エンジェル

Hunting Ground

今は亡きコーディリア・チェイスが登場する、ダークホースコミックス時代のエンジェルの漫画。

Long Night's Journey

アルウィン第8シーズンに登場する半人半獣の神)に似た怪物が登場する。

Strange Bedfellows

コミカルな感じのグラフィックノベル。特に最終章、ブラで目隠しされた悪魔は笑える。

オムニバス

4つの長編が収録されている。

Blood and Trenches

モノクロで斬新。血の色のみ赤を使う。あとでよく見ると水色も使ってるね。

ペンシル画か水墨画みたいなタッチ。

After the Fall

First Night

Only Human

イリリアとガンの物語。少々気色悪い。

Lorne
テレビシリーズでローン役を演じたアンディ・ホーレット氏の死去に伴い企画された漫画。
不死身でムードメーカーだったローンの最期が描かれる。

Season11

第1話

読むかどうかは微妙だが...あらすじによるとエンジェルは再びヴィジョンに悩まされる。

おまけにダーラが復活。でもなんでクワガタがバンパイアになるんだよwww。

フレイ

23世紀のバンパイア・スレイヤーメラッカ・フレイが主人公。

巻末にスケッチ集があり、メラッカのモデルはナタリー・ポートマンであることが明かされている。

スパイク

オムニバス

ハルフレックとセシリーが同一人物であることがわかるエピソードがある。

でも彼女なんとなく依頼なしで事件を起こしているような気がするが。

Old Times

ハルフレックの恐ろしい過去が明らかに。彼女は敵兵(多分イギリス兵)に手籠にされた揚句、犯人の子を孕み自害したらしい。(そんなに詳しく書いてないがなんとなくわかる。でもいつの時代か?なんか英仏戦争の時みたいだが。僕、西洋の歴史に疎いので一度調べたほうがいいな。)

After The Fall

正義は消えず」のラストシーンからエンジェル「After The Fall」の第2章までの間に位置するエピソード。スパイクとイリリアがビバリーヒルズの貴族に昇格するまでのいきさつが描かれている。

登場人物

スパイク

バンパイア。

イリリア

フレッドの体に寄生するモンスター。

サンタモニカ卿

サメの顔を持つ男。スパイクとは腐れ縁。

ノン

人間をミイラ化する特殊能力を持った怪物。(恐ろし。)彼女はチャールズ・ガンの愛人らしい。

チャールズ・ガン

バンパイア。とにかくこの男は何がしたいのか。不必要に暴力をふるってる。

コナー

あらゆるところに出没するエンジェルの息子。

ジェレミー

スパイクの情報屋。

解説

このエピソードに登場する邸宅はヒュー・ヘフナー邸。彼は雑誌「PLAYBOY」の創始者である。

Shadow  Puppet

エンジェル第5シーズンの「スマイルタイム」の後日譚。After the Fall後のお話で、スパイクとローンが日本で人形がらみの事件が起きていることを知る。

それで敵のアジトに乗り込むのだが罠にはまりパペットにされてしまう。

「スマイルタイム」でエンジェルがパペットにされたときは悲壮感があったがこの二人は一向に気にせず笑い転げている。生来の楽天家なんだな。

Alone Together Now

ドゥルーシラ登場。正気に戻ってるみたい。ラストでイリリアに串刺しにされるが、その程度では死なないよね。バンパイアだから。

Stranger Things

スパイクが魂を失う話。ドゥルーシラにプレゼントしたんだね。この結果、ドゥルーシラは活力を失い、病院行きに。

ここで話が混乱する。どうもこの話、「Turbulence」と「Twilight」の間に位置するみたいなんだ。つまり、「Connorland」の時点で、すでにエンジェルはトワイライトになってしまっていたらしい。そして「Connorland」でスパイクとエンジェルが仲良く活動していたところをみると、「Angel & Faith「Connorland」より以前の話ってことになるよね。

#1

ダークホース社が発行する新シリーズ。

#2

スパイクがサニーデールに戻ってくる。何回目かな。

#3

スパイクがアリ型モンスターのウィドアからパールとナッシュの兄妹をかばったことが明らかに。

#4

スパイクは謎の女モーガンと仲良しになるが直に相手が悪魔だと気づく。

#5

セバスチャン戦死。かわいそうだね。

 

