SAVE AFGHAN CHILDREN
TOP 支援制度 活動報告 SACの子供たち お問い合わせ link

特定非営利活動法人
セーブアフガンチルドレンの会
アフガニスタン政府NGO活動承認・登録証明NO.114 (2006年)

 


ー主な活動内容ー

     *孤児と女性の為の自立教育センターの運営 


     *他地域での子供達の教育支援

  女性の自立支援

 女性・子供が集う学びの家運営
 



ーセーブアフガンチルドレンの会 活動の経歴ー

サーベ代表は、沢山の戦争孤児たちが身に纏うものもなく、空腹に耐え、虚ろな
眼でさまよっている姿に、亡き夫サーベの夢である「平和になったらアフガンに
学校を建てよう」を、今実現する時だと思い、活動を始めました。

   
2001年  セーブアフガンチルドレンの会発足
   2002年  仮事務所と孤児院開設(カブール市内)
   2003年  政府より6000m2敷地無償提供
   
2005年  女子孤児と女性の自立支援センター
                   「ウミード(希望)」が完成

   2006年  成人女性向け識字教育開始
   2007年  職業訓練(裁縫・美容)教育開始
   2008年  教育省より自立学校の認可(学校名:
アフカル学校
   
2009年  コージャハサン村に「女性とこどもが集う学びの家」完成
     2011年   アフカル学校別校舎建設(ウミード敷地内)
   2018年  アフカル学校2F増築


ー活動メンバー



アフガニスタンカブール出身の元小学校教師。
1980年、夫の故カザファ鈴鹿国際大学教授のいる日本へ3人の子供と渡る。現在、名古屋市北区に在住し、英語、ペルシャ語の教師、通訳をしながら自国の孤児と女性の自立のために活動。


カブールの小児精神科医師
自身も孤児であった体験から、サーベ代表の夢に賛同し、本業を犠牲にして、孤児の自立を目指して、現地の教育支援活動を 続ける。

      NPO法人セーブアフガンチルドレンの会代表 
             ファタナ サーベ 
    カブール事務局長 
       サイエド レザ  
                                 
                                                                     活動の詳細はこちら

ーご支援、ご協力のお願いー

◆ 「特定非営利活動法人 セーブアフガンチルドレンの会」の活動は、皆様の会費と寄付
 により運営されています。あなたの温かい愛によって、アフガニスタンの子どもたちの、傷
 ついた心と体を癒すことが出来ます。
 本会の趣旨をご理解いただき、ご入会くださるようお願いします。また、多くの方の寄付
 も随時受け付けております。
 心に傷ついた子どもの支えになっていただける養育親も募集しております。

◆「支援金とアフガン物価の推移」

 

活動の期間中、リーマンショック(2008)、

東北大震災(2011)の影響もあり、支援金

は低下傾向です。加えてアフガンの物価も大

きく上昇し、活動資金も不足の状況です。皆

様の更なるご支援、ご協力をお願いいたしま

す。

                                       申し込みはこちら 



ー女子孤児と女性の為の自立教育センター「ウミード」内
   
アフカル学校増築(2018年度)の経緯
 

  ■アフカル学校増築の背景
 
 
 
 
 
   


  ■資金目標達成状況 (18年11月時点)   「128,950$(達成率; 100%)
    
日本側(55,082$)  、独側(73,867$) の資金提供を頂き、目標金額を無事達成     し現地への送金も無事完了しました。
    

  ■工事進捗状況(18年4月より工事開始)

    
     
   
 18.4月 2階壁の鉄筋及びブロック積上げ  18年5月 2階屋根の配筋と一部コンクリート打設
   
 18年7月 増築した2階部分  18年7月  増築した2階部分と喜ぶ子ども達
   
 18年9月 完成した2F廊下  18年9月   完成した外観写真


    @建築費の急速な上昇もあり、18年4月より早めに工事を開始した。
    
    A工事と支払いは「契約時;10%支払」、「40%完成時;30%支払」、「80%完成時;30%支払」
     「完成時;20%支払」、「完成後;10%支払」で進められた。

  ■2階増築工事の完成 及び 机・椅子の現地到着
    必要資金も無事集まり、さらに2階増築の工事も急ピッチで進められ、外観部分及び内装も
    2018年10月にはほぼ完成した。

