ホーム>建築日記

建築日記

このページは建築条件なしの土地を購入(2000年10月18日)してから、設計事務所と設計・工事監理業務委託契約を交わし、工務店と工事請負契約し、家を建てて引っ越す(2002年7月18日)まで1年と9ヶ月間の記録です。一番下からご覧下さい。
また引越し後の住まいに関する出来事は住まい日記をご覧下さい。

2002年

7月18日(木) 7時半から引越し。11時半終了。
吉岡木材株式会社社長に一番風呂に入っていただく。他人に一番風呂に入ってもらうとその家の住人が長生きするという言い伝えがあるそう
7月17日(水) 引越で2階の家具を搬出するのに旧家1階テラス屋根を取り外す必要があるため、無理言って瀧口監督に取り外していただいた。
7月16日(火) 9時から銀行で公庫融資手続き、建物延床面積に関して建築確認書と登記簿が異なることの説明を行う。
10時から気密測定。ネオマフォームのメーカーである旭化成建材が測定。暫定データではあるがC値=1.6程度の高気密。建築途中ではなく竣工後のデータとしては大変良い値であるとのこと。
大阪府税事務所から不動産取得税の減額手続き等について(お知らせ)が届く
7月13日(土) キッチンレンジ横ステンレスハンガー取付、サービスバルコニーにエキスパンドメタルの囲いをする見積書を瀧口監督からいただく
7月9日(火) ロールスクリーン採寸の結果、仮見積より多少サイズが変更となり、232,000円(税込)となった。
7月8日(月) 内部の掃除
建物工事請負契約書と建築確認通知書のコピーが必要と銀行から連絡あり
7月7日(日) 引越見積、3社見積もりをとったが結局大和高田のホウワ引越センターに50,000円(税込)で決定。2階エアコンクリーニング(直営)
7月6日(土) テレビアンテナ取り付け、エアコン2台移設、太陽熱温水器接続
7月5日(金) 9時から銀行にて金融公庫融資の契約
15時からロールスクリーンの採寸
16時から建物引き渡しと残工事の確認
7月3日(水) 会社帰りに立ち寄ると雨水タンク取水部、水道メータ収容蓋を取り付けていた。
夕食後、水やりと洗車に行き、物干し台の位置を確認。
7月1日(月) バリカのチェーン取り付け
6月30日(日) 完成見学会2日目、山口県からの見学者があった。
残工事、ダメ工事のリストアップ
6月29日(土) 朝4時過ぎに目が覚め、現地に行こうとするとまだ電気がついていた。
完成見学会第1日目
ロールスクリーンの採寸をしてから、カーテンショップに行く。タチカワのロールスクリーン(2階リビング南4面)と木製ブラインド(プレイルーム3箇所および階段室1箇所)を定価の4割引で仮見積が216,594円(税込)
6月27日(木) 朝現地に行くとクレーン車到着、太陽熱温水器を屋根にのせる。
申請書に抜けていた1文を追記し、登記済みの印を押印した控えをもらう。
シンボルツリー(ヤマボウシ)植樹
インターロッキングの芝生、ベランダ手摺り、玄関ドアの塗装
夜8時前に現地に行くと瀧口監督他1名で後かたづけ(仮設トイレの撤去)をしていたため、吉野屋の牛丼とビールを差し入れる。
6月26日(水) 市役所で建築確認通知書と住民票を提出し住宅用家屋証明書をもらう。法務局に証明書を提出し、申請書を修正する。これで明日の午後には登記されるとのこと。
インターロッキング
6月25日(火) 所有権保存登記申請、住宅用家屋の証明書が不足
ロフト用梯子造作
6月24日(月) 建物表示登記申請書(登記済み)の控えをもらいに行く
納戸の棚が一部仕様通りになっていないことが判明
6月23日(日) 玄関アプローチ部タイル貼り、方違神社へご祈祷
6月22日(土) 自転車置き場コンクリート打設
15時から福味設計士、瀧口監督と現地打ち合わせ
