日本・ポルトガル コルク工業

Portugal-Japan Cork Industrial Association

 

ホーム   コルクのお話  コルクの森紀行  ポルトガルから   トピックス 

ホルムアルデヒド発散等級表示規定  シックハウス対策登録(F☆☆☆☆)確認  会員


 すべての規制は千代田区(東京都)から  


   千代田区の道路は実に快適である。道路上に吸殻が見当たらない。空気がうまい。ポイ捨ての缶が落ちていない。 歩く子供の目の高さにタバコが無い。

これは平成1410 1に施行された「生活環境条例」によるもので、健康増進法どこではない。道路上で喫煙などしようものならどこからとも無く、区役所の職員が現れ、罰金を請求されると言うこれまでにない厳しい罰則をもっている。

道路を見る限り、大成功しており、タバコ嫌いの人達は喝采している。そのため、これが他の自治体に波及し、同じような条例を制定するところが増加の一途である。  

その千代田区が平成16111日、今度はシックハウス対策へ新たな指導要綱を策定し、111日から施行した。新築・増改築する住宅や建物に、シックハウスの原因とされる5つの化学物質の室内濃度測定を義務づけるといものである。

濃度測定が義務づけられる化学物質はホルムアルデヒド、トルエン、キシレン、エチルベンゼン、スチレンの5物質。濃度測定義務づけの対象となるのは、一戸建て住宅・集合住宅・所有者住居を含む雑居ビルの他、保育所・学校・通所介護施設などのほとんどの建物である。

事業者は、引渡し以前に上記5物質の室内濃度を測定し、結果を地域保健所に報告することが義務づけられている。もし測定結果が厚生労働省の定める室内濃度指針値を上回った場合は、保健所から是正措置を求められ、さらに再測定の結果と是正の内容を報告する必要がある。報告の内容が疑わしい場合には、保健所が再調査を行う。

一昨年から、シックハウス対策として国土交通省がホルムアルデヒドの製品単体に対する規制を始めたものの、室内濃度そのものを規制するのはより現実的なものとして注目を浴びている。というのもF☆☆☆☆製品が一般化した今、多額の費用と時間のかかる国土交通大臣認定を取らずに梱包に表示だけして虚偽表示をする製造者や輸入業者が見られるからである。

この規制も現実的なものとして地方自治体に拡大していくのも時間の問題であるかもしれない。 

国では厚生労働省が対象物質と室内濃度指針値を定めているにかかわらず、ホルムアルデヒド以外の個々のVOC(揮発性有機化合物)規制については各省庁間の駆け引きの中で、一向に定まる様子が見えない。なかでもアセトアルデヒドについては、すでにこの濃度指針値をめぐって混乱が生じているのは周知の事実である。

また、暫定目標値をTVOC(揮発性有機化合物の総量)400μg/m3で検討しているというが、森林総合研究所が昨年まとめた木質建材が放散する化学物質の特性に関する研究成果「シックハウスと木質建材資料集」では28日経過後の結果でさえ、測定対象13針葉樹種の中で7種しかTVOC暫定目標値をクリアーしていなかったという。(針葉樹の主な放散VOCは人体に無害といわれるテルペンであり、必ずしも有害ではないとのことである。詳しくは同研究所の「シックハウスと木質建材資料集」を参照。)

もしこの暫定値が適用されれば、ムク材を内装に使用できなくなり、文部科学省のエコスクール計画(内装仕上げに木材を活用)や林野庁が推進する県産材・間伐材の活用にまったく逆行した規制となるであろう。

コルクフロアーは元から木質エコ建材

当工業会会員が製造販売するコルク製品に関してはすべて国土交通大臣認定F☆☆☆☆で、厚生労働省の指針値もすべてクリアーしている。

また当工業会に加盟しているポルトガル製造メーカー各社は20年以上前から環境建材を自負して製品の開発を行っており、今後の規制にも対処できる製品作りを行っている。

また、環境負荷が少なく、施工も容易な接着剤をメーカーと共同で開発を行うとともに接着剤を使用しない置き敷き工法の開発も推進している。

REDUCE(リデュースー廃棄物の削減)

製品はすべてワイン栓を抜いた残りから製造され、製造時の廃棄物はゼロ。

REUSE(リユースー再利用)

製造時の端材等はすべて最初の工程にもどされ、再利用。

RECYCLE(リサイクルー再生)

コルク原料のコルク樫の樹皮は厳しく管理されたコルク樫林で採取され、9年毎に再生し約200年の樹齢の中で、繰り返し採取され続ける。

 

   

コルクは今、時代の要望にこたえるエコロジーな品質・特性を備えた素材として注目を浴びている。

平成16年 日本ポルトガルコルク工業会 広報部 

 

 

ホーム  コルクのお話 コルクの森紀行 ポルトガルから  トピックス ホルムアルデヒド発散等級表示規定 シックハウス対策登録(F☆☆☆☆)確認 会員

 

ワインのコルク栓ワインのコルク栓 〜需要なくなると森林が消える?   すべての規制は千代田区(東京都)から    寄稿 

 木造校舎の思い出   ペットと楽しく暮らせるコルクフロア  加速するコルクのリサイクル  サグラダ・ファミリアにコルクフロアーが採用

 

当ホームページは著作権により保護されています。
当HPの無断転載およびレイアウト、構成、文言等の複写・模倣を禁じます。

Copyright (C) 2003-2011 日本・ポルトガル コルク工業 

コルクは究極のエコ素材