安岡匡也のページ (in English)

 

自己紹介1978年愛知県名古屋市生まれ(さそり座、B)。その後、岐阜、神戸、北九州に移動し、20134月より西宮市に住んでいます。

専攻:財政学、マクロ経済学

研究テーマ:少子高齢社会における税制及び社会保障制度の経済分析

資格:

1991 3月 全珠連珠算・暗算検定2

1998  8月 ドイツ語検定3

2004  3月 経済学検定試験730(A+ランク)

200412月 ビジネス実務法務検定2

200712月 宅地建物取引主任者資格試験合格

2011  2月 日商簿記2

2011年 7月 中国語検定試験準4

2011  7月 ハングル能力検定試験5

2012  7FP 2

201412TOEIC 770

2016年 9月 第二種電気工事士

2017  1月 貸金業務取扱主任者資格試験合格

2018  3月 日本漢字能力検定2

201910月 危険物取扱者 乙種第4類 合格

201912月 統計検定2

20202月 第四級アマチュア無線技士

 

学歴:

19973月 岐阜県立大垣東高等学校 卒業

20013月 名古屋市立大学経済学部経済学科 卒業

20063月 神戸大学大学院経済学研究科博士後期課程 修了(博士(経済学))

 

賞罰:

20013月 瑞山会賞(名古屋市立大学)

20063月 六甲台研究奨励賞(岸本賞)(神戸大学)

20176月 日本応用経済学会学会賞

 

教歴・職歴:

20034月−20083月  学校法人大原学園社会人課程公務員講座 非常勤講師

20066月−20083   神戸大学大学院経済学研究科COE研究員

20074月−20079   神戸大学大学院経済学研究科非常勤講師(科目:「演習マクロ経済学」)

20094月−20099月  山口大学経済学部非常勤講師(科目:「財政学」)

201010月−20133月  九州産業大学商学部非常勤講師(科目:「公共政策」)

20084月−20133月  公立大学法人 北九州市立大学経済学部 准教授(学部科目:「財政学T・U」「経済学入門B(マクロ経済学の基礎)」大学院科目:「財政学研究」「財政学演習」(税理士試験における税法科目免除のための修士論文の作成指導)

20134月−20163月  関西学院大学経済学部 准教授

20139  公立大学法人 北九州市立大学経済学部 非常勤講師(学部科目:「演習V・W」)

20144月−現在 神戸学院大学経済学部非常勤講師(学部科目:「財政学」「公共経済学(2017年度まで)」)

20152月−20188月 神戸大学大学院経済学研究科非常勤講師(大学院科目:「中級マクロ経済学」、学部科目「マクロ経済学の潮流」)

20164月−現在 関西学院大学経済学部 教授(学部科目:「社会保障論AB」「社会政策AB」大学院科目:「社会保障論AB」)

20188月−20199  Visiting Professor, Department of Economics, Queens UniversityKingston, Ontario, Canada

 

趣味:

一人旅(行った所:日本全国、韓国、香港、中国、マカオ、台湾、ベトナム、タイ、マレーシア、シンガポール、カナダ、アメリカ、イギリス、フランス、スペイン、ポルトガル、ベルギー、ネーデルラント、ルクセンブルク、ドイツ、スイス、オーストリア、チェコ、スロバキア、ハンガリー、クロアチア、スロベニア、イタリア、ヴァティカン、デンマーク、スウェーデン、フィンランド、ロシア、エストニア、ラトヴィア、リトアニア、ポーランド、アラブ首長国連邦、モロッコ、アンドラ、モナコ、サンマリノ、リヒテンシュタイン、アイルランド)

散歩(何の目的もなくひたすら歩く)

ゲーム(シミュレーションゲーム、レトロゲーム(ファミコン、セガマーク3など))

 

所属学会:日本経済学会、日本財政学会、日本応用経済学会International Institute of Public Finance, European Economic Association, Econometric Society, Canadian Economic Association

 

連絡先:kwansei.ac.jpの前にyasuokaを付けてください。

 

研究業績(論文)

1. 学位論文

1. 修士論文「課税と経済成長」(主査:足立英之教授 副査:中谷武教授 下村和雄教授)

2. 博士論文「人的資本蓄積と課税及び教育制度」(主査:中村保教授 副査:中谷武教授 小塩隆士教授)

 

2. 著書

1. 安岡 匡也(2013)「第3章 理論と実証(1) 子どもの数、質、教育」山重 慎二・加藤 久和・小黒 一正 編著『人口動態と政策 経済学的アプローチへの招待』日本評論社(総ページ数260ページ 担当はpp.73-98.)

2. 安岡 匡也(2015)「第2章 持続可能な年金制度と労働政策」日本応用経済学会監修 青木玲子・大住圭介・田中廣滋・林正義 編著『応用経済学シリーズ第3巻 トピックス応用経済学U 財政、公共政策、イノベーション、経済成長』勁草書房(総ページ数294ページ 担当はpp.23-40.)

3. 安岡 匡也(2016)「経済学で考える社会保障制度」中央経済社(総ページ数236ページ).

4. 安岡 匡也(2017) 「第5章 部分均衡と一般均衡」中村 保・大内田 康徳 編著『MINERVA スタートアップ経済学A 経済学入門』ミネルヴァ書房(総ページ数280ページ 担当はpp.89-106.)

5. 安岡 匡也(2018)「少子高齢社会における社会政策のあり方を考える」関西学院大学出版会(総ページ数237ページ)

6. 安岡 匡也(2020)「第10章 年金政策I 歴史と現制度の概要」神野真敏・安岡匡也 編『日本の経済政策』中央経済社(総ページ数236ページ 担当はpp.135-146.

 

3. 査読付き論文(日本語)

1. 安岡 匡也(2006)「出生率と課税政策の関係」『季刊社会保障研究』第42巻第1pp.80-90.

2. 安岡 匡也(2007)「公的に供給される育児財を導入した出生率内生化モデルにおける育児支援政策の考察」『季刊社会保障研究』第433号 pp.261-274.

3. 安岡 匡也(2008)「育児支援政策の有効性に関する考察」『応用経済学研究』第1pp.41-60.

4.  小葉 武史・安岡 匡也・浦川 邦夫(2009)「夫の家事育児参加と出生率」『季刊社会保障研究』第44巻第4pp.447-459.

5.  小塩 隆士・安岡 匡也(2010)「公的年金と子育て支援:出生率内生化モデルによる分析」『経済研究』第61巻第2pp.126-136.

6.  小葉 武史・三宅 敦史・安岡 匡也(2011)「社会保障給付と貯蓄率」『応用経済学研究』第5pp.55-68.

