白子秀隆建築設計事務所
葛飾の2世帯住宅

光と視線をつなぐ「多層の窓」
通り土間と諸室の間の壁の開口は東側からの採光や通風・介護の動線を各諸室までつなぐ。また開口の袖壁の長さをそれぞれの辺ごとに意図的に違えている。通り土間と諸室間の視線の交錯をすこしだけ回避させる。同時に袖壁がレイヤー状に重なることで、空間に奥行きと広がりをもたらしている。


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16
HOME PROFILE WORKS PRESS CONTACT BLOG
 
Copyright © Hidetaka Shirako architect and associates All rights reserved.