日本・ポルトガル コルク工業

Portugal-Japan Cork Industrial Association

 

ホーム   コルクのお話  コルクの森紀行  ポルトガルから   トピックス 

ホルムアルデヒド発散等級表示規定  シックハウス対策登録(F☆☆☆☆)確認  会員


 

ポルトガル政府 観光貿易振興庁の貿易促進担当マネージャーより、寄稿いただいたのでその全文を紹介させていただきます。 

 コルクはコルク樫の樹皮で、天然素材です。育成管理林としても知られるコルクの森林が南部を中心としてポルトガルのいたるところに広がっています。コルク樫は除草剤や化学肥料を必要とせず、また潅漑する必要もなく生育するので、広く生育する野生生物を支える重要な自生植物として持続可能な農業系統をつくりあげています。   

 また、コルクは軽量で弾力性、柔軟性、耐久性、水や気体に対する不浸透性、耐磨耗性、耐火性に富み、寸法安定度が高く、化学物質や微生物に対する抵抗力が強いといった固有な性質があるので、コルクに匹敵する材料はほかにはないのです。当然のことながら遮音性もあり絶縁材として使用でき、見た目にも引き立たせることができるので、靴(かかと)、自動車(ガスケット)、レジャー(釣り竿)、建設(絶縁材)などさまざまな産業で使用できます。

 コルクは、いくつもの細胞で構成され、その樹皮は何層にもかさなり、1年ごとに1層生育します。樹齢25年ではじめて樹皮を剥ぐことができます。その後、樹皮は9年ごとに収穫されます。コルクガシの寿命はおよそ170年から200年です。 

 ポルトガルのコルク産業は、過去数年にわたり近代化してきたコルク製品の製造設備にその発展ぶりがみうけられます。ポルトガルのコルク産業の発展が世界標準を定めているのです。ポルトガルは、より品質の高いコルク製品を開発するために研究を続け、新しい技術の開発に向けて過去5年間で400億ユーロもの投資をし続けてきたのです。

 ポルトガルは世界をリードするコルク大国です。また、日本・ポルトガルコルク工業会(PJCIA)はポルトガルの優良コルクメーカーと日本のコルク輸入会社が組織する最大で唯一の工業会です。その信頼と支援、そして友好の証として、ICEPポルトガルは、日本・ポルトガルコルク工業会(PJCIA)の活動を支援し、ともに活動しています。同時に、「コルク」という環境にやさしい製品がどれほどすばらしい有益なものなのか、そのメッセージをおくり続けていきます。

   

ICEP PORTUGAL ポルトガル観光・貿易新興庁

102-0075 東京都千代田区三番町1-4 三番町アネックスビル501

Tel.: +81 3 3511 2875 Fax: +81 3 3511 2887

tokyo.delegation@portugal.or.jp   www.portugal.org

(2006年11月)

 

ホーム  コルクのお話 コルクの森紀行 ポルトガルから  トピックス ホルムアルデヒド発散等級表示規定 シックハウス対策登録(F☆☆☆☆)確認 会員

 

ワインのコルク栓ワインのコルク栓 〜需要なくなると森林が消える?   すべての規制は千代田区(東京都)から    寄稿 

 木造校舎の思い出   ペットと楽しく暮らせるコルクフロア  加速するコルクのリサイクル  サグラダ・ファミリアにコルクフロアーが採用

 

当ホームページは著作権により保護されています。
当HPの無断転載およびレイアウト、構成、文言等の複写・模倣を禁じます。

Copyright (C) 2003-2011 日本・ポルトガル コルク工業 

コルクは究極のエコ素材