7. 安岡 匡也・中村 保(2012)「内生的出生率と介護保険制度―リスクプール効果と制度維持可能性の考察―」『経済研究』第63巻第1pp.1-16.

8. 林田 実・難波 了一・安岡 匡也・大野 裕之(2018)DSGEモデルによる租税帰着の分析」『応用経済学研究』第12, pp.57-78.

9. 長谷川 良二・安岡 匡也(2019)「介護保険制度がもたらす地域間格差是正の可能性について」『社会保障研究』第4巻第1号, pp.104-118.

10. 大野 裕之・林田 実・安岡 匡也(2019)「少額投資非課税制度(NISA)の計量経済学分析〜平成26年度『個人投資家の証券投資に関する意識調査』用いた限界効果の分析」『証券経済研究』107, pp.33-46.

 

4. 査読付き論文(英語)

1. Yasuoka M., Nakamura T. and Katahira M.(2008) Private Education and Positive Growth with Shrinking Income Inequality: A Note,Economics Bulletin, 2008, vol. 9-4, pp. 1-8.

2. Miyake A., Muro K., Nakamura T. and Yasuoka M.(2009) Between- and Within-Group Wage Inequalities, and the Advent of New Technology,Journal of Economic Inequality, vol.7-4, pp. 387-394.

3. Oshio T. and Yasuoka M. (2009) How long should we stay in education if ability is screened?Metroeconomica, vol.60-3, pp.409-431.

4. Yasuoka M. and Oshio T. (2008) The Optimal and Acceptable Sizes of Social Security under Uncertainty,Japanese Journal of Social Security Policy, vol.7-1, pp.25-30.

5. Oshio T. and Yasuoka M. (2009) Maximum size of social security in a model of endogenous fertility,Economics Bulletin, 2009 vol. 29-2, pp. 656-666.

6. Yasuoka M., Azetsu K. and Akiyama T. (2009) Intergenerational Child Care Support and the Fluctuating Fertility: A Note,Economics Bulletin, vol.29-4, pp.2488-2501.

7. Watanabe M. and Yasuoka M. (2009) Income growth, inequality and preference for education investment: a note,Economics Bulletin, vol. 29-4, pp. 3075-3082.

8. Yasuoka M. and Miyake A. (2010) Change in the Transition of the Fertility Rate,Economics Letters, vol.106, pp.78-80.

9. Yasuoka M. and Goto N. (2011) Pension and Child Care Policies with Endogenous Fertility,Economic Modelling, vol. 28, pp.2478-2482.

10. Nakamura H. and Yasuoka M. (2011) Multiple Equilibria between Fertility Rates and Pension Levels Based on the Target Level of Government Debt,Theoretical Economics Letters, vol. 1-3, pp.95-98.

11. Yasuoka M. and Miyake A. (2012) Child Care Support Policy and Fertility in a Model Based on the Supply of Child Care Services,Modern Economy, vol. 3 No. 5, 2012, pp. 658-670.

12. Yasuoka M. and Miyake A. (2013) Public Debt, Child Allowances and Pension Benefits with Endogenous Fertility,Economics, The Open-Access, Open-Assessment E-Journal, Kiel Institute for the World Economy, vol. 7(11), pp. 1-25.

13. Yasuoka M. (2013) Can Child-Care Support Policies Halt Decreasing Fertility?International Journal of Economics and Financial Issues, Econjournals, vol. 3(2), pp. 409-419.

14. Yasuoka M. and Miyake A. (2013) "Fertility Rate and Child Care Policies in a Pension System," Economic Analysis and Policy, vol. 44(1), pp. 122-127.

15. Watanabe M., Miyake Y. and Yasuoka M. (2014) "Public Investment Financed by Consumption Tax in An Aging Society," Singapore Economic Review, Online ready.

16. Yasuoka M. and Goto N. (2015) "How Is the Child Allowance to be Financed? By Income Tax or Consumption Tax?" International Review of Economics, Vol. 62(3), pp.249-269.

17. Watanabe M., Miyake Y. and Yasuoka M. (2016) Public Investment, Health Infrastructure and Income Growth,Applied Economics and Finance, vol3(3), pp.93-102.

18. Jinno M. and Yasuoka M. (2016) "Tax System, Replacement Rate of Pension and Child Allowance" Applied Economics and Finance, vo.3(3), pp.93-102.

19. Jinno M. and Yasuoka M. (2016) "Are the social security benefits of pensions or child-care policies best financed by a consumption tax? " Business and Economic Horizons (BEH), vol. 12(3), pp.94-112.

20. Watanabe M. and Yasuoka M. (2017) Public Investment, Life Expectancy and Income Growth,African Journal of Economic and Sustainable Development, vol.6(2/3), pp.216 224.

21. Miyake Y. and Yasuoka M. (2018) "Subsidy Policy and Elderly Labor," Italian Economic Journal, vol.4(2), pp.331-347.

22. Yasuoka M. (2018) Fertility and Education Investment Incentive with a Pay-As-You-Go Pension,Eurasian Economic Review, vol.8(1), pp.37-50.

23. Ishida R., Oguro K. and Yasuoka M. (2018)"Population Density, Fertility, and Childcare Services: From the Perspective of a Two-Region Overlapping Generations Model", Economic Analysis and Policy, vol.59, pages 29-39

24. Yasuoka M. (2018) "Money and Pay-As-you-Go Pension," Economies MDPI 2018, 6(2),21; pp.1-15.

25. Yasuoka M.(2018) Elderly Care Service in an Aging Society,Journal of Economic Studies vol.46(1) pp.18-34

26. Yasuoka M.(2019) Subsidies for Elderly Care with Pay-As-You-Go Pension,Journal of the Economics of Ageing, Paper Accepted

27. Yasuoka M. (2019) Should Public Elderly Care Be Provided?Economics Bulletin, vol.39(1), pp.564-570.

 

5. 査読無し論文(日本語)

1. 安岡 匡也(2003)「課税できない生産要素が存在する場合の最適課税問題」『六甲台論集 経済学編』第50巻第2, pp.50-57.

2. 安岡 匡也(2006)「独占的競争における最適な労働所得課税」『六甲台論集 経済学編』第52巻第4, pp.1-12.

3. 安岡 匡也・中村 保(2007)人的資本モデルにおける社会保障制度、出生率及び経済厚生に関するマクロ分析『公共経済学研究W』中京大学経済研究所叢書pp.38-62.

4. 安岡 匡也(2010)「公的年金制度において考えるべき2つの課題―生活保護制度及び少子化―」『商経論集』第45巻第1234合併号, pp.31-42.

5. 田中 淳平・安岡 匡也・林田 実(2010)「「完全予見」概念をひもとく」『商経論集』第46巻第12合併号, pp.1-16.