    NPO法人三河リカバリーが、SACの依頼に基づいて、安城や岡崎の小中高より寄付として集めた、    ウミードアフカル学校増築に使用する机・椅子・マットに加え、運動用の衣類や靴など多数を積み込    んだコンテナが、2018年12月にウミードに到着した。
    これで授業開始の準備は完了した

  ■アフカル学校の受入生徒数 (19年5月現在)
          アフカル学校の生徒数                   
学年  男子(名)  女子(名)  計(名)
1,2,3年生(小学校)  130  83 213 
4,5,6年生(小学校)  99  16  175
7,8,9年生(中学校)   69  78 147 
10,11,12年生(高校)   16 48  64 
計   314 285  599 
午前授業    347
午後授業    252
生徒総数    599
今後は順次、生徒数の受入を拡大していきます。
    多大なるご支援を有難うございました!!
           


ー最近のニュースー
2020年8月  コロナ感染状況とウミード子供たちの様子
*5月6日時点でのアフガンの感染者数は3224人、死者95人、回復者421人でした。急激な感染拡大に対し、政府は3月15日より国内すべての学校や教育機関の休校を決め、
アフカル学校も休校していましたが、8月15日に学校は再開しました。

*ウミード責任者のレザ氏は、ウミード施設内の集団感染リスクを懸念し、
ウミード子供たちの親族関係者宅で一時的に面倒を見てもらうように依頼し、4月25日に送り届けました。但し面倒を見てもらえない19名の子ども達は現在もウミードにとどまっています。ウミードは8月15日現在も再開していません。

*ウミードにはコックさんは来ていますが、他のスタッフは自宅待機中です。また当然ながら
女性教室(識字、裁縫、美容)もすべてストップしています。


   
 ウミードに留まる子供たち   生徒の姿が消えたアフカル学校教室
   
 子ども帰りを待つウミードのベッド  この間も懸命に樹木の手入れする用務員


2019年12月 現地ウミードより クリスマスカード・メッセージ届く

 
 ウミードよりのクリスマスカード


日本の皆様、ご機嫌いかがですか。
メリー=クリスマス そして 迎える2020年が皆様にとって幸多く、素晴らしい年になりますように、こちら全員から心より祈念しております。





2019年6・7・8月 ウミード農園の野菜・果実・鶏卵の収穫状況
 
 沢山の実をつけたリンゴの下で
ウミードの敷地内にある農園では野菜、果物、鶏卵などを自家栽培し、孤児施設で生活している子ども達の大事な食糧として役立てており、また食糧費の大幅な軽減にも役立てています。2019年の6月〜8月にかけて今年も沢山の収穫がありました。
SACウミード農園の主な収穫量(Kg)   
( 収穫名)  6月  7月  8月
 トマト    26  40
 オクラ  9  8  6
 トウガラシ  1  2  3
 ラディッシュ  5  25  4
 サクランボ  14.5  13  
 リンゴ    46  80
 桃    25  40
 ブドウ      30
 梨      22
 鶏卵(個)  410  120  388

2019年6月  ウミード 子供の日のお祝い

61日、子どもの日を祝って、ウミード敷地内の体育場(館)で行われたイベントの様子がフェースブックに掲載されていました。参加者はアフカル学校の生徒だけ。
子供達の、これからのすこやかな成長が期待されます。

 

2018年12月 アフガン向け 机・椅子・衣類等の現地到着
 NPO法人三河リカバリーが、SACの依頼に基づいて、安城や岡崎の小中高より寄付として集めた、ウミードアフカル学校増築に使用する机・椅子・マットに加え、運動用の衣類や靴など多数を積み込んだコンテナが、2018年12月にやっと現地アフガニスタンのウミードに到着した。
 コンテナは7月に日本を出発したが、パキスタンの税関で永く足止めされ、大使館当局への幾度にも渡る熱心な要請がやっと実を結び、待ちわびる現地にやっと到着した。
 待ちわびた子供達は、受け取った機材にとても大喜びで、全員で新たに増築された2Fの教室への運び込みを行った。運び込まれた机・椅子は新年度(4月)より新たに受け入れる多数の子ども達の勉強に活用されます。有難うございました。

