第5回 九州のんびり飛行会へ参加してきました

熊本のKANAMEさん主催の「九州のんびり飛行会」、今年は会場の都合で阿蘇の観光牧場飛行場から「球磨人吉フライヤーズクラブ」さんの飛行場をお借りして開催という事になりました。昨年まで悪天候の順延がありましたが、今回は無しという事で8月下旬の26日開催に決定。

私もスケジュールを調整して(KANAMEさん主催のこの飛行会だけ大目に見てもらってます)今回も参加させて頂くことができました。今回は人吉で美味しい物を食べたり球磨川下りもしようと期待に胸は膨らみます。うちの本業の方で近所の組長さん(そちょうです)は人吉出身の方で、いろいろ話は聞いていましたが、行ってみると非常に良い所でありました。

今回は飛行会前日の土曜に観光と言うことで、金曜の夜に熊本入りしました。参加者が40名を超えそうという事で積んでいく機体は最小限。(あれで・・と思われるかもしれませんが最小です)
山陽道五日市ICから燃費優先巡航で小倉福岡間の渋滞もクリアする時間で通過でき、熊本ICのゲート通ったのは自宅から4時間後。でも・・・IC出たところから57号の慢性渋滞は始まっており、定宿のビジネスホテルに着いたのはさらに1時間後。2輪で来なければ夕刻の渋滞は仕方ありません。

チェックイン後にいつも行く中華屋さんで一人プレ前夜祭。酎ハイ一杯で沈没して帰還しました。翌日家内からの電話に起こされ、滅多にホテルで食べない朝食を摂って3号線走って松橋ICから九州道。最寄りのSAでKANAMEさんと待ち合わせ いざ人吉!

人吉の宿に車を置かせてもらって、今日は車に乗るのはここでおしまい。徒歩で昼食予定のそば屋さんに向かいます。

操業100年を超える「丸一そば」お店の前から出汁の良い香りが漂ってきてます。私が食べ慣れている山陰の蕎麦とは違いますが、優しく美味しいおそばでありました。ざると暖かいおそばをいただきました。
当初の予定ではこのあと球磨川下りに向かうつもりでしたが、人吉入りが早くできたため、次のターゲットである餃子のお店に進みます。
「松龍軒」さん

随分前に熊本の自転車のHPの食べ走りレポートで見たことがあるお店。

いやぁ・・・ 私ビールは余り飲めないんですが・・・ おいしぃ!であります(⌒∞⌒)

これで4人前(KANAMEさんと2人で食べるのです) 餃子のタレにラー油ではなくて七味をスパイスで入れます。
いやぁ・・ これが 嘘みたいに美味しいのです。具はほとんど野菜なんですがいくらでも入ります。ビールの飲めない私が小さなジョッキ1杯昼間から飲んだくらい美味しいのであります。(だから今回は車置いての移動)
今回最大のインパクトでありました。

餃子をいただいた後に人吉城を回って、JRに乗って球磨川下りの場所に向かいます。こういう時間に余裕があるときはディーゼル客車も風情があります。冷房が心地よくて、ブンブン回ってる扇風機のガードにはJNRのロゴが残ってました。

 球磨川下り (急流編)
 ちょっと曇っていて、川面の風が心地よいであります。幸せであります。
人吉に着いた時は雨降ってたのですが、雨も上がって日差しも厳しく無く、人情味あふれる川下りの90分。終点手前の鍾乳洞を頭ぶつけながら(178の私よりさらに背の高いKANAMEさんには厳しい道でした)見学し、帰りは産交バスで人吉に戻りました。

宿で自転車を貸していただいて昼間の松龍軒さんに性懲りもなくまた行って餃子\(^◇^)/ タイヤの空気が怪しいのでKANAMEさん持参のポンプで調整し、焦がしニンニクがしっかり効いたラーメンやさんで美味しいラーメンを補給の後、TOKUさん達がナイトミーティングを行うというキャンプ場へ自転車で向かいます。(約4キロ)
変速無しのママチャリですが、気持ちよく進んでいきます。進んでいくと次第に坂はきつくなりますが、サイクルマラソン阿蘇望へこのところ続いて参加しているKANAMEさんには楽勝の坂も、暑さにまけて自転車さぼってる私にはなかなか厳しい道でありました。
それでもなんとかクラフトパークまで到着したところ、周囲真っ暗。先に到着していたスカイタウンのKANEKOさんに迎えに来てもらって前夜祭グループと合流。
しばし談笑の後、私とKANAMEさんは露天風呂目指して解散。TOKUさんたちは24時回る頃まで飛ばしていたようであります。