6. 安岡 匡也(2011)「介護保険制度の経済学的分析」『商経論集』第46巻第34合併号, pp.99-111.

7. 安岡 匡也(2012)「少子高齢社会における最適な公的介護保険の規模」『商経論集』第47巻第34合併号, pp.47-59.

8. 林田 実・安岡 匡也(2013)Matlabによる定常解の導出と比較静学分析―年金制度の持続可能性と公的負債―」『商経論集』第48巻第34合併号, pp.1-28.

9. 安岡 匡也(2013)「公共資本を考慮した内生的経済成長モデルの研究動向について」『社会システム研究』第11, pp.71-86.

10. 安岡 匡也(2013)「育児支援政策の理論的・実証的研究の動向について」『商経論集』第48巻第34合併号, pp.91-112.

11. 安岡 匡也(2013)「保育サービスに対する消費課税の考察」『会計検査研究』第47, pp.125-138.

12. 安岡 匡也・後藤 尚久(2014)「育児支援政策と年金給付が出生率と経済成長に与える影響」『商経論集』第4934合併号, pp.29-46.

13. 安岡 匡也(2014)「介護サービスの価格はどうあるべきか」『経済学論究』第68巻第3,  pp.517-534.

14. 安岡 匡也(2016)「財源調達に関する年金改革と労働市場」『経済学論究』第69巻第3, pp.51-68.

15. 安岡 匡也(2016)「介護保険制度の世代間財源負担のあり方」『産経論集』第43, pp.105-113.

16. 安岡 匡也(2017)「予備的貯蓄と介護保険制度」『経済学論究』第70巻第4, pp.63-81.

17. 安岡 匡也(2018)「介護サービスの自己負担の削減と介護労働市場」『経済学論究』第71巻第4pp.93-114.

18. 安岡 匡也(2019)「社会保障給付と高年齢者就労の経済分析」『経済学論究』第73巻第3p.211-231.

 

6. 査読無し論文(英語)

1.  Miyake A. and Yasuoka M.(2007) Dual Opportunity Cost of Child Care and Low Fertility Trap,The All China Economics International Conference Paper Collection.

2.  Kinai Y. and Yasuoka M. (2008) Endogenous Occupational Choice and Economic Development,Proceeding of Far Eastern and South Asian Meeting of the Econometric Society 2008.

3.  Oshio T. and Yasuoka M. (2009) Sustainability of Social Security in a Model of Endogenous Fertility,Discussion Papers of Project on Intergenerational Equity at Hitotsubashi University No.450.

4.  Miyake A., Muro K., Nakamura T. and Yasuoka M.(2009) Public versus Private Education in the Presence of Occupational Choice,The All China Economics International Conference Paper Collection.

5. Hayashida M. and Yasuoka M. (2012) Pension System Sustainability and Public Debt,The Society for Economic Studies The University of Kitakyushu Working Paper Series No. 2012-5.

6. Yasuoka M. (2014) "Child-care Policies and Pension in an Endogenous Fertility Model," Discussion Paper Series 114, School of Economics, Kwansei Gakuin University, Jan 2014, Proceeding of The 12th International Conference of Japan Economic Policy Association (CD-ROM).

7. Yasuoka M. and Oguro K. (2014) "Public Education, Pension and Debt Policy," Proceeding of The 13th International Conference of Japan Economic Policy Association (CD-ROM).

8. Yasuoka M. and Hayashida M. (2015) "How Should a Government Finance Redistribution Policies?" Discussion Paper Series 136, School of Economics, Kwansei Gakuin University, Oct 2015.

9. Miyake A. and Yasuoka M. (2016) "Pension and Child-care Policies in the Model of Human Capital and Public Education," 70th Annual Congress of the International Institute of Public Finance General Information Book of Abstracts (only Abstract), MPRA Paper No.75315.

10. Oguro K. and Yasuoka M. (2017) "Stress, Child Care, and Fertility, "Discussion Paper Series 153, School of Economics, Kwansei Gakuin University, January 2017.

11. Watanabe M. and Yasuoka M. (2017) Elderly Labor and Unemployment,MPRA Paper No. 82669, pp.1-19.

12. Watanabe M. and Miyake Y. and Yasuoka M. (2018) Unemployment, Income Growth and Social Security,MPRA Paper 86155, pp.1-15.

13. Yasuoka M. (2018) How Should A Government Finance for Pension Benefit?MPRA Paper No. 87483.

14. Yasuoka M. (2018) Fertility, Income Growth and InflationDiscussion Paper Series 182, School of Economics, Kwansei Gakuin University, July 2018.

15. Miyake A., Shintani M. and Yasuoka M. (2018) Elderly Care and Informal Family Care,  Proceeding of the 17th International Conference of Japan Economic Policy Association (CD-ROM)

16. Yasuoka M. (2019) Endogenous Fertility and Pension System,Journal of Economics of Kwansei Gakuin University, vol.72(4), pp.41-51 (Revised version of Yasuoka M.(2018) Endogenous Fertility and Pension System,MPRA Paper 86131).

17. Hayashida M., Yasuoka M., Nanba R. and Ono H. (2018) Chapter 13 Will Abenomics Expand Employment?-Interpreting Abenomics Through DSGE Modeling,Applied Analysis of Growth, Trade, and Public Policy, ed. Hosoe M. Springer.

18. Oguro K., Ishida R., and Yasuoka M. (2018) Voluntary Provision of Public Goods and Cryptocurrency,RIETI Discussion Papers November 2018 18-E-081.

19. Shintani M. and Yasuoka M., (2019) "Fertility, Inequality and Income Growth," Discussion Paper Series 187, School of Economics, Kwansei Gakuin University, Feb 2019.

20. Yasuoka M. 2019. "Elderly Labor and Precautionary Saving" Discussion Paper Series 193, School of Economics, Kwansei Gakuin University.

21. Shintani M.& Yasuoka M. 2019. "Fertility and Labor Share of Child Care Service," Discussion Paper Series 194, School of Economics, Kwansei Gakuin University.

22. Shintani M.& Yasuoka M. 2019. "Child Care Policy and Capital Mobility," MPRA Paper 94050, University Library of Munich, Germany.

23. Hayashida M., Nanba R., Ono H. and Yasuoka M. (2019) Consumption Tax and Productive Government Expenditure in DSGE Model,Proceeding of the 18th International Conference of Japan Economic Policy Association (Web Paper)

24. Watanabe, Minoru & Miyake, Yusuke& Yasuoka, Masaya, 2019. "Capital income taxation in endogenous fertility model," MPRA Paper 97721, University Library of Munich, Germany.

25. Oguro K., Ishida R. and Yasuoka M. (2020) Data Sharing and Revenue Distribution Rule, RIETI Discussion Paper, 20-E-015.

