SAVE AFGHAN CHILDREN
TOP 支援制度 活動報告 SACの子供たち お問い合わせ link

活動内容

会 報
報告会
現地活動
事務局より

支援の輪:
-支援者の声
      
         2008年  SAC支援の輪

(1)一心寺倶楽部 『門前募金活動』
 一心寺山門前及び一心寺境内で、午前10時から12時まで本会の孤児たちのために募金活動をしてくださいました。
日 時 平成20年1月21日 天 候 晴れ   日 時 平成20年2月21日 天 候 晴れ
日 時 平成20年3月21日 天 候 晴れ   日 時 平成20年4月21日 天 候 晴れ
  一心倶楽部の皆様
日 時 平成20年5月21日 天 候 晴れ   日 時 平成20年6月21日 天 候 晴れ
   門前募金活動
日 時 平成20年7月21日 天 候 晴れ   日 時 平成20年8月21日 天 候 晴れ

一心寺倶楽部様からサーベ代表へ 
 残暑の候、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。
 最近は募金活動に新人さんが2人くらい加わっていただいて皆で喜んでいます。勇気をもって参加して下さるのですが、初めてのときは少し緊張するみたいで「募金おねがいします」や「ありがとうございます」がなかなか言い出しにくいそうです。それを横目に先輩はもう6年のベテランですので、大きな声でタイミングもバッチリなのです。参加者さん同士「こうやったら良いよ」とか「初めてはしんどいからぼちぼちで良いよ」など、自然と新しい仲間に声をかけて、次回からも続けられる雰囲気作りをしてくださっています。やはり人数は多いほうがやる気が出るものですから。
 門前募金当日の詳細は別紙に書かせていただいた通りです。よろしくお納めいただき、今後の活動の足しにしていただければ幸甚です。
 今後ともアフガニスタンの子どもたちが充実した学校生活を送れますように念願しております。
  合掌                          一心寺倶楽部事務局一

日 時 平成20年9月21日 天 候 晴れ   日 時 平成20年10月21日 天 候 晴れ
日 時 平成20年11月21日 天 候 晴れ  日 時 平成20年12月21日 天 候 晴れ

(2)名古屋市小中教員研修会
 
11月22日(土)に名古屋市立中学校に於いて、『アフガニスタンから教育の原点を学ぶ〜アフガンの現状、日本の教育との違いを通して〜』というテーマでサーべ代表が講演を行いました。11月22日(土)に名古屋市立中学校に於いて、『アフガニスタンから教育の原点を学ぶ〜アフガンの現状、日本の教育との違いを通して〜』というテーマでサーべ代表が講演を行いました。
   会議の様子 ビデオ視聴の様子
 この講演会の後、今後の生徒指導に役立てたいと多くの感想が寄せられました。その一部を紹介いたします。

参加者の皆様からの感想
 子どもたちに夢をもたせること、夢に向かって行動することの大切さを改めて語っていきたいと思う。
 また、日本の子どもたちは平和の中で幸せな生活を送っていることも伝えていきたい。

 たいへん中身の濃い研修会だった。テーマに合った『教育の原点』を改めて見つめ直すことができた 。お話を聞きながら、『教えるとは?』 『学ぶとは?』 『生きるとは?』 と、何度も自分自身に問い直し  ている自分に気付いた。貴重な時間を与えてくださり感謝している。

(3)あいち国際交流はなのき会
 11月29日(月)ウイル愛知に於いて「アフガニスタンの現状と私たちにできること〜アフガンの現状を知ろう〜」としてセミナーが開催されました。その折、本会の孤児たちへの支援金を頂きました。

「はなのき会」様からの手紙の抜粋
 アフガニスタンは内戦が終わったとされている現在も女性や子どもなど、弱い立場のものには大変厳しい状況であることは何も変わっていない。むしろ悪化している、との話が出るに従って、重苦しい雰囲気の会になるのでは?との当初の心配は、サーベさんや稲葉先生のお話を伺って薄らぎました。 
 それは、お二人の明るい表情、前向きのお話が明るくしてくれたものです。私たちは講演前にサーベさんの指導の下、アフガン料理のブラニ(巨大餃子のようなもの)とアーシェ・マーシ(スープ)とケタイ・コルチャというクッキーを作りました。どれも美味しくて、参加者みんな食べ過ぎたようです。
 稲葉先生が見せてくださった映像は明るい雰囲気の『女子孤児と女性のため自立教育センター「ウミード」』や各国からの自立支援を受け復興し、治安も回復しているようなカブールの街中の様子でした。しかし、現実はどうなのか?とちょっと疑問も湧いてくるときもありました。
 また、ヘジャブ、ブルカ、チャドルなどのアフガニスタンの衣装を着せていただくことが出来、まるでアラビアンナイトの世界に迷い込んだような?とまではいきませんが、楽しむことが出来ました。この講演を機に私たちが今後どのように関わって行けるか、出来ることは何なのか?それを心に置いてアフガニスタンに関心を持って行きたいと思います。
  はなのき会の皆様と記念撮影
(4)PHP思いやり運動
 12月21日(日)ザ・グランドティアラ名古屋駅前に於いてPHP東海地区クリスマスパーティが開催されました。その折にNPO法人セイブアフガンチルドレンの会に寄付金が贈呈されました。

(5)サーベ代表講演会に寄せられた生徒作文
  〜アフガニスタンのお話を聞いて〜
        東郷町立音貝小学校 6年
 
 今日はありがとうございました。アフガニスタンはアジアにあるというのは知っていました。戦争をやった国というのも知っていましたが、アフガニスタンとは、どのような国というのは知りませんでした。
 私は毎日あたりまえに食べているお米がアフガニスタンの子どもたちは大切に食べていると知ったときはすごく日本は幸せな国だと思いました。もっとアフガニスタンのことをいろいろ調べてわたしができるかぎりにお金を寄付してあげて何人かの命を救いたいです。

        
 
「活動状況」に戻る
Copyright (C) 2002-2008 SAVE AFGHAN CHILDREN. All Rights Reserved.