Eddie and The Crew

エンジェルから派生した新シリーズ。悪魔のエディが大量殺人を行う。理由は不明。

第1話

エディーは酒場に入店。応対したバーテンに対し、ロサンゼルスが地獄に堕ちた時にこのバーテンが行ったとされる悪行を指摘する。

(だからといってこのバーテンを冷凍にして粉砕することはねえよな。)

第2話

配送会社に就職したエディーは依頼主から命を狙われる。

第3話-第4話

黒幕がとあるレストランの店長であると突き止めたエディーはこのレストランに出向き給仕たちを虐殺する。(何やってんだよ。)

ここでエディーを弁護すると(別に必要ないけど)、給仕たちには怪しげなあだ名がついている。(たとえばBaby Eaterとか)

つまりギャングなんだな。

 第5話 The Getaway

衝撃の初登場以来、何故か人を殺しまくってるエディーはパートナーのグウェン・ライデンに助けられる。

なんか元気そうだね、グウェン。地獄でのトラウマは癒えたんだろう。

この回では、グウェンの旧敵モリモト・コーポレーションの警備員(といっても完全武装のロボコップスタイル)が登場する。

第6話

チャールズ・ガン登場。彼はレストランの従業員をナンパしたあと出入り口でエディーに殴り倒される。

第7話

ついにエディーが人を殺す理由が明らかに。

彼はロサンゼルスが地獄に落ちた際、不正を行った人々を裁くために地上に出てきたらしい。

ふーん。結構しつこいんだね。

第8話

ガンは隙を見て危機を逃れる。果たしてエディーの携帯に電話したのは誰か?なんとなくハーモニーのような気がするのだが。

第9話 Gunn Smoke

ガンが救出される話。

第10話

エンジェルファミリー集結。警察も介入してるからエディーは逮捕されるんだろうな。10人も殺すなんて殺し過ぎ。

でもまだ話は続くんだろうね。

第11話

まだ話は続く。エディーは逮捕に抵抗。でも数人がかりで取り押さえられる。

第12話

エディーはエンジェルのバンから解放される。いいのかい。逃がしちゃって。

ライリー

結構かっこいい表紙だね。

それに農場の中に秘密基地があったりする。(アメリカでは当たり前なんだってね。日本ではありえないけど。)

内容

ライリーがトワイライト・グループに入隊するいきさつが明かされる。かなり強制的に入隊させられたんだね。

それにエンジェルがトワイライトになったエピソードもちょっぴり紹介されている。最初はアンジェラスじゃなかったんだ。

するといつなったんだろ。しかもエンジェルはトワイライトになることに乗り気じゃなかったようだ。

イリリア

エンジェルから派生した新シリーズ。表紙ではイリリアの腕が6本に増えている。

Angel & Faith

2011年8月末から発売されるコミック。「Last Gleaming」のラストでエンジェルの身柄を引き取ったフェイスのお話。

Live Through This Part1

すごい表紙。建物が顔になってる。エンジェルとフェイスは宿主となった少女を助ける。ってもう死んでるんじゃ...

ところでこの話では「ライリー」でちょっと顔見せしたウィスラーが再登場する。そしてトワイライト・グループの殺し屋ナッシュとパールも。(この二人初登場だね)。

Live Through This Part2

フェイスとナディラが仲良く悪魔退治する話。でもこの友情いつまで続くんだろうか。

Live Through This Part3

エンジェルとフェイスは仲良く悪魔退治。ナディラは酒場で飲んだくれる。

Live Through This Part4

エンジェルがパールに噛み付く。これが最終対決かな。でもなさそう。それにしても残酷。しばらく買うのはよそう。心臓によくない。この手の漫画はね。

In Perfect Harmony

お邪魔虫ハーモニーが登場する話。

エンジェルと和解したんだ。いつ和解したんだろうね。「正義は死なず」のときはあれだけ大喧嘩してたのに。

クレムの秘密、発覚。なんと顔が新たに三つ。つまり戦闘モードになったとき、皺の中から蛇の頭がでてくるんだ。

ハーモニーは死んだんだね。つまり人間時代のハーモニーは片鱗もない。

まったく別人になってる。

Daddy Issues Part1

ドゥルーシラ登場。ストーリーは40年前と現代が交錯する話。このエピソードでジャイルズが死亡したとき60代であったことも明らかに。でもないな。

バフィーシリーズでジャイルズが55年生まれであることが明かされていたから。

 

Daddy Issues Part2

回想シーンでダーラ登場。とうとうドゥルーシラが善玉になるのか。

するとフェイスの立場はどうなる?