26. Oguro K., Ishida R. and Yasuoka M. (2020) Elderly Care Supply Systems and Services which Decrease Elderly Care Requirements, RIETI Discussion Paper, 20-E-020.

27. Hasegawa R. & Yasuoka M., 2020. "Long-term care insurance effects on Japans regional economy: an approach linking theoretical with empirical analysis," Discussion Paper Series 209, School of Economics, Kwansei Gakuin University.

 

研究業績(報告):

2020年度

1.     安岡 匡也 (2020) 「老年世代の社会保障給付と出生率」令和元年国際共同研究「2025年に向けた財政・社会保障制度に関する研究」中間報告会(内閣府経済社会総合研究所, Zoom)(2020612日)

2.     安岡 匡也(2020)「数値計算のマクロ経済分析(Matlabの使用例)」2020年度日本応用経済学会春季大会(熊本学園大学, Zoom(2020621)

 

2019年度

1.     Yasuoka M. (2019) Fertility, Income Growth and Capital Accumulation, Canadian Economics Association 53th Annual Conference (Banff, Alberta, Canada) (June 2, 2019)

2.     Shintani M. and Yasuoka M. (2019) Child Care Policy and Capital Mobility, 12NCU現代経済学研究会(兵庫県立大学)(2019922)

3.     Shintani M. and Yasuoka M. (2019) Child Care Policy and Capital Mobility, 2019年度日本応用経済学会秋季大会(東京経済大学)(20191027)

4.     Hayashida M., Nanba R., Ono H. and Yasuoka M. (2019) Consumption Tax and Productive Government Expenditure in DSGE Model,The 18th International Conference of Japan Economic Policy Association (Chuo University)(16 November 2019)

5.     Shintani M. and Yasuoka M. 2019. "Child Care Policy and Capital Mobility," 関西学院大学経済学部セミナー(20191218日)

6.     Oguro K., Ishida R. and Yasuoka M. 2020. Service for Decreasing Elderly Care Level and Elderly Care Supply System, RIETI DP検討会(RIETI分室大会議室(大同生命霞ヶ関ビル6階)) (2020210)

7.     Yasuoka M. 2020. Precautionary Saving and Fertility,” 第61KMSG研究会(富山大学)(2020219日)

 

2018年度

1.     長谷川 良二・安岡 匡也(2018)「介護保険制度がもたらす地域間格差是正の可能性について」2018年度日本応用経済学会春季大会(京都大学)(2018623)

2.     Yasuoka M.(2018) Fertility, Income Growth and Inflation,” 第55KMSG研究会(北海道大学)(2018829日)

3.     Yasuoka M.(2018) Fertility, Income Growth and Inflation,2018年度日本応用経済学会秋季大会(大東文化大学,東京都板橋区)(20181027)

 

2017年度

1. Yasuoka M.(2017) " Fertility and Education Investment Incentive with a Pay-As-You-Go Pension," 2017 Asian Meeting of Econometric Society (The Chinese University of Hong Kong, Hong Kong)(5 June 2017)

2. Yasuoka M.(2017) "Elderly Care Service in an Aging Society," 2017年度日本応用経済学会春季大会(久留米大学, 福岡県久留米市)(2017617)

3. 安岡 匡也(2017)「少子高齢社会と社会保障制度」2017年度日本応用経済学会春季大会(久留米大学, 福岡県久留米市)(2017617)

4. Yasuoka M.(2017) "Elderly Care Service in An Aging Society," Singapore Economic Review Conference 2017 (Singapore)(4 August 2017)

5. Miyake Y. and Yasuoka M. (2017) "Subsidy Policy and Elderly Labor," 72nd Annual Congress of the International Institute of Public Finance (The University of Tokyo, Tokyo, Japan)(18 August 2017)

6. Yasuoka M.(2017) "Elderly Care Service in An Aging Society," 2017年度日本経済学会秋季大会(青山学院大学, 東京都渋谷区)(201799)

7. Yasuoka M.(2017) "Subsidy Policy and Elderly Labor,"社会保障制度研究会(岩手県立大学, 岩手県盛岡市)(2017828)

8. Yasuoka M. and Miyake A.(2017) "Elderly Care and Informal Family Care," The 16th International Conference of Japan Economic Policy Association (Okinawa Jichikaikan Hall)(5 November 2017)

9. Watanabe M. and Yasuoka M.(2017) "Elderly Labor and Unemployment," 2017年度日本応用経済学会秋季大会(東海大学, 東京都品川区)(20171028)

10. Yasuoka M.(2018) "Money and pay-as-you-go pension" 税制と社会保障制度に関する研究会(高千穂大学, 東京都杉並区)(201835)

11. Watanabe M., Miyake Y. and Yasuoka M. (2018) "Unemployment, Income Growth and Social Security" 経済成長と所得格差に関する研究会(志学館大学, 鹿児島県鹿児島市)(2018313)

12. Yasuoka M.(2018) "Money and pay-as-you-go pension" 2017年度第5回関西公共経済学研究会(関西学院大学, 大阪府大阪市)(2018317)

13. 長谷川 良二・安岡 匡也(2018)「介護保険制度がもたらす地域間格差是正の可能性について」税制と社会保障制度に関する研究会(福山市立大学, 広島県福山市)(2018326)

 

2016年度

1.     安岡 匡也(2016)「予備的貯蓄と介護保険制度」2016年度日本応用経済学会春季大会(広島大学)(2016625日)

2.     Yasuoka M. (2016) "Wage Inequality in the Elderly Care Model" 介護保険とマクロ経済学に関する研究会(岩手県立大学)(201694日)

3.     Yasuoka M.(2016) "Wage Inequality in the Elderly Care Model" 44KMSG研究会(関西学院大学)(201697日)

4.     Oguro K. and Yasuoka M. (2016) Stress, Child Care and Fertility” 第73回日本財政学会(京都産業大学)(20161023日)

5. Miyake A. and Yasuoka M. (2016) Which Should the Government Subsidize: Child Care or Elderly Care? The 15th International Conference of Japan Economic Policy Association (Onuma Seminar House)(30 October 2016)

6. 林田実・安岡匡也・難波了一・大野裕之(2016)DSGEモデルによる租税帰着の分析」2016年度日本応用経済学会秋季大会(慶應義塾大学)(20161126)

7. Yasuoka M. (2017) Political Economics in Pension and Child Allowance” 「社会保障と価格提示の可能性」研究会(尚美学園大学)(201736日)

 

2015年度

1.     安岡 匡也(2015)「財源調達に関する年金改革と労働市場」2015年度日本応用経済学会春季大会(九州産業大学)(2015614)

