やさしいホームページづくりV リモコン編



リモコン・フレームタイプの作り方

  

      最初にここで作る「サンプル」を見てみることにします。
         リモコンと上下に分割したフレーム リモコンサンプル


  ※ 時間の節約のために!!
    このファイルをHTML文書のまま、用意したディレクトリに保存または印刷
    して下さい。
    文章の中のダウンロードが設定されているファイルを、マウスの右クリックで
    同じように、ダウンロードして下さい。接続を切って、ブラウザでこのファイル
    を読み込み、メモ帳で ファイルの編集してください。
    編集は1つのフォルダ(ディレクトリ)でする方が良いかもしれません。
   
  ※ ジャストネット上では、フォルダは1つだけなので、フォルダを指定してファイルを
     ネットスケープで送信すると、ファイルの指定がうまくいきません。
     画像がでなくなります。
    ジャストビューでは、フォルダの指定を全部とって送っています。
    ですから、フォルダーを1つにした方が、ファイル名が重なったときの対応が
    しやすくなります。予防にもなります。
    
 ジャストシステムから他のサーバーにコピーするときは、すべて書き換えなければなりません。
    
  ※その他の場合、ファイルを指定するとき、指定するファイルから見て、ディレクトリー
   を指定します。同じところならファイル名だけでできます。隣のディレクトリーなら 
   ../tonaridr/ファィル名 下のディレクトリーなら ./shitadr/ファイル名 とします。
   2つの違いは、
     ../ の方は自分の上のディレクトリーに行って tonaridr を指定します。
     ./ の方は自分のいるディレクトリーの下の shitadr を指定します。
   一番良いのは、自分のハードディスク内に public_html 以下を、サーバと同じ環境に
   つくることです。送信もやりやすくなります。
   
[1]最初に開く rcindex.htm は、上下分割のフレームを使って起動されます。
   ここで、フレームなどに対応していないブラウザに対して警告を出します。
   同時に、javascript を使ってリモコン用の新しいウィンドウを作ります。  
   リモコンも上下分割のフレームを使って起動されます。。  
   サンプルの画面からおわかりのように、リモコン、フレームどちらでも使える様にしました。  
     
[2]それでは、はじめましょう。  
   注意として、フレームタイプでないホームページをつくっておられた場合は、
   SAMPLE2 SAMPLE3 のなかの、NOFRAMES /NOFRAMES の間に挿入しますので
   消してしまわないようにして下さい。
   
(1)最初に、つぎの12個のファイルを新しいフォルダーにダウンロードしてください。
      rcindex.htm ここをマウスの右ボタンでクリック
      rcfronts.htm ここをマウスの右ボタンでクリック
      rcfrontm.htm ここをマウスの右ボタンでクリック
      rmcmain.htm ここをマウスの右ボタンでクリック
      rmcsub.htm ここをマウスの右ボタンでクリック
      rcmenu1.htm ここをマウスの右ボタンでクリック
      rcmenu2.htm ここをマウスの右ボタンでクリック
      rcmenu3.htm ここをマウスの右ボタンでクリック
      rcmenu4.htm ここをマウスの右ボタンでクリック
      rcmenu5.htm ここをマウスの右ボタンでクリック
      sub100.htm ここをマウスの右ボタンでクリック
      sub101.htm ここをマウスの右ボタンでクリック
  
      remocon.zip zipの解凍ができる場合ここをマウスの右ボタンでクリック
  
(2)もとになるファイルのダウンロードができましたら、それぞれをメモ帳に読み込みます。
   メモ帳は、それぞれに立ち上げておいた方が、編集しやすくなります。
   フレームタイプでない、index.html がありましたら BODY /BODY の間の内容を
   rcindex.htm の中の NOFRAMES /NOFRAMES の間に挿入します。
  
(3)つぎに、rcindex.htm をエクスプローラ または、ネットスケープに読み込みます。
   
    この時点でリモコンが作られ、メインの画面は分割されて表示されます。、
    メニューは、メイン画面の上の部分とリモコンに表示されます。  
   
    この時点で、次の6つのファイルが働いています。
    rcindex.htm rcfronts.htm rcfrontm.htm rmcmain.htm rcmenu1.htm rmcsub.htm
    それぞれのファイルを編集してください。
   
    RCMENU1.HTM から RCMENU5.HTM のなかの呼び出すファイルのリンク設定では、
     target="sakusaku" で全体に表示されます。
     target="MAIN" でフレームの下に表示されます。
    どちらかに統一して使った方が良いでしょう。
     target="MAIN" で統一すればフレームのメニューと両方使えます。
  
    メニューの数は、適当に増減して下さい。
    また、ファイル sub100.htm sub101.htm と2つしか作っていません。
    残りは各自で編集・作成してください。
  
(4)全体に思ったように働きましたら、
         rcindex.htm  を index.html や index.html にファイル名を変更して下さい。

  これより以下、やさしいホームページづくりT、Uと同じです。
 *ご注意
   なお、ジャストシステム以外の方は、小文字で index.html という名前にしてください。 
   そして、送信するときに、index.html になるよう確認してください。
   そして、FTP を使って public_html のディレクトリーの下に送信して下さい。
   FTP で public_html の下にその他のディレクトリーをつくります。
   ジャストシステム以外ではファイル名は、html文中でも、英数小文字で、指定してください。
   ですから、SAMPLE.TXT などの中のファイル名は、書き換えてください。
   ファイル名は、拡張子も含めて、完全に一致させてください。
   もちろん html という拡張子は htm でも動作しますが・・・。
    
(5)つぎに、ホームページファクトリーを呼び出します。
  ホームページ作成を選び、ファイル読み込みでindex.htmlを読み込み送信します。
  
  送られていないファイルがないか、確認します。
  もしあれば、ホームページ選択送信を選び、追加、でファイルを選択して送信します。
  
  ファイル名は、関連づけてつけてありますが、仕組みがわかりしだい変更して下さい。
  
(6)最後に、今送ったファイルが正しく動作するかを確かめるために、
   ホームページインデックスから読み込んで確認して下さい。
   
   
   このページへのアクセス回数は 回目です。《カウンター10月10日設置》
   尚、写真、アプレットの著作権の問題がありますので、ファイルの公開はしておりません。
   ご了承ください。
   


TO HOMEPAGE ホームページにもどる