バフィーとフェイスの関係は?

第3シーズンと同じくスレイヤー同士が戦うのか?

Daddy Issues Part3

フェイスとナディラが仲たがい。

Daddy Issues Part4

フェイスに危機が。ハイゲイト・バンパイアって恐ろしいバンパイアだね。

Women of a Certain Age

ジャイルズの叔母さんたち登場。なぜかジャイルズより若そう。バンパイアかな。

Family Reunion Part1

エンジェルとフェイスがロサンゼルスに戻る話。

Family Reunion Part2

エンジェルたちがウィローとコナーと再会する話。でも表紙がダーク・ウィローだったり、あまり喜べない再会みたいだね。

Family Reunion Part3

ジャイルズの叔母さんたちとウィスラー一味の関係が明らかに。

急に胡散臭くなってきたねこの姉妹。

#14

いにダークウィロー復活。

でも笑っちゃうね。左の画像。

#15

地獄にウィローを残して地上に帰還したエンジェルたち。

物語は約十数年前に遡り、エンジェルとバフィーの出会い。子供のころのパールとナッシュが登場。

この時から凶悪だったんだな。

#16

のんびりした表紙(右)。

ストーリー

ロンドンに帰還したフェイスはジャイルズの生存、ドゥルーシラが再び殺戮を繰り返していることを知る。

#17

ジャイルズは死んでいた。おまけにイーサンがアンデッドに。アイゴンも生きていて。

#18

アイゴン復活の真相が明らかに。一時的にネズミに寄生したりして生き延びたんだね。

それに事件の背後にトワイライトグループが関与していることも。

#21 What You Want, Not What You Need Part1

トワイライトグループの奇襲を受けたエンジェルたち。

#22 What You Want, Not What You Need Part2

ジャイルズ、ついに復活。復活するんはいいんだが、何故か12歳の少年。このためフェイスとちょっとしたトラブル。

#23 What You Want, Not What You Need Part3

ナディラ死亡。ウィスラーは正体を現す。エディーに似た悪魔だったんだね。元々当局のエージェントだったが悪魔の本性には逆らえなかったか。

#24 What You Want, Not What You Need Part4

エンジェルはウィスラーの説得を試みる。ナディラは死んではいなかった。でもかなりの重傷。

#25 What You Want, Not What You Need Part5

ウィスラー死亡。パールは死ななかった。

ウィスラーはマインドコントロールされていたんだね。つまり黒幕はあのマンティコアに似た怪物かな。

ウィスラーに化け物にされた人たちはもとに戻らなかった。

Season10

Where the River Meets the Sea part1

ナディラちゃん復活。でもなんか変。

Where the River Meets the Sea part4

エイミー・マディソン登場。

第6章

エイミーさん、完全に狂ったようだ。

第8章

サムとライリーは別居状態。というかサムはライリーが死んだと思ってる。ということは第8シーズン終盤から第9シーズンにかけて現れたライリーは何なんだろうね。

第14章

色々あってフレッド復活。ついでにイリリアも。このイリリアがコーの宿敵だったから、死闘に発展。イリリアはコーを自身の別人格フレッドとみなしぶん殴り。

第16章

高校生のバンパイアが登場したことから、その高校生が在籍していた高校の体育教師に就任したフェイス。そこで高校生同士のいじめ問題が殺人に発展する事態に直面する。

第18章

ドゥルーシラ登場。バフィーとの戦いに敗れたアルキアスも登場するらしいね。

最終回

ドゥルーシラ逃走。アルキアスは死亡というか消滅。

Drusilla

バフィーシリーズのスピンオフ。今年、発売される予定だったが突然、キャンセル何があったんだろうね。

Willow

Wonderland

ウイロー・シリーズ第二弾。

地獄に取り残されたウィローの話。

第3話

ウィローとマリックの別れ。なんとなくフレイと繋がってる感じがするね。

Giles

ジャイルズが主人公の話みたい。読むかどうかは微妙。

 

