービス精神がとても高い。そんなサービス、なかなか出遭わない。
海が近いから、イタリアンのお店は新鮮食材を使った料理がびっくりプライスで食べられるとも言う。
プレゼント社の作る逗子・葉山グルメマップをご覧になって、皆様、ぜひお出かけしてみてください。

私は明日から奄美へ旅行です、ひと足早く夏休みを頂きます。
私が奄美へ行ってる間、天気予報に「晴れマーク」がひとつもありません。
「台風ギンザ」と呼ばれる奄美で、台風中継いたします。応援よろしくお願いします。
2007.07.17
水間黒糖 「黒糖」
     
台風直撃の奄美大島から帰ってきて、こちらは朝からじっとりとした梅雨天気。
1日眠っていたいような朝にぴったりのスィーツ、水間黒糖
昨日、奄美空港に向かう途中で「水間黒糖工場」(小さな古い一軒家)に寄ったのですが
お休みでした。「出来立て黒糖、食べたかったなぁ」って思ったら、奄美はお任せの「あげげ」が
「飛行機に搭乗する所にある売店で売ってるかもです!」って教えてくれて、買えたのでした。
あの売店、ぎりぎりに飛行機に乗り込む私たちでは、気付きません。さすがだ、「あげげ」、頼もしい。

水間黒糖、食べやすい。
黒糖を使ったスィーツって濃厚になるけど、生の黒糖ってさっぱりしてる。
帰りの飛行機でも、ムライさんとお喋りしながらパクパク食べた。
そうそう、バカンスに大活躍したムライさん、今日は仕事帰りに「パスタ教室」だったそうです。
さっきメールが来て、笑いました。次回の奄美飯では、手打ち麺をお披露目してもらおう。

奄美で会う皆さんに、「なんでこんな天気に来たのかなぁ・・」
「奄美から青い空、青い海を取ったら、なんにもないよ」、「天気のいい日に美しい海を見に来てよ」って
言われました。だけども、曇り空でも十分に美しいです、奄美大島。
泊ったホテル「マリンステーション奄美」の部屋から眺める景色、露天風呂からの海とカケロマ島
カヌーで回ったマングローブ、車から見える海や緑、どれもうっとりしましたよ。

今回の「奄美飯」無事終了。ご覧いただき、コメントくださり、ありがとうございました。
「奄美飯を見てたら島へ行きたくなった」と思った方、ぜひ行ってみてください。奄美の夏は長いです。
2007.07.18
奄美のお土産 「黒糖さんご」
     
今日のプレゼント社でのお仕事。
市ヶ谷にある大きな会社へ行って、書類にハンコをふたつ押してくる。
それだけで、あっという間に、数秒で、終わるのだけど、とても重要なお仕事。
夕方、ジャングル化した朝顔をどうにかしたいなと思いながら、市ヶ谷へ出かけた。

その仕事が19時に終わり、そのまま永田町経由で帰ってきた。
さすがは永田町、帰りの電車にはキレイなカッコをしたOLさんがいっぱいだ。
1日の仕事が終わったのにメークがくずれてないし、ネイルも「控え目色」がスキなく塗られてる。
麻のジャケットや、ストライプのシャツ、柔らかい素材のブラウス、感心しながら観察した。

プレゼント社での今日のおやつは、奄美空港で買った「黒糖さんご」というサクサククッキーと、ピーナツの甘納豆。
お土産に忘れないよう買おうとしてたコニヤのかりんと、今年も買い忘れた・・すっかり忘れた。
2007.07.19
「パッションフルーツ」
     
今日は父・正夫氏と銀ブラ。
渋谷での歯の治療を終えると、「お昼は新橋の天國にしよう」と言う。
以前、私が渋谷からひとつめの表参道でランチにしようと提案した時、「遠いからヤダ」と言ったくせに
渋谷から7つ目の新橋は「すぐだよ、すぐ」って言う。
父・正夫氏がティーンエイジャーから広告人生のたくさんの時間を過ごした地だから、近く感じるのだろうと思う。

父・正夫氏は「天國」で天丼を食べながら、窓の外に見える銀座のビルのあちこちが変わっていて
「天國」斜め前の「千疋屋」がなくなっている!とか大騒ぎしていた。

天丼のお昼ごはんを終えて、ソニービルへ行き、近ごろ父・正夫氏が凝っているカメラを見た。
来年、写真コンテストでグランプリを取るから、70万円のレンズを買おうか・・と思案していた。ハテナ?