2.     Yasuoka M. and Hayashida M. (2015) How should the government finance for the redistribution policy?71st Annual Congress of the International Institute of Public Finance (Trinity College, Dublin, Ireland)(22 August 2015)

3.     Yasuoka M. and Miyake A. (2015) Which Should the Government Subsidize: Child Care or Elderly Care?35KMSG研究会(龍谷大学)(2015620)

4.     Yasuoka M. and Miyake A. (2015) Which Should the Government Subsidize: Child Care or Elderly Care? 2015年度日本経済学会秋季大会(上智大学)(20151010)

5.     Yasuoka M. and Hayashida M. (2015) How Should the Government Finance for the Redistribution Policy?” 第72回日本財政学会(中央大学)(20151017)

6.     Yasuoka M. (2015) Fertility and Education Investment Incentive in Pay-As-You-Go Pension,The 14th International Conference of Japan Economic Policy Association (Toyo University)(7 November 2015)

7.     Yasuoka M. (2016) Monetary Policy and Pay-As-You-Go Pension” ミニ・ワークショップ「再分配政策と政治経済システム-T」(同志社大学)(2016215)

8.     Yasuoka M. (2016) Monetary Policy and Pay-As-You-Go Pension” 第40KMSG研究会(高知工科大学)(2016310)

9.     安岡 匡也(2016)「介護保険制度の世代間財源負担のあり方」2015年度「第2回 社会保障と地方財政に関する研究会 中部支部会」(愛知大学)(2016325)

 

2014年度

1. 安岡 匡也(2014)「介護サービスの価格はどうあるべきか?」2014年度日本応用経済学会春季大会(徳島大学)(2014622)

2. Yasuoka M. and Oguro K. (2014)"Public Education, Pension and Debt Policy," 九州大学経済学研究院セミナー(九州大学)(2014729)

3. Yasuoka M. and Miyake A. (2014) "Pension and Child-care Policies in the Model of Human Capital and Public Education," 70th Annual Congress of the International Institute of Public Finance (Università della Svizzera Italiana, Lugano, Switzerland)(20 August 2014)

4. Yasuoka M. (2014) "Financing Elderly Care Service Subsidies," 31KMSG研究会(関西学院大学)(2014831)

5. Yasuoka M. (2014) "Financing Elderly Care Service Subsidies," 71回日本財政学会(中京大学)(20141025)

6. Yasuoka M. and Oguro K. (2014) "Public Education, Pension and Debt Policy," The 13th International Conference of Japan Economic Policy Association (Meiji University)(9 November 2014)

7. 安岡 匡也(2014)「公的年金の研究の方向性」2014年度日本応用経済学会秋季大会(中央大学)(20141116)

 

2013年度

1. Yasuoka M. (2013) "Subsidies for Elderly Care in Pay-As-You-Go Pension," 2013年度日本応用経済学会春季大会(立命館大学)(2013615)

2. Yasuoka M. (2013) "Subsidies for Elderly Care in Pay-As-You-Go Pension,"2013年度第2回関西公共経済研究会(京都産業大学)(2013713)

3. Yasuoka M. (2013) "Child-Care Policies in Pay-As-You-Go Pension," 2013年度名古屋市立大学現代経済学研究会(北九州市立大学)(2013928)

4. Yasuoka M. (2013) "Subsidies for Elderly Care in Pay-As-You-Go Pension," 70回日本財政学会(慶応義塾大学)(2013105)

5. Yasuoka M. (2013) "Child-Care Policies in Pay-As-You-Go Pension," The 12th International Conference of the Japan Economic Policy Association(札幌大学)(20131027)

6. Yasuoka M. (2013) "Child-care Policies and Pension in an Endogenous Fertility Model,"中京大学経済研究所セミナー(中京大学)(20131213)

7. Yasuoka M. (2013) "Child-care Policies and Pension in an Endogenous Fertility Model,"帝塚山大学経済学ワークショップ(帝塚山大学)(20131220)

8. Yasuoka M. (2014) "Pension and Child-care Policies in Human Capital Accumulation Model,"兵庫県立大学第10回現代経済学セミナー(兵庫県立大学)(2014124)

9. Yasuoka M. and Miyake A. (2014) "Pension and Child-care Policies in Model of Human Capital and Public Education," ミニ・ワークショップ「地域間競争・協調と分権システム-W」(同志社大学)(2014217)

10. Yasuoka M. (2013) "Child-Care Policies in Pay-As-You-Go Pension," The 2013 Korean Association of Public Finance, (October 2013)

 

2012年度

1. Yasuoka M. (2012) Can Child-Care Support Policies Halt Decreasing Fertility?2012年度日本応用経済学会春季大会(福岡大学)(201269)

2. Yasuoka M. and Goto N. How Is the Child Allowance to be Financed? By Income Tax or Consumption Tax?2012年度名古屋市立大学現代経済学研究会(甲南大学)(201292)

3. Yasuoka M. (2012) Can Child-Care Support Policies Halt Decreasing Fertility?2012年度日本経済学会秋季大会(九州産業大学)(2012108)

4. Yasuoka M. and Goto N. (2012) How Is the Child Allowance to be Financed? By Income Tax or Consumption Tax?2012年度日本応用経済学会秋季大会(明海大学)(20121118)

5. Hayashida M. and Yasuoka M. (2012) Pension System Sustainability and Public Debt,2012年度日本応用経済学会秋季大会(明海大学)(20121118)

6.安岡 匡也(2012)「育児支援政策の理論的・実証的研究の動向について」「人口構造・世帯構造の変化に伴う新たなニーズに対する社会保障政策の効果測定に関する理論的・実証的研究」平成24年度第4回研究会(国立社会保障・人口問題研究所)(20121225)

7.Yasuoka M. and Miyake A. (2012) Public Debt, Child Allowance and Pension Benefits in Endogenous Fertility, The 68th Congress of the International Institute of Public Finance (Dresden, Germany, Technische Universität Dresden)(19 August 2012)

 

2011年度

1. Jinno M. and Yasuoka M.(2011) Tax System, Replacement Rate of Pension and Child Allowance,68回日本財政学会(成城大学)(201110)

2. Yasuoka M. and Miyake A. (2011) Sustainability of Pension System and Public Debt,2011年度日本経済学会秋季大会(筑波大学)(201110)

3. Watanabe M., Miyake Y. and Yasuoka M. (2012) Public Investment, Health Infrastructure and Income Growth,2011年度日本応用経済学会秋季大会(慶應義塾大学)(201111)

 

2010年度

1. Jinno M. and Yasuoka M.(2010) Endogenous Fertility and Human Capital Accumulation in Pension System” 第3回人口動態と財政に関するワークショップ(一橋大学) (20105)