KANAMEさんに一日案内してもらって、最高の露天風呂で一休み。帰りにコンビニで買い出しをし、部屋で少し飲んで後は爆睡。

ここからやっと「第5回 九州のんびり飛行会」となります。

KANAMEさんの先導で球磨川河川敷にある「球磨人吉フライヤーズクラブ」さんの専用飛行場に到着です。草地の滑走路ですが、大変良く整備されて借用させて頂くのが申し訳無い様な飛行場です。
 飛行場はこの先の河川敷。南が背になるので環境も良好。

既に地元クラブの方々やH山さん達は到着されておられ準備万端のご様子。私も今回準備したアルミ蒸着のブルーシート(青く無いけど)を車のルーフレールに縛り付け、柱をかませてアンカー取って簡易タープ。(タープなのか・・)
開会までまだ時間は十分ありますが、早速にバッテリーの充電を始めます。
参加の車も次第に集まってきて、Iズミさん到着、ごくらくトンボさんも到着。顔見知りの方も参加の度に増えてきます。だからやめられないです。

恒例の開会式の後記念撮影。天気は心配無いのですが日差しはけっこう強烈な様で、河川敷下の川原の石が熱くなってサーマルがぼこぼこ発生し、プチトレーナーは翻弄されるもの続出。
午前中のサーマルがある間にと、私もブラスターを準備します。
KANAMEさんのラディナDLGは既にサーマル大当たりで滞空中。私も・・と走っていくと 足がもつれてファール。(ノ ̄∞ ̄)ノ あの餃子とビールの影響であります。
2投目は不本意ながらへろへろっと上がり、サーマル適当に拾って滞空。しばらく遊んで結局1投だけで回収であります。

今回は佐賀のWBOさんやTOKUさん達のグループの方が480クラスの単発や双発の電動ダクト機で大勢参加されています。
480の双発が実際に飛ぶのを見るのは初めてでしたがA☆さんのF−4は操縦者の腕もありますが完璧に制御されて快調。あこがれのHETのF−15(地元では飛ばす場所がない)も双発の良い音で飛び回っていました。

私も知り合いの方のを見せてもらったりお手伝いを少しだけさせてもらったり、朝ご飯食べたりヘリの支度をしたりとマイペース。
お盆明けに笠岡で気まぐれを起こしたA−4も熊本に来たのにちょっと御機嫌斜め。
なんとなかるかな・・とランチ台を出ましたが、半周したところで脱調によるカットで不時着。無傷でけろっと草の上にいましたが、今まで使っていたTP730からハイペリオン800へバッテリーを変更したため、今まで使えなかった回転まで上がってのトラブルの様です。

昨年ののんびりで手投げ失敗で小破したマイクロジェット、今回も手投げ直後に裏返ってしまい大破。
今考えると、どうも手投げ時様のエレベーターオフセットが、エレボンなのにエレベーターサーボへのみアップの補正が入っていたようです。

これくらいから暑さが応えはじめ、汗だらだらで電動化222をとりあえず上空回して帰還。104はごくらくトンボさんに見て頂き、それなりに1フライトし良く整備された良好な草地に無事帰還。T-REX450はアラインのカーボンブレードとハイペリオン1919モーターとの相性が良いのかそこそこ走ってくれましたが、今のスタビブレードに交換してホバリングは落ち着くのですが、上で舵がすこし緩く感じます。

お昼の大抽選会も過ぎて、F-18も無事帰還。へろへろ40とTOKUさんのデルタ機との編隊飛行を目論んでましたが時間切れ。

実は暑さと前日のはしゃぎすぎにより、飛ばす気力が減ってしまい、ビデオもデジカメも撮影する事がほとんどありませんでした。
フロートまで持って行ったフライベビーは出さないまま終わりました。

で・・ 文字だけインプレ。

WBOさんが最初にテストされたHETのF-16 バンジー後にカチーンという音がでてインペラが飛んでしまってましたが、良い仕上げでいい機体ですね。
F−4の引き込み脚仕様やF−15も大変魅力的なのですが、場所の問題で現在保留中。でも双発の音は良いですね。

mosuさんのGWSのP−38も電動ですが双発らしい快音を響かせてました。仕上げが面倒ですが、面白そうです。

katayamaさんのダクト機は小型機なのに相変わらず草地から楽々離陸しクリアな音ですっ飛んでいます。自作のオートジャイロも良いブレード音を響かせてました。ここまで仕上げるのに大変なノウハウがありそうですが、完璧な飛び。ハバネロにダクト載せたのも面白そうでした。淡々と凄いのを飛ばされる方であります。

鹿児島のleonさん、ブログはちょっと前から毎日拝見させてもらってましたが、昨年F−16を持ってこられていた方でした。シャトルの電動化をされていらっしゃいましたが、モーターはうちのと同じMEGAなのですが、さらに低いKV値の物を選択され6セルでパワフルにフライト。この方が正解かもしれないですね。お会いできて楽しかったです。