昨晩、奄美から送ったパッションフルーツが届いた。ダッツのマンゴーアイスと混ぜて食べた。
ジュースにしたりジャムにしたりと、食べ方はイロイロあるけど、
ソースとして、アイスやヨーグルトと混ぜて食べると、手間がかからず美味しくなる。
2007.07.21
うかい亭 「プラムのシャンパンゼリー」
     
今日は父・正夫氏と母のルビー婚式。
結婚40周年のお祝いに、旦那さんと4人で近所の「うかい亭」でお食事。
つきみ野の住宅街にとつじょ現れるお屋敷は、明治時代のオランダ貿易商の迎賓館を、金沢から移築。
目の前にシェフが現れ焼いてくれるお肉ももちろん美味しい、その鉄板も輝いている。
邸内の美術品も見ごたえあり、きょろきょろしてしまう。

そんな素晴らしい場所でお食事なので、丹沢へ行くのも渋谷行くのもいつも同じ格好の父・正夫氏に
昨晩、「明日は着るものを気をつけるよう」電話した。気をつけた父・正夫氏は見たことないハデなシャツを着てきた。
お祝いなのでと、お店の人が記念撮影をしてくれて、すぐにカードにしてくれた。
それを見た父・正夫氏、自らを「ブラジルでコーヒー豆の生産に失敗して帰って来た人みたいだ」と
喜んでいた。まさにその通り、上手い例えだ。

デザートは2階のラウンジで戴く。
私は夏らしいシャンパンゼリーを選んだ。説明通り、舌にシュワシュワ。また食べたい。
2007.07.22
「パッションフルーツ」
     
パッションフルーツの美味しい食べ方。
皮がシワシワしてきたら食べ頃。冷して、半分に割って、スプーンですくって食べます。
種がカリカリ固く感じますが、気にせず食べます。
アイスクリームやヨーグルトにソースみたいにかけて食べるのもオススメです。

奄美のお土産、少なくてお恥ずかしいのだがと、いろんな人にパッションフルーツを送った。
35個入りの大袋を買って、手元に3個位残った。
ムライさんは70個買っていた。
お手元にいくつあるのか知らないが、もっと欲しいと言っていた。取り寄せしそうな勢いだった。

今日はさすがに休息したく、家でゆっくり。
長嶋有著「ジャージの二人」を読んで、更にのんびり気分。
2007.07.24
「フランスの種いろいろ」
     
フランスに住むイモウトから種入りの手紙が来た。
「自転車で10分も行くと絵に描いたような川が流れ、さくらんぼやミラベル、フランボワーズが実っています」
と、楽しそうなフランス田舎生活のお手紙。

同封の種は「中国菓子のような桃」の種、オリヴィエのママの庭に咲いていた南国チックな花の種
皮ごと食べるべきのアプリコットの種、グリオット、グロゼイユ・・
美味しかったスィーツなどの残りのおすそ分け、もちろんプレゼント社のベランダで育ててみますよ。

月曜日、プレゼント社で美味しいクッキーのおやつを食べたのだけど、写真が上手に撮れず。
その上、帰りの電車が遅れて、帰宅に2時間近くかかってしまって、昨晩はぐったり。
2007.07.25
「プレゼント社の5階から」
     
プレゼント社のベランダの朝顔がとても元気。
ツルが立派でぐんぐん伸びて、いくつも花をつけている。
だけども、私が出勤する時間には朝顔はもうしぼんでいて、朝顔ショットは撮れないなぁと言ってたら
大繁盛のご多忙で、本日も会社に泊ったシャチョー様が朝顔ショットを送ってくれた。

徹夜明けになめる飴玉とともに、スイーツ日記に使えるように撮ったとみた。笑った。
飴玉を朝顔のツルにからませて、横断歩道が写るように身を乗り出して撮影してる姿を
想像しない訳にはいかない。五反田の、あの交差点の5階で、朝からゴクロウサマである。

今日は「ブソル」と「1%」「ミニユ」の冬の展示会。
夏らしいジリジリギラギラした今日、真冬の服をじっくり選んできました。
「1%」はOLさんも着られるように落ち着かせてみたと言います。どうでしょう?ちょっと見てください
2007.07.26
「麩饅頭」
     