2. Nakamura H. and Yasuoka M.(2010) Education, fertility, pensions, and multiple equilibria 2010年度日本応用経済学会春季大会(西南学院大学)(20106)

3. Jinno M. and Yasuoka M.(2010) Endogenous Fertility and Human Capital Accumulation in Pension System2010年度日本経済学会秋季大会(関西学院大学)(20109)

4. Yasuoka M. (2009) Sustainability of Pension System and Public Debt,The 66th Congress of the International Institute of Public Finance (Uppsala, Sweden, Uppsala University)(August 2010)

5. Yasuoka M. and Miyake A. (2008) Child Care Support Policy and Fertility in a Model Based on the Supply of Child Care Services,The 66th Congress of the International Institute of Public Finance (Uppsala, Sweden)(August 2010)

6. Yasuoka M. and Goto N. (2009) Pension and Child Care Policies with Endogenous Fertility in a Closed Economy,Association for Public Economic Theory 2010 (PET10) (Istanbul, Turkey, Bogazici University)(June 2010)

 

2009年度

1. Yasuoka M. and Goto N. (2009) Pension and Child Care Policies with Endogenous Fertility in a Closed Economy,2009年度日本応用経済学会春季大会(名古屋大学)(20096)

2. Yasuoka M.(2009) Sustainability of Pension System and Public Debt,” 大阪市立大学セミナー(20097)

3. 安岡 匡也 中村 保(2009)「内生的出生率と介護保険制度―リスクプール効果と制度維持可能性の考察―」第30回北方サロン テーマ『介護保険制度の経済学的分析』(北九州市立大学)(20097)

4. Yasuoka M. (2009) Pension System Sustainability: Defined Contribution and Defined Benefit,2009年度日本経済学会秋季大会(専修大学)(200910)

5. Yasuoka M. (2009) Sustainability of Pension System and Public Debt,” 第66回日本財政学会(明治学院大学)(200910)

6. Yasuoka M. (2009) Pension System Sustainability: Defined Contribution and Defined Benefit,2009年度日本応用経済学会秋季大会(神戸大学)(200911)

7. Miyake A., Muro K., Nakamura T. and Yasuoka M.(2009) Public versus Private Education in the Presence of Occupational Choice,The All China Economics International Conference (Hong Kong, Hong Kong City University)(December 2009)

 

2008年度

1. 安岡 匡也(2008) 「出生率と所得水準の関係」九州大学大学院経済学研究院セミナー(九州大学)(20085月)

2. Kinai Y. and Yasuoka M. (2008) Endogenous Occupational Choice and Economic Development,2008年度日本経済学会春季大会(東北大学)(20086)

3.  Kinai Y. and Yasuoka M. (2008) Endogenous Occupational Choice and Economic Development,2008年度日本応用経済学会春季大会(熊本学園大学)(20086)

4. Yasuoka M. and Miyake A. (2008) Fertility Rate and Childcare Policies,” 第1回西日本経済財政研究会(熊本学園大学)(20089月)

5. Yasuoka M. (2008) Intergenerational Conflict in a Model of Endogenous Fertility,” 第65回日本財政学会(京都大学)(200810月)

6.  Yasuoka M. and Goto N. (2008) Pension and Child Care Policy in an Endogenous Fertility2008年度日本応用経済学会秋季大会(金沢大学)(200811月)

7.  Yasuoka M. (2008) Intergenerational Conflict in a Model of Endogenous Fertility,” 第2回西日本経済財政研究会(北九州市立大学)(200812)

8.  Yasuoka M. and Goto N. (2009) Pension and Child Care Policies with Endogenous Fertility in a Closed Economy,” 公共経済学若手研究者セミナー(一橋大学) (20092)

9.  Oshio T. and Yasuoka M. (2009) The Maximum Size of Social Security in a Model of Endogenous Fertility,” 第1回人口動態と財政に関するワークショップ(一橋大学) (20093)

10.  Kinai Y. and Yasuoka M. (2008) Endogenous Occupational Choice and Economic Development,Association for Public Economic Theory 2008 (PET08) (Korea, Seoul, Hanyang University)(June 2008)

11.  Yasuoka M. and Miyake A. (2008) Child Care Support Policy and Fertility in a Model Based on the Supply of Child Care Services,Far Eastern and South Asian Meeting of the Econometric Society 2008 (Singapore, Singapore Management University)(July 2008)

12.  Yasuoka M. and Miyake A. (2008) Fertility Rate and Childcare Policies,The 64th Congress of the International Institute of Public Finance (Netherlands, Maastricht, Universiteit Maastricht)(August 2008)

 

2007年度

1. 安岡 匡也・小塩 隆士(2007) How long should we stay in education if ability is screened?2007年度日本経済学会春季大会(大阪学院大学)(200763)

2. 三宅 敦史・安岡 匡也(2007) Dual Opportunity Cost of Child Care and Low Fertility Trap,2007年度日本経済学会秋季大会(日本大学)(2007924)

3. Miyake A. and Yasuoka M.(2007) Dual Opportunity Cost of Child Care and Low Fertility Trap,The All China Economics International Conference (Hong Kong, Hong Kong City University)(December 2007)

4. 安岡 匡也・三宅 敦史(2007Childcare support policy and fertility in the model based on supply of childcare service,2007年度日本応用経済学会秋季大会(中央大学)(20071117日)

 

2006年度

1. 安岡 匡也・中村 保(2006)「内生的出生率と介護保険制度―リスクプール効果と制度維持可能性の考察―」2006年度日本経済学会春季大会(福島大学)(2006年)

2. 安岡 匡也・中村 保(2006)「人的資本蓄積モデルにおける出生率と経済厚生」2006年度日本経済学会秋季大会(大阪市立大学)(20061021日)

3. 安岡 匡也・中村 保(2006) Endogenous Fertility and Human Capital Accumulation,2006年度日本応用経済学会春季大会(福岡大学)(2006611日)

4. 安岡 匡也・畔津 憲司・秋山 太郎(2006) Intergenerational Child Care Support and the Fluctuating Fertility: A Note,日本応用経済学会秋季大会(広島修道大学)(20061126日)

 

2004-2005年度

1. 安岡 匡也・中村 保・片平 めぐみ (2005) Private Education and Positive Growth with Shrinking Income Inequality: A Note,2005年度日本経済学会春季大会(京都産業大学)(2005年)

2. 安岡 匡也 (2004)「出生率と課税政策の関係」2004年度日本経済学会秋季大会(岡山大学)(2004年)

3. 安岡 匡也 (2005) Endogenous Skill Premium and Heterogeneous Labor” 第62回日本財政学会(一橋大学)(20051022日)

 

