治療科目/大阪市 平野区 歯科 歯科医院 シノダ歯科クリニックです。

大阪市平野区にある歯科医院「シノダ歯科クリニック」です。http://shinoda-dental.jp/

口腔外科

(社)日本口腔外科学会認定口腔外科専門医の院長が治療に当たります。悪性腫瘍、顎顔面外傷、顎変形症など、500例以上の執刀医としての経験を生かし、各種口腔外科疾患のご相談にのります。

骨の中に埋伏した親知らずの抜歯

DSCN6768.jpg

顎の骨の中に膿の袋を作る各種嚢胞の摘出手術

DSCN8713.jpg

骨の中で強い炎症を起こす歯性感染症の消炎処置

IMG_5047.jpg

お口の中の悪性腫瘍<舌癌>

森上ヨシエ/口腔内.jpg

根の治療 <歯内療法>

ne_01.gifne_02.gifne_03.gifne_04.gif
むし歯が進行すると細菌は歯の根の中に侵入し、歯髄(神経と血管の集まり)を侵し、根の先からあごの骨へと広がってゆきます。感染の広がりをくい止め大切な歯を抜かないですむよう、感染した歯髄を取り除いて歯根の内部を消毒し、再び細菌が侵入しないように完全に密封してしまいます。この一連の治療が「歯内療法」です。
歯の根は非常に細く形も複雑で、治療には細心の注意と労力、時間が必要ですが、歯を救うために欠かせない重要な治療です。根気よく最後まで治療をお受け下さい。

歯周病

sisou_pict1.jpg

歯周病は歯を失う原因のナンバーワンです!

歯の表面には粘り気のある薄い膜が毎日作られていて、歯と歯肉の境目に溜まっていきます。これが歯垢で、歯垢が石灰化した歯垢と共に歯周病の原因といわれています。歯垢1mgには1億もの細菌が含まれ、歯肉に炎症をもたらします。さらに炎症が進むと歯を支えている歯槽骨も溶かし、歯がグラグラしてきます。放置すると歯が抜け落ちてしまいます。歯を失う原因はむし歯より多いといわれています。

インプラント

失ってしまった自分の歯の替わりに、人工の歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を作成して噛み合わせを回復する治療法です。ガタついたりせず、自分の歯のように噛めるようになります。
116_1.jpg

歯を1本失った場合

1.gif

失った部分にインプラントを1本埋入します。従来は、健全な両隣りの歯を削ってブリッジを用いて治療していましたが、インプラントを用いると健全な歯を傷つけることなく治療を行うことが出来ます。

歯を何本か失った場合

2.gif

従来は局部的な入れ歯を用いて治療を行っていましたが、インプラントを何本か用いて治療を行います。入れ歯を固定するための金属のバネによる違和感はもちろんありません。

歯をすべて失った場合

3.gif

従来の総入れ歯ではなくインプラントを用いて治療します。この方法なら食物が入れ歯と口腔粘膜の間に挟まったり、入れ歯が合わなくなるようなことはありません。

入れ歯

入れ歯を作った歯科医院でないと、入れ歯の修理をしてくれないんじゃないの?

少しでも調子が悪くなったらお気軽にご相談ください。患者さんのご要望や状況をお伺いして、今お使いの入れ歯を修理するか、もしくは新しくするか等のご相談をさせて頂きます。よりよくお使い頂くためには入れ歯の定期的なケアをオススメします。

歯医者に行くのを恥ずかしがらないで!!

「私の歯なんか見せるの恥ずかしいわ…」
「口の中を触られたりするのは抵抗があるな~」
「悪い歯をしてるから見てもらうのは申し訳ないわ」

とおっしゃる患者さんがいらっしゃいます。

恥ずかしがらずに遠慮せずご来院ください。

外れたところや、そのまま放置してある歯の場合、修復には時間がかかるとは思いますが、患者さんに対しては、放置していたことを否定したり非難したりすることはいたしません。恥ずかしがらないで勇気を出して来院ください。

入れ歯で美味しいご飯を食べてください!!

「ごはんが美味しかった!」

多くの方にそう感じてもらえればと願っています。どうせ入れ歯だから硬いものは咬めないわと諦めないでください!
ireba_pict2.jpg

妊娠中の歯科治療
妊娠したら、歯科医院に行こう!

妊娠したら歯の健康診断を受けましょう

歯や歯肉の病気は、最初のうちはあまり気がつかないものです。とくに、妊娠中はお口の中の健康が悪化しやすいので、妊娠したら早期に歯科医院で健康をチェックしましょう。

歯医者へ行ったら…

必ず妊娠していることを歯科医師に告げてから診察を受けましょう。その際に、最終月経や妊娠週数、出産予定日を告げてください。妊娠中の治療で最適な時期は、妊娠4ヶ月から7ヶ月の間です。この時期はいわゆる安定期で、流産の危険も少ない時期です。

妊娠は女性の生涯にとって極めて特別なできごとであり、情緒不安定にもなりやすいものです。歯科医師とのコミュニケーションをうまくとり、より良い信頼関係を築くことは、患者さんにとってもドクターにとってもストレスと不安を大きく減少させ、治療を成功に導く秘訣です。