白子秀隆建築設計事務所
葛飾の2世帯住宅

居場所をつなぐ「通り土間」
母親の介護動線と諸室の配列、家族間のプライバシーレベルの設定が課題であった。
玄関から母の部屋まで段差が無く、細長く天井の高い外部空間のような「通り土間」を設け、その周りをぐるりと取り囲むように諸室やテラスを配置した。緩やかな階段はプライベートな部屋同士の距離を最大限に確保する。家族間の独立性を保ちつつ、どこからでも母の様子が確認できるような居場所のつながりを獲得する。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16
HOME PROFILE WORKS PRESS CONTACT BLOG
 
Copyright © Hidetaka Shirako architect and associates All rights reserved.