エンジェル

登場人物

After The Fall

エンジェル
バンパイア。ウルフラム&ハートのCEO。
コーディリア・チェイス
愛称コーディ。元女優。生前はエンジェルの秘書を努めていた。
ウェスリー・ウィンダム・プライス
元ウォッチャー。
チャールズ・ガン
エンジェルの部下。
After the Fallでバンパイアになる。
ウィンフレッド・バークル
愛称:フレッド。エンジェルの部下だった女性。
ローン

エンジェルの部下だった男。現在はシルバーレイク卿を名乗る。

コナー
エンジェルの息子。
ニーナ・アッシュ
OL。「解放」でエンジェルに助けられる。
シニア・パートナー
ウルフラム&ハートの経営者。
ウルフ、ラム、ハートと3つの名前を持つ。
正体不明だが、After the Fallの描写によると神かそれに準ずる存在であるらしい。
注:ウルフ(狼)、ラム(雄羊)、ハート(牡鹿)は怪奇小説などで闇の生物、または魔王の化身として扱われることがある。
このため一部のサイトなどではこのシニア・パートナーをピュア・デーモンとしている。
スパイク

エンジェルの友人。バンパイア。

地獄に移転されてしまったロサンゼルス。
この漫画を手にとったとき、第6シーズンをキャンセルしたワーナー・ブラザーズの決断は正しかったと感じた。
だって暗すぎるし救いがない。
エンジェルは負けたんだね。
でも第5章で再び人間たちのために戦う。
この第5章では死んだと思われていたフレッドが復活する。でも場所が悪い。だってティラノサウルスのまん前でしょ。
ストーリー
Vol.1第1章〜第5章
エンジェルはシニア・パートナーとの戦いに終止符を打ち、ウルフラム&ハートのCEOにとどまっていた。
ある日、大物であるクフが殺される事件が起き、エンジェルはこの事件を担当することになる。
しかし捜査は進展せず、この大物たちは独断で人間狩りを始めてしまう。
Vol2.First Night
エンジェルのAfter The Fallの第6章以降の物語。ロサンゼルスが地獄に移転した頃を描いている。
この中でグウェン・ライデンを襲う悲劇はあまりにも深刻。買わなきゃよかった。
 Vo.3
第5章以降の物語。人間狩りを始めようとしていた大物たちはエンジェルの魔力であえなく爆死。
街に平和が戻る。
現場でガンに再会したエンジェルは彼がバンパイアになっていることを知る。
登場人物
イリリア
フレッドの時とは性格が変わっている。かなり暴力的だ。
コーディリア
地獄の住人として登場。確かに彼女は天国に行くようなキャラではなかったが。
Vol.4
簡単に説明するとエンジェル・ファミリーが相次いで死ぬお話。
イリリアが死に、グウェンが死ぬ。
第16章
地獄
コナーが死ぬ。
エンジェルは犯人であるガンに戦いを挑む。
その時、ウェスリーはエンジェルに対し「彼らはあなたを殺すことはできない」と伝える。
そこでエンジェルは武器を捨てガンに殺される。
この世

エンジェルは再びロサンゼルスの路地(あの「正義は消えず」のラストシーン)に戻る。

エンジェル達4人を取り囲んだ悪魔たちを飛来したドラゴンが掃蕩、エンジェルは負傷したガンをロサンゼルスの病院に連れていく。
そこで息子と再会、物語は第17章へと続く。
感想
やはりウェスリーは死んでいた。たぶん彼はあの世の住人になったのだろう。
あれだけの善人でありながら地獄に堕ちるとは神も罪なことをしたものだ。

それにしてもエンジェルの自己犠牲でこの世の地獄がリセットされるなんてね。

巻き添えを食ったグウェンの彼氏も助かったんだろう(たぶん)。
ラストシーンでわかることだが、巻き添えで地獄に堕ちた人たちは皆地獄時代の記憶を持っているようだ。

第17章

「After The Fall」最終章。この章で「正義は消えず」以来続いていたエンジェルとウルフラム&ハートの戦いは一段落する。
グウェン
彼氏と別れる。やはり、「First Night」でのトラウマが癒えないんだろう。
スパイク
第1章の被害者だった、クフを拘束する。
ダウンタウンロサンゼルス卿
ロサンゼルスが地獄だったころ、貴族だった悪魔たちは今やただの化け物。
エンジェルにガンを引き渡すよう詰め寄るがイリリアに一喝され、すごすごと立ち去る。
地獄時代、ダウンタウンロサンゼルス卿だった悪魔はエンジェルに「もうウルフラム&ハートからの庇護は受けられない」と告げる。
サンタモニカ卿
釣られた魚のごとく吊るされる。
ウィーホー卿
イリリアに首を狩られる。
ンジェル

ウルフラム&ハートを辞職、エンジェル探偵事務所を再建する。

感想
長かったな。2007年末から始まったこの漫画ももう終りに近づいてきた。