×
故郷について・他
時は魔動機文明時代末期。<大破局>当時、激戦区の只中にあった防衛施設。
敗色の濃くなっていく激戦の中で、当時の司令官は配下のルーンフォークたちに一つの命令を下した。
 
【蛮族駆逐が為、始まりの剣ないしそれに近い世代の強力な魔剣を見つけ出せ】
 
   そして時代は巡り300年後。
かつての防衛施設の跡地には
<大破局>による直接的な滅亡の危機が過ぎ去ったことを知らず
当時下された命令を未だ忠実に実行し続けるルーンフォークたちの姿があった   

 
何だろう、今のゼフィがとても幸せそうに見える(笑
命令とか大事なことをいろいろ忘れてますからね…(笑
もふもふが好きになったのは何かきっかけとかあるんですか?
んーとですね。記憶喪失後に厄介になった所に当時コボルドがいたんですよ。もこふわのかわいいの(笑
ご厄介になってる間はほかにできる事もあんまりなかったのでそのもこふわさんと戯れている内に…という(笑
きょうだい? 親戚? はまだ頑張ってるんですね?(笑)
おそらくは(笑 一部はゼフィを探してるのもいるかもしれませんね
ちなみに今の目標も剣を見つけることのままなんです?
最近はすっかり今の生活になじんじゃってる所がありますからねえ…(笑 腰を入れて探してる感じではないんじゃないかと
強力な魔剣の話を聞けば積極的に探しに行こうとするとは思います
Atelier@ゼフィランサス SW2.0