     
 待ちわびたレザ校長達  皆で教室に運びます  受け取った荷物に喜ぶ子供達
     
 感謝の気持ちを表す子供達  感謝の気持ちを表す子供達  感謝の気持ちを表す子供達


2018年 SAC活動報告会 での報告トピックス -- 卒業性の医学部進学」」
ウミードの中で行っている「女性識字教室(読み書きの出来ない女性への識字教育)」を卒業した女性
の何人かが、卒業後も勉強を続け、さらにそのうちの一人が医学部に入学して学んでいるとの報告が
あった。
ウミードでの教育が、このような活躍に結びついていることに、スタッフ一同も大変喜んでいます。


「2018年7/21  アフガン向け 机・椅子・衣類等の荷積み作業実施(NPO法人;三河リカバリー)」
 NPO法人三河リカバリーは、SACの依頼に基づいて、安城や岡崎の小中高より寄付として集めたウミードアフカル学校増築に使用する机・椅子・マットに加え、運動用の衣類や靴など多数をコンテナに詰め込む作業を行った。
 当日炎天下にも関わらず、多くの支援者や安城学園高校の生徒達が応援に集まり、コンテナへの荷積み作業を行い、無事終了した。
 その後でNPO法人三河リカバリー(代表:坂田、石川代表)よりSACのサーベ代表に目録の授与が行われた。
 コンテナは今後3か月をかけてアフガニスタンのウミードに輸送される予定である。
     
 積み込み作業風景  サーベ代表と安城学園の生徒達  目録の授与


「2018年4.22  ウミード近くで自爆テロ」
 孤児施設ウミードから15m近くで、選挙人登録に集まった人々に対し、自爆テロが発生し、100人以上が死亡し、300人以上が負傷した。
 この自爆テロでアフカル学校の生徒7人(内2名は今年の卒業生)が死亡。同時に女性教室での識字教室生徒2名、美容教室生徒3名が死亡し、3名が行方不明。ウミードでは門扉が吹き飛ばされ、窓が28か所破損した。
 多数が精神的ショックを受け、混乱した模様。このような無差別なテロに怒りを覚えると同時に、亡くなった方々の冥福をお祈りし、早く日常に復帰できることを見守っている。
 6月末でのウミード内の現地情報では、自爆テロによる混乱は次第に収まり、通常の授業に戻ったとのことであり、このまま続くことを祈るばかりである。
 
「小学校での国際理解講演会『せかいいち うつくしい ぼくの村』の今を開催しました
    ・平成29年2月24日;安城市今池小学校の6年生を対象
    ・平成29年3月21日;安城市祥南小学校の4年生を対象
 サーベ代表による講演を行い、アフガニスタンの美しい村がなくなった背景や、本会が支援
する自立支援センター「ウミード」の子ども達の生活の様子を紹介しました。
 
 民族衣装について説明するサーベ代表


ウミード卒業生(2016年3月)が優秀な成績でカブール大学に合格
 今年3月にウミードを卒業した3名が、難関のカブール大学に合格しました。但し、経済的な面と自宅から通学可能なことを考慮して、それぞれ別の大学に通学することになりました。皆様の支援に応えるように、一生懸命勉強した結果が、今回の大学合格の成果となっています。
    

卒業生の名前   最終的に入学した大学
 
ファウジア
 ナンガハル州大学
 
マフムダ
 ナンガハル州大学
 
ライロマ
 カブール州教員大学
    
なお、2年前までウミードで生活していたサミアは、その後も学資無料でアフカル高校で 勉強を続け、マザル州大学に合格しました。        (2016.06.26)


Save Afghan Children (SAC)
事務局:〒462-0034  名古屋市北区天道町3-17-11
Tel & Fax : 052-912-6400 / E-mail : sac-afghan@live.jp

カブール事務局:SAC,Nahia6 Proja Khatal Anbia,Mhtab Qalla,Kabul Afghanistan
P.O.Box 4008 Karte 4 Kabul Afghanistan
Tel 1-93-70-27-6646
 
Copyright (C) 2002-2008 SAVE AFGHAN CHILDREN. All Rights Reserved.