 研究助成:

・令和元年国際共同研究「2025年に向けた財政・社会保障制度に関する研究」(内閣府経済社会総合研究所)(20197月〜20213月)

・科学研究費助成事業 基盤研究C研究分担者

「研究課題名:将来世代にわたる災害の影響を減殺する生活再建政策に関する提言」(令和元年度−令和3年度)

・科学研究費助成事業 基盤研究C研究代表者

「研究課題名:社会保障給付の世代間配分のあり方に関する研究〜所得格差と経済成長の観点からの分析」(平成29年度−平成31年度)

・科学研究費助成事業 基盤研究C研究分担者

「研究課題名:少子高齢社会における所得格差の是正のあり方と経済成長」(平成29年度−平成31年度)

・科学研究費助成事業 基盤研究C研究分担者

「研究課題名:少額投資非課税制度(NISA)の計量経済分析」(平成29年度−平成31年度)

・科学研究費助成事業(科学研究費補助金)基盤研究C研究分担者

「研究課題名:ベイズ推定DSGEモデルによる税制改革の分析〜消費税増税と法人税減税の租税帰着」(平成26年度−28年度)

・科学研究費助成事業(学術研究費補助金)基盤研究C研究代表者

「研究課題名:少子高齢社会における社会保障制度改革がマクロ経済に与える影響についての分析」(平成26年度−28年度)

・科学研究費補助金若手研究B研究代表者

「研究課題名:若年世代の所得格差が存在する下での老年世代への年金給付の分析」(平成23年度−25年度)

・科学研究費補助金若手研究B研究代表者

「研究課題名:少子高齢社会における持続可能な社会保障制度の構築」(平成21年度−22年度)

・科学研究費補助金基盤研究C研究分担者

「研究課題名:社会保障における政府、企業、個人負担の最適配分に関する理論的・実証的研究」(平成19年度−20年度)(研究代表者:小塩 隆士 教授)

・科学研究費補助金基盤研究C研究分担者(ただし20年度より研究連携者)「研究課題名:教育制度と金融市場の不完全性が経済成長及び所得格差に与える影響に関する理論的研究」(平成19年度−21年度)(研究代表者:中村 保 教授)

・北九州市立大学特別研究推進費(平成20年度)

「研究課題名:少子高齢社会における持続可能な社会保障制度のあり方に関する研究」

 

 査読を行った雑誌

Economic Modelling, Journal of Economics, Southern Economic Journal, Review of International Economics, Economics Bulletin, Theoretical Economic Letters, Modern Economy, Metroeconomica, Applied Economics, Canadian Journal of Economics, Global Journal of Health Science, Japanese Economic Review, Journal of Pension Economics and Finance, Journal of Economic Studies, International Journal of Finance and Economics, Economic Alternatives, Sustainability, Economies, Regional Science, Policy and Practice

・応用経済学研究(編集委員(2014年度)), 経済政策ジャーナル, 財政研究, 計画行政, 経済研究, 会計検査研究

 

 討論者:

・内藤徹氏報告論文”Urbanization, Waitlisted Children, and Childcare Support in a Two-Region Overlapping Generations Model”へのコメント(2020年度日本経済学会春季大会2020530日)

・塩津ゆりか氏報告論文”Theoretical Analysis for Strategic provision of public child care service interaction between private and public providers”へのコメント(2018年度日本応用経済学会春季大会2018623日)

・小黒一正氏報告論文”Borda Count Method for Fiscal Policy- A Political Economic Analysis”へのコメント(2018年度日本応用経済学会春季大会2018623日)

・新谷昌也氏報告論文”Foreign suffrage as a way of mitigating international conflicts”へのコメント(12回若手経済学者のためのマクロ経済学コンファレンス2018216)

・大住康之氏報告論文“Biased Technical Changes and Wage Inequality-Skill-Biased vs. Capital-Biased Technical Progress-”へのコメント(2017年度日本応用経済学会秋季大会20171028)

・大野正久氏報告論文”Uncertainty about Secession, Natural Resources and Fiscal Policy ”へのコメント(74回日本財政学会2017916)

Comments on The Interaction of Pension System and Unemployment Insurance - Evidence from two Reformsby Johannes Endler and Johannes Geyer (73rd Annual Congress of the International Institute of Public Finance, 18 August 2017)

・迫一光氏報告論文「介護が存在する世代重複モデルによる年金制度改革の経済的効果」へのコメント(2017年日本応用経済学会春季大会2017618)

・鞠重鎬氏報告論文「世代間の所得移転形態と課税政策」へのコメント(第73回日本財政学会20161023日)

・小林秀行氏報告論文“Buffer patients in distributing nursing service resource-capturing their restricted opportunities in capability approach”へのコメント(2016年日本経済学会秋季大会2016911)

・田中宏樹氏報告論文「地域内所得格差が公教育サービスに与える影響−都道府県パネルデータを用いた投票モデルによる実証分析−」へのコメント(ミニ・ワークショップ「再分配政策と政治経済システム-T」 2015215日)

Comments on " Jointly Optimal Income Taxes for Different Types of Income," by Johannes Hermle and Andreas Peichl (71st Annual Congress of the International Institute of Public Finance, 22 August 2015)

・金子能宏氏報告論文「社会保障の財源選択と財政赤字・経済変動との関係に関する経済成長モデル分析」へのコメント(2015年度日本経済学会春季大会2015524)

・宮澤和俊氏報告論文"Grandparental child care, child allowance, and fertility"へのコメント(2014年度日本応用経済学会秋季大会20141116)

Comments on "Can a subsidy policy moderate public investment competition?," By Tadahisa Ohno (The 13th International Conference of Japan Economic Policy Association, 9 November 2014)

・吉田雅敏氏報告論文" Intergenerational Discrimination of User Charges on Excludable Public Goods"へのコメント(71回日本財政学会20141025)

・平澤誠氏報告論文" Labor supply of the elderly, fertility and economic growth"へのコメント(31KMSG研究会201491)

Comments on "Extracurricular educational programs and school readiness: Evidence from a quasi-experiment with preschool children," by Kerstin Schneider and Anna Makles (70th Annual Congress of the International Institute of Public Finance, 20 August 2014)

・弘田祐介氏報告論文「児童労働、乳幼児死亡率と経済発展との関係についての一考察」へのコメント(2014年度日本応用経済学会春季大会2014622)

・宮崎毅氏報告論文" Fiscal Equalization Transfers and Tax Effort : Evidence from Japanese Prefectural Level Data "へのコメント(同志社大学 ミニ・ワークショップ「地域間競争・協調と分権システム-W」2014217)

・高畑純一郎氏報告論文"Child Benefit and Welfare for Current and Future Generations"へのコメント(2013年日本応用経済学会秋季大会20131117)

