白子秀隆建築設計事務所
お花茶屋の住宅

下町の密集した住宅地に建つ、夫婦と子供2人の為の住宅。道路沿いに建ち並ぶ隣家は、道路斜線によって、一定の壁面ラインと軒高を形成している。これに対して敷地は袋小路の最奥に位置しているため、道路境界と隣地境界が複合した条件となる。そこで、斜線制限に対して、境界からの水平距離を適宜確保する。道路と隣家の壁面ラインに対して斜めに建物を配置することで、3階までまっすぐな壁面でシンプルなヴォリュームを立ち上げることができる。

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16
HOME PROFILE WORKS PRESS CONTACT BLOG
 
Copyright © Hidetaka Shirako architect and associates All rights reserved.