オステオパシー

プロフィール  (自己紹介)

一人一人にあった手当を心がけて治療してます。

1974年生まれ
森本 晃弘(もりもと てるひろ)

出身;岡山県

京都の明治鍼灸大学(現;明治国際医療大学)を卒業。東京の鍼灸整骨院へ就職し、働きながら柔道整復師の専門学校を卒業。分院長を約5年経験。 その間、オステオパシーを学び今年で十数年なります。
今までの経験と知識も持って、全力で治療させて頂きます。

平成10年  鍼灸師免許取得
平成16年  柔道整復師免許取得

JOMA「日本オステオパシーメディスン協会」会員

治療理念 ~ソレイユのオステオパシー治療とは~
  オステオパシーを始めて十数年、「痛みが取れる」、「病気が治る」にはどうすれ良いのかを常に考えてました。今日、病気が治るには、①体の重心を変える事、②専門用語ですがフォルクラム(支点)を診つけ治療する事、この2つを正確に行うと症状は消えていきます。背骨で言うと関節をポキポキ鳴らしても体の重心は変わりません。マッサージをしてもフォルクラム(支点)はなくなりません。強い力で治療しても防御反応が出てしまいます。いろいろな事を学び、行き着いた治療法が5gもの軽い力で治療する方法です。重要なのは「術者が治療する」のではなく、「術者は体が自分で治療出来る様しむける」という事です。暴力的・侵入的な手で治療するのではなく、優しく・受け身的な手で治療する事で身体の活力・生命力は治癒の反応をしてくれます。またこの治療法はお子様からお年寄りまで幅広く使えるテクニックです。ソレイユのオステオパシー治療を受けて、5g程の軽い力でも、体の重心の変化や血液循環の変化、身体が軽くなる事を是非体験してください。きっとソレイユのオステオパシー治療が皆様の手助けになると考えています。
 1か所の痛みでも、体はいろいろな場所と密接に関係しあっています。早く症状を解消されたい方は迷わず、全身治療を受けてみて下さい。

整骨院

  • ダイエット
  • 美容矯正
  • 阪神西宮駅