item1

いま,なぜ,ソロバンか?

コンピュータ時代の今日、いまさらソロバンなんか習う必要が無いとい思っておられる方が大勢みえます。しかし、習う必要が無いのは、かつての『実務ソロバン』であり、頭脳開発のための『学習ソロバン』へは、新たな大きな期待が集められています。
 大脳生理学者、数学者、各界著名人の方々が、ソロバンを用いた頭脳開発の効果を認め、科学的にも立証されております。また、年少時のソロバン学習を推奨されております。
 

子供の成長とそろばん(中野靖彦 先生 / 愛知県教育大学教授 教育・発達心理学)*
 
長く世界のトップであった日本の子どもの算数の能力が低下しています。その背景には、生活の変化から、子どもたちがメリハリをつけて、物事に集中し、じっくりと考えることができなくなっているという問題があります。
 これは学力低下だけでなく、子どもの周辺に起こっているさまざまな問題にも無関係ではありません。そろばん教育は、そろばんという「道具」を使いこなそうとする知恵を習得するなかで、考えることができる子どもを育みます。
 

そろばんで育てる子供の自信と社会性(杉江修治 先生 / 中京大学教授 学校教育心理学)*
 子どもは、だれでものびのびと育とうとするチカラをもっています。しかし、残念なことに、子どもがおかれている環境によっては、そのチカラが存分に発揮されません。
 子どもがすこやかに成長するためには、地道な努力が報われ、基礎的な能力を磨き、自分自身の自信をもつ経験が必要です。また、学校のみならず地域社会の中で、さまざまな学びのチャンスにめぐり合うことも大切なこと。そうした点からも、そろばん学習がよい機会となります。
 

そろばんを学ぶことと、脳の働き(八田武志 先生 / 名古屋大学教授 認知心理学)*
 
そろばんを学習すると、数計算などを行う上で、一般的な脳の働きとは異なる働きを示すことがさまざまな実験でわかりました。こうした能力を磨くことが、また、別の能力をきたえることも実験結果は示しています。
 こうした能力は、一朝一夕で養われるものではありません。ある程度の期間、そろばん塾などで、こつこつ学習することによって得られるものです。また、こうした塾に通うことが、心理学的な面から見ても子どもたちによい影響を与えると考えられます。
 

算数の学習とそろばん(清水静海 先生 / 筑波大学助教授 数学教育学)*
 
子どもが主体的に、学びを考えるようになるよう、親や周囲の大人たちがサポートしてやらねばなりません。そのためには、まず、子どもたちに学習の楽しさを知る機会を与えることが大切です。
 その学習が、暮らしの中で活かせ、役に立つものであり、また、学習の領域が無限で、わくわくし、ときには感動を覚えるような....。算数・数学の学習も、無垢な子どもにとっては、はじめはそうした未知のきらめきがある世界。その初心をすくすく育てる教具の一つがそろばんです。
 

歴史の中のそろばん(上垣渉 先生/三重大学名誉教授 数学教育史・数学史)*
 
そろばんが誕生したのは、人の暮らしのなかで数を明快に認知し、役立てるためです。この道具は、多くの人の知恵で進化し、現在のカタチになりました。子どもが数を数えるしくみを学ぶ上で、とてもわかりやすい道具であるともいえます。
 電卓があれば計算ができますが、計算力は養われません。そろばんを習熟すると、やがてそろばんなしでも計算ができるようになりますが、電卓を使いこなしても、電卓なしで計算できるようにはなりません。
 

そろばんの教育が地球環境を救う(荒木光 先生 / 京都教育大学教授 環境教育学・環境経済学)*
 
地球環境は、年々、人類存続の機器を感じさせるほど悪化の一途をたどっています。子どもたちの子や孫が、安心してすこやかに暮らせる環境を残すには、私たちが「便利」や「楽」ということより、限りある資源を「大切に使用」し、「循環させる」暮らしにかえていかなければなりません。
 また、子どもたちがそうした知恵と、知恵を応用することができる教育を施さなければなりません。その意味で、従来からいわれる「読み、書き、そろばん」の学習が有意義です。
 

生涯健康人であるために(林壽郎 先生 / 大阪府立大学教授 医学材料学)*
 
人間の脳は、きたえることができるものです。そして、子どもからお年寄りまで、年齢に関係なく、脳を活性化することが、心身が健康であるためには不可欠です。
 そろばん学習は、熟練した指先運動をとおして左脳をきたえ、さらにそろばん式暗算によって右脳を活性化させ、左右二つの脳をバランスよくきたえ上げます。
 

珠算を小学校で指導する9つの理由(文部科学省資料より)
 
(1) 低学年でもよく理解できる。
 (2) 操作学習のため学習意欲を高める。
 (3) 十進位取り記数法の理解に役立つ。
 (4) 暗算能力を伸ばす。
 (5) 数の把握が容易である。
 (6) 計算のプロセスがよく見える。
 (7) 手先の巧緻性を高める。
 (8) 概数・概算の能力を育てる。
 (9) 数感覚を育成する。

line
頭脳開発に貢献!『空算』指導のパイオニア ABACUS LABOLATORY HANYA
HANYASOROBAN(半谷正司)に関するお問い合わせは,お電話(0569-28-0391)にてご連絡ください。
bot2
Copyright (C) 2004 HANYASOROBAN. All Rights Reserved. 当サイトにて使用されている画像,文章など全ての掲載物の無断での転載,引用等を禁じます。

*印は、子どもをすくすく伸ばすそろばん|そろばん教育を考える大学教授の会|株式会社出版文化社(2001.2.28)」を引用しています。

トップページ

今、なぜ、ソロバンか?
 (そろばん学習の効果)

授業時間のご案内

入学をお考えの保護者の方々へ

教室のご案内(地図)

塾長からのメッセージ

mokuji