WBOさんの400クラス電動パイロン機、今回は天気が良かったのと冷静に見てたので飛行中の機影はなんとかみえましたが、目でずっと追ってると背景が流れてしまうような速度。きっと脳内物質の強烈なやつが吹き出てるのだと思います。これを平然と制御されてるのはすごいです。ユニオンのマイクロシリーズの改造機も良く飛んでましたね。

ごくらくトンボさん、相変わらず超人的作り込みの小型電動機ばかりでした。この方が塗って飛ばすとタイヨーのEPP零戦がとんでもないスケール機となって、しかもパターン機並の正確さで飛んでくれます。弘法筆を選ばずであります。

Iズミさん、TOKUさんの掲示板では知っていたのですが、ゆっくり話ができたのは今回が初めてだったと思います。ラトルスネイクの隼が快調に飛んでました。バンジーグライダーはもう少しテンションかけても大丈夫そうですね。

室見川飛行倶楽部のkunihiroさん、ドリルクラッシャーさんの掲示板でお名前は覚えがあるのですが、可変翼で綺麗に飛ぶF-14は可愛かったです。サーマル工房のライハーもさりげなく正確な作り込みでした。福岡の方なのですが以前は広島で勤務されていて私の自宅から15分程度の場所で飛ばされていた様です。

TOKUさんのBD−5(JIユニット搭載版)も絶好調。熟成を重ねた機体ですね。手投げさせてもらいました。相当に飛ばし込んでいる機体なので多少よれているとは仰ってましたが、びしっとした飛びは普通のスチレン機とは別物。海外サイトで紹介されたら大人気になるでありましょう。480クラスにも進出予定だそうです。暑くなければとことんご一緒したかったであります。

ドリルクラッシャーさんもゆっくり話をする時間が無かったのですが、電動化バードオブタイム見参でありました。太陽に入ってしまったようですが次作に期待であります。フォッカーの三葉も次回の楽しみにしておくであります。

サーマルもそこそこあったようで、グライダーの方もしっかり楽しまれていたようでした。ゴム動力のライトプレーンを50XCで電動化された機体も気持ちよさそうに飛んでいました。公園で飛ばせるならフリーより舵が制御できたほうが安全ですね。
小さなエアロンカも可愛いバルーンタイヤ履かせて気持ちよく舞っていました。じっくり拝見できませんでしたが、好きな機体が舞ってるのは楽しいです。
フライングボートも何機か飛んでましたが、一機の底面に敬礼バージョンのケロロ軍曹が描かれていたのを、私とKANAMEさんはチェックしておりました。

他にもゆっくり見て回りたい機体はたくさん参加されていたのですが、何しろ強烈な暑さと午後からの風と雨。帰路を急がれる方は3時頃から帰られ始め、そろそろ撤収かなという時間には雨も降ってきました。

私も慌てて撤収し、KANAMEさんと帰路につきました。九州道入ってラーメンで一休み。今回お世話になりっぱなしだったKANAMEさんとSAで解散し、私は九州道の松橋ICで降りて3号線を北上しホテルに戻りました。日曜の夕刻で渋滞が無かったのが幸い。
日に焼けた直後だったので、宇土市の家内の実家に寄るのも遠慮して、宿で汗流して爆睡。目が覚めて食事に出かけ一人反省会。
翌日は阿蘇にも寄らず、熊本ICから九州道を素直に走ります。
5月の飛行会でエアクラフトの佐々木さんに教えてもらった小倉南ICおりたところの「かかし」にてうどんの昼食。
24時間営業の様です
九州はラーメンというイメージが昨今強いのですが、うどんも九州は美味しいのです。寄らねばならぬ所が増えました。
昼食後、平尾台に行ってみたりせず、素直に帰還。参加賞を協賛してもらった模型店におみやげもっていって帰宅。

飛行会は暑さが厳しかったですけど、幸せな夏のイベントが終わりました。

さて・・10月の飛行会までに一式陸攻を・・・ (⌒∞⌒)

3月にKANAMEさんTOKUさんと「今年は双発しようかな」と密談してましたがまだ手つかず。笠岡で見せていただいたホンダジェットと747は凄かったですが、ビジネスジェットの双発は魅力的であります。次回の密談の計画も練るのであります。週末はスケジュール空けるのは私は基本的に無理なのですが、夜の密談は平日にできるのであります。こういう席で冗談で言ってるのを実現していくのも楽しいのであります。



KANAMEさん今回もいろいろお世話になりました。人吉観光も最高でありました。
また今回の飛行場をお貸し下さった「球磨人吉フライヤーズクラブ」の方々のご厚情にも大変感謝しております。
大変お世話になりました。ありがとうございます。


飛行会が終わった後、自宅に電話すると娘が「お父さん早く帰ってきてね」との声。 遊んでばかりでごめんね。

2007/08/27