譲渡契約書

 

譲渡者          を甲とし、

譲受者          を乙として、甲乙間で以下のとおり、譲渡動物の所有権の譲渡に関する

契約を締結する。

 

第一条 譲渡動物について

甲は下記の動物の所有権を、本契約書の内容を乙が遵守する事を条件に乙に譲渡する。

仮名(             ) 種類( 犬・ 猫・           その他         )

生後  年  ヶ月(推定)  カラー(          )     性別( オス ・メス ・不明 )

疾患(                                           )

備考(                                           )

 

第二条 譲渡について

    年  月  日から     年  月  日までをトライアル期間とし、その間に甲乙両者に異議がなければ期間終了をもって、甲は乙に正式に譲渡動物の所有権を譲渡する。

 

第三条 期間について

本契約の期間は、本契約日から、譲渡動物の死亡、もしくは乙の所有権の消滅までとする。

 

第四条 費用について

(1)本契約の締結の前および、第二条の期間に、獣医師に支払った医療費(以下、医療費とする)以外の費用については、甲乙共に請求しない。

(2)第二条の期間に、乙から甲へ譲渡動物の返還があった時、乙が医療費用を負担し、乙が甲の了承を得ていた場合は、実費を証明するもの医療行為を行ったと証明するものと引き換えに、甲は乙に費用を返却する。

(3)第四条(2)について、医療費発生の事由が乙の重大な過失の場合、双方協議の上で負担割合を決定する。

 

第五条 遵守事項について(乙)

乙は以下の項目を遵守しなければならない。

(1)屋内のみで飼育し、逃走防止のための管理を怠らない。適切な生活環境を与え、家族の一員として最後まで責任を持って飼育すること。

(2)譲渡動物の疾病及び怪我の予防等の日常の健康管理に努めるとともに、定期的にワクチン接種、健康診断をおこなうこと。疾病又は負傷した場合には適切な医療措置が講ぜられるようにすること。

(3)生後ヶ月を過ぎたら速やかに去勢・避妊手術を行う。

(4)殺傷、虐待、飼育放棄や保健所・愛護センターへの持込を行わない。

(5)失業、健康上の問題などにより飼育が困難になった場合は速やかに甲に連絡をする。

(6)譲渡動物が死亡した場合は、速やかに甲に連絡をする。

(7)住所、連絡先が変更になった場合は速やかに甲に連絡をする。

 

第六条 遵守事項について(甲)

甲は以下の項目を守らなければならない。

(1)第二条の期間に、乙から甲へ譲渡動物の返還要請があれば承諾する。

(2)住所、連絡先が変更になった場合は速やかに乙に連絡する。

 

以上の事項が守られない場合には、契約不履行として甲は乙に譲渡動物の返還を要求します。

本契約の成立を証するため、本書2通を作り、甲乙各自が記名押印または署名捺印の上、各1通を保有する。

 

 

 

年   月   日

 

(譲渡者)

氏名     

                    印

住所

電話番号

メールアドレス

 

 

(譲受者)

氏名   

                     印

住所

電話番号

メールアドレス

 

 

保証人(譲受者)

氏名   

                     印

住所

電話番号

メールアドレス