おにぎりみたいな麩饅頭、おにぎりのお昼ご飯の後に食べました。
今日は家で仕事です。お天気いいので、洗濯じゃんじゃんしながら、SHOPページの更新です。
NUDE:さんの秋ひとつめのTシャツアップしました、ご覧ください。
背中の文字は「"BIRD"という言葉の入った曲のタイトル」をプリントしたそうです。

NUDE:さんのTシャツ、色が上手に出せず、ごめんなさい。難しいな・・
このページの色が近いです。さっぱりしたブルーとピンクです。難しいわ・・

昨日行ったミニユの展示会風景。
ミニユは展示会場の雰囲気作りがいつも上手です。
すっかり、しっとり冬気分になります。
2007.07.27
相模大野 キハチ「スイカとココナツのゼリー」
     
トサカさんとシラトリちゃんと3人で、キハチのレストランでランチした。

昔からのkittのお客さんに「シラトリは、今、横浜ルミネのカルネで店長やってる」って言うと
「えっーあのシラトリちゃんがー!!」って「あんなに小さかったあの子がー」みたいな驚き方をされる。
そんなシラトリちゃんは30歳を目前に仕事を辞めて、宮古島へ移住する。
もう数日後、8月に入ったらすぐに飛ぶ。仕事も住居も決めてないけど
航空券片道切符で行ってきまーす!みたいよ。

今年2月に宮古島へ2泊3日の1人旅をして即決めたそうです。
なぜ、その時、宮古島を選んだのか分からないそうです、呼ばれたそうです、そんなもんです。
シラトリちゃんが、どんな島生活を送るのか楽しみです。ブログでもやって欲しいです。

仕事決まって、住むとこ決まって、ホントに島に長居してたら、遊びに行きます。
「ぐうたら」しに行きます。
2007.07.29
「ムライさんのお土産」
     
ムライさんが、どうしても渡したい植物があるからプレゼント社へ持っていくと
昨日の夕方、届けてくれた。
土から種が盛り上がり、芽が出て、ちょうど「でんでん虫」のような状態の
「ラカーン」という南国の果物の芽。
発芽状態の見頃をワールド料理教室の後、わざわざ届けてくれた。
南国果物の成長が良いプレゼント社で大きく育てます。

それと、70個買ったのに足りなかったと、奄美から再度送ってもらったいうパッションフルーツと
スパイシーなチャイのティーバッグをお土産にもらった。
今日、チャイをストレートでアイスにして飲んだら、ピリリと夏らしい紅茶で美味しかった。

今日は選挙に行った後、南林間から中央林間の歩いた事ない道を散歩。
エスニックなお店が多いこの地域、行ってみたいお店を2軒見つけた。
「炒飯のココナツ蒸し」(ココナツをくり抜いて炒飯が詰めてある)、「ソーセージ鍋」、食べてみたいわ。
2007.07.30
南林間 クドウ 「ラズベリーとチョコレートムースのケーキ」
     

昨日は参院選・投票日。
有権者の約半数が「選挙、興味ないんですよねー」とか「いれたい人、いないから行かない」とか言ってる
このご時世に 「頑張ってほしい人がたくさんいるから、政治に興味がある人には2票投票させて欲しいなぁ。
出来れば10票欲しいよ」とか、夕方からの雷雨に「あぁ、投票率が下がっちゃうよ」と日本の未来を心配する
貴重な日本国民が我が家にいる。

旦那さんの清き一票は政治に参加してる感が強い。選挙速報、真剣だ。
昨晩は落雷でTVが見られず、ラジオで速報を聞いていた。
私が疑問に思う程度の事は、即答できる旦那さん。政治に強い日本男児は意外と頼りになる。選挙も面白い。

19時頃からの激しい雷雨。
ピカッと光ってバリバリバリとの爆音に、私は「うわっ」って声をあげる。
旦那さんは「きゃん」って叫ぶ。とても頼りない。

選挙の帰りに南林間の「クドウ」の喫茶室でお茶をした。
由緒正しい上品な洋菓子、カップやグラス・カトラリーも繊細で、ちょっと久しぶりの大人のお茶の時間。満足。