ピーター・デイヴィッド

Fallen Angel

堕ちた天使が主人公。詳細は不明。2009年に発行された漫画ではテレビシリーズ「エンジェル」の登場人物であるイリリアが登場した。

Reborn

イリリアが登場するエピソード。ウルフラム&ハートがまだ健在だから「正義は消えず」より以前の話かな。

このエピソードではイリリアの真の姿が描かれる。つまり彼女は甲殻類と蛸(たこ)の合いの子のような生物だったらしい。(ひえーっ)

きれいな女の子をそんな化け物にするなんてノックスはん、あんた悪いやっちゃな。

いしいひさいち

ののちゃん

朝日新聞の連載漫画。近年は怪獣が登場するなどホラー色(?)が強くなってきている。

 

シリーズ当初からののちゃんは小学3年生のまま、無限ループのようになっている。

大人になったののちゃんも見たいなあ。

2009年924日掲載

藤原センセ、連休ボケが治らんらしい。

2010年8月追記

久しぶりにワンマンマン登場。彼は読売新聞のナベツネ氏(渡邊恒雄氏)をモデルにしたキャラクター。

当のナベツネ氏はこのキャラについてかなり怒ってたな。

2012年9月追記

ののちゃん8を買った。巻頭の人物紹介などを見るとののちゃんのお祖母さんは未婚の母だったんだね。

大問題

各界の名士を主人公にしたパロディ

大問題09

とにかく凄い。中山大臣が出てきたり、中川元財務相がでてきたり。中山元国交相が耳と鼻の穴から日章旗を出しているのには笑った。

地底人の逆襲

下ネタ多し。地底人よりも恐ろしい(?)最低人なるものまで登場する。

スチャラカお宝大明神

ひさいち文庫の最新作。村山総理(当時)が登場するブラックなギャグ漫画あり。

ツーショットワールド日本顔面崩壊

時事漫画。2コマで構成され、かなり笑える。

スタン・サカイ

Usagi Yojimbo
 
ウサギの用心棒という意味らしい。アメリカの漫画家は時々へんなものを作る。
(これは漫画家には限らない。たとえば小説。「Six Guns Samurai」「Black Samurai」。
読んで字の如しなので解説しない。というか解説のしようがない。だって読んでないから。読む必要あるかい?)

石坂啓

ピョンタ君の楽しい戦争

右翼にかぶれた兎のピョンタと彼のおいの物語。かなり笑える。

特に麻生総理が登場する号は傑作。なにしろゴルゴ13みたいなんだもん。

秋月りす

OL進化論

読んでみて。頭疲れんから。

ユン・ミギョン

韓国人の漫画家。

Bride of the Water God

きれいな漫画だね。ただ欲を言えば全編カラーで描いて欲しかった。カラーだったら買うのに。

 

ポール・ルディティス

チャームド

テレビシリーズの漫画版。ストーリーは第9シーズンに相当する。(テレビシリーズは第8シーズンまで)

西原理恵子

毎日かあさん

毎日に連載している漫画。西原氏は下ネタの多い作家だが新聞漫画では抑え気味。

フェリシア・デイ

アメリカの女優。

The Guild

オンラインゲームを題材にした漫画。元はネットで配信されているドラマ。

リンク先は今年発売される予定のコミックの表紙。なんか笑える。

クライブ・バーカー

「血の本」などで知られるホラー作家。(でも80年代を知らない人は多分知らないだろうね。)

ヘルレイザー

Clown Fatale

エロい漫画だね。

 

秋本治

こちら葛飾区亀有公園前派出所

最近買い始めた漫画。えげつない描写もあるが全体的に朗らかだね。

第11巻

この巻で犬が退場。しばらく出てこなくなる。寂しいね。

9月4日追記

今月で「こち亀」が終了するらしいね。最近、夏春都(げばると)一家との関係が改善されてきているから「おや?」とは思ってた。

最終回

両津は結局悪徳警官になっちゃった。これではいずれ京香とともに免職だな。

白正男

テコンダー朴

読みたいなと思ってた漫画だけど、Twitterの記事を見るとウリジナル満載の馬鹿漫画みたいだね。買わなくてよかった。