Comments on "Is Neutrality Emerged in Modified Joy-of-giving Bequest Motive?" by Mizuki Nakama (The 12th International Conference of the Japan Economic Policy Association, 27 October 2013)

Comments on "Non-market Household Production and Intergenerational Transfer in Korea : Analysis of the National Transfer Accounts" by Byongho Tchoe and Namhui Hwang (The 2013 Korean Association of Public Finance, October 2013)

Comments on Is Fertility Affected by Family Policy? Evidence from the Introduction of Child Benefitsby Panayiota Lyssiotou (The 68th Congress of the International Institute of Public Finance, August 2012)

・池下研一郎氏報告論文“Political Economy of Patent Protection and Economic Growth” へのコメント(2012年度日本応用経済学会春季大会2012610)

・佐野浩一郎氏報告論文“Optimal public education policy in a model with a hierarchical education system”へのコメント(2011年度日本応用経済学会春季大会20116)

・塩津ゆりか氏報告論文「最適な社会保険と所得税の合計負担率と出生率への影響」へのコメント(日本財政学会第67回大会201010)

Comments on Child care subsidies revisitedby Egbert L.W. Jongen (The 66th Congress of the International Institute of Public Finance, August 2010)

Comments on Retirement as a Hedgeby Pierre Pestieau (The 66th Congress of the International Institute of Public Finance, August 2010)

・村田慶氏報告論文「政治体制と公的教育および経済成長」へのコメント(2010年度日本経済学会春季大会20106)

・森田圭亮氏報告論文“Tax Evasion and Advanced Tax Payment as a Deterrent” へのコメント(2009年度日本応用経済学会春季大会20096)

・三宅裕介氏報告論文「児童労働・教育投資・土地保有に関する一般均衡分析」へのコメント(2009年度日本応用経済学会秋季大会200911)

Comments on Why do so many Chinese immigrants and their children attend university? Some evidence for Canadaby Mueller R. E. and Ross F. (The All China Economics International Conference, December 2009)

Comments on The transfer of the remittance fee from the migrant to the householdby Shimada A. (The All China Economics International Conference, December 2009)

・玉井寿樹氏報告論文“Dynamic Analysis on Public Investment Policies in an Endogenous Growth Model”へのコメント(2008年度日本応用経済学会秋季大会200811)

・村田慶氏報告論文「人的資本配分と内生的経済成長−マクロ均衡動学による労働市場に関する理論的分析」へのコメント(2008年度日本応用経済学会秋季大会200811)

・上村敏之氏報告論文「児童手当の財源選択と経済厚生」へのコメント(国立社会保障・人口問題研究所 社会保障モデルの評価・実用化事業2008年度ワークショップ200812)

 

 座長:

Association for Public Economic Theory (PET10), June 2010, Boğaziçi University (Istanbul, Turkey), Session: Pension Policy1

The All China Economics International Conference, December 2009, City University of Hong Kong (Hong Kong), Session: Migration and Wage, Session: Social Economics

Association for Public Economic Theory (PET08), June 2008, Hanyang University (Seoul, Korea), Session: Macroeconomics1

2015年度日本応用経済学会春季大会座長:セッション「DSGEの経済分析」

2015年度日本応用経済学会秋季大会座長:セッション「English Session W」

2016年度日本応用経済学会春季大会座長:セッション「社会保障の経済学」

2017年度日本応用経済学会春季大会座長:セッション「地方財政」

2017 Asian Meeting of Econometric Society, June 2017, The Chinese University of Hong Kong (Hong Kong), Session: Health and Aging

 

学会運営:

・日本経済学会プログラム委員(2020春)

・日本応用経済学会プログラム委員(2012春、2015春、2016秋、2017春・秋、2018春(委員長)・秋、2019秋、2020春)

・日本応用経済学会企画セッション組織(2015春、2016春、2017春、2018秋、2020春)

・日本応用経済学会企画委員(2014年〜)

 

 社会貢献:

・大阪府社会保障財政研究会アドバイザー(20184月〜9月)

・朝日新聞「(ニッポンの宿題)若者の社会保障:1 若い世代、どう支える」にてコメント(2017729)

・同志社大学政策学会講演会「子育て支援施策の狙いと意義」同志社大学(2016117)

・尼崎市中央市民大学教養講座「少子高齢化による経済成長への影響<望ましい政策について考える>」講師(20157)

KBC「ニュースピア」において社会保障の負担のあり方についてコメント(20132)

・アヴァンティ北九州「どうなる?どうする?年金」にてコメント(20126月号)

・九州経済連合会の社会保障と税財政ワーキンググループにおいて「望ましい税制の在り方−効率性と公平性の観点からの考察−」を報告(2011725)

・西日本新聞「どう変える年金制度 識者紙上対談」にてコメント(2011222)

KBC「ニュースピア」において国民健康保険についてコメント(20095)

KBC「ニュースピア」において経済対策の効果(定額給付金や高速道路料金引き下げなど)についてコメント(200912)

・小倉工業倶楽部第9回現代法セミナー「テーマ:The Day After Tomorrow:危機後の世界はこうなる」講師(20093)

 

 寄稿:

1.「移民の受け入れは社会保障制度を持続可能なものとするか?」エコノフォーラム21 No.20 March 2014

2.「社会保障制度と世代間格差」エコノフォーラム21 No.20 March 2014

3.「社会保障制度改革は負担の押し付け合いか?」エコノフォーラム21 No.21 March 2014

4.「年金制度改革と財政」季刊ひょうご経済 一般財団法人 ひょうご経済研究所20154No.126.

5.「少子化対策と同時に行わなければならない介護政策」地域ケアリング12月臨時増刊号2016vol.18 no.14. pp.71-72

6.「ホームレスを考える」エコノフォーラム21 No.24 March 2018.

7.「出版会から本を出す「少子高齢社会における社会政策のあり方を考える」」理No.49 関西学院大学出版会

8.「【海外からの便り】様々な国の学生であふれるキングストン〜寄付文化が根づき、日本と異なる医療保険の仕組み」KG TODAY 4月発行号(303号)

9.「環境とマクロ経済〜日本とカナダの違いの視点から〜」エコノフォーラム21 No.26 March 2020.

 

ボードゲーム:

・マクロ経済学を学べる自作のボードゲームを下記より資材をダウンロードして遊ぶことができます。遊ぶためには、下記、資材1、資材2、説明書をダウンロードしてください。

資材1

資材2

説明書

・ミクロ経済学を学べる自作のボードゲームを下記より資材をダウンロードして遊ぶことができます。

遊ぶためには、下記、資材、説明書をダウンロードしてください。

資材

説明書