  • 東壁面収納棚、可動棚の予定が固定になり間仕切り高さが不足するため、数カ所棚を外す
  • シューズボックスの扉はポリ合板で
  • キッチンカウンター横の収納棚もポリ合板で
6月20日(木) 建物表示登記申請4回目、修正図面を持っていく、昨日の現地確認で建物が完成していないと思われ、再度現場確認(写真撮影)、その後申請書数カ所訂正により申請書受理
造り付け収納造作、南壁面杉板塗装
6月19日(水) 建物表示登記申請3回目、一応受理され昼から現地確認、図面の修正の必要あり
建物外周部に玉砂利、ガスメータ取り付け
6月18日(火) 建物表示登記申請2回目、不足資料(建築確認通知書の図面、共有名義であることの上申書)のため不受理
6月17日(月) 建物表示登記申請、不足資料(建築確認通知書)と図面縮尺不正により不受理。
建築確認通知書は瀧口監督より受け取る
6月15日(土) 電動ブラインドシャッター取り付け、壁面収納 15時から福味設計士、瀧口監督と現地打ち合わせ
  • ロフトの階段室に手摺りを取り付けてもらう
  • サービスバルコニの屋根は設計のステンレス製からアルミの既製品に変更し、防犯対策として周囲にエキスパンドメタルを取り付ける予定(予算が合えば)
  • パンチングメタルは6mm角のもの
  • 郵便受けはYKKAPのJポストOA2型
  • 面格子はアルミの既製品
  • 自転車置き場屋根はタキロンポリカーボネイトのグレースモーク(片面耐候)
6月12日(水) 南面外壁杉板、キャットウォーク
6月10日(月) リビング東面デスク完成
6月8日(土) 3時より福味設計士、瀧口監督と現地打ち合わせ。
  • 南面外壁杉板塗装はキシラデコールでエボニ色
  • 玄関ドア塗装はオスモカラーでシーダー色
  • インターロッキングの模様確定
  • .玉砂利サンプル確認
6月7日(金) 南面外壁仕上げのため再度足場組み
6月1日(土) H市より住居表示の通知が届く
次のとおり付番したので住居表示に関する条例第3条第4項の規定により通知します。
通知された番号は期待していた番号と1つ違いでした。
3時から福味設計士、瀧口監督と現地打ち合わせ。
  • 玄関ポーチとアプローチとの段差150mm、玄関ポーチと遊び場との段差200mm
  • 建物外周部(犬走り)はコンクリートから玉砂利に変更、サンプルを持ってきてもらうこと
  • 2階トイレ(内開き)には戸当たりを設置してもらうよう依頼
  • グルーミングルーム棚の下2段分は間仕切り無しに変更
  • キャットウォークの幅を680mmから450mmに変更
  • ベランダグレーチング受けアングルはシルバー塗装で
5月31日(金) タチカワブラインドのショールームにてロールスクリーンを確認
5月28日(火) リビング東面デスク作り直し
5月27日(月) 公庫竣工検査、書類上は指摘事項無しで合格、ただし、階段室のテレビ台に手摺りをつけるよう指導あり。
再度、フローリング養生
5月26日(日) 建物外周部GL埋め戻し、養生外して内装仮洗い
5月25日(土) サービスバルコニ設置、雨水配管、ベランダグレーチング、同手摺り
10時から福味設計士と瀧口監督と現地打ち合わせ。
  • 竣工検査は27日の9時50分から
  • 東面リビングテーブル照明は壁面造りつけ収納の下部に隠して取り付け
  • 玄関土間の框下の床下との通気方法を検討してもらう(瀧口監督)
5月24日(金) 足場払い、トイレ設置
5月23日(木) 内部塗装、玄関土間、ポーチタイルはり、外壁シーリング、ガス給湯器取付、雨樋、吸気口
21時に見に行くと瀧口監督がひとりで後かたづけをしていた。
内部塗装とタイルを見せてもらう。
5月22日(水) 玄関ポーチ照明、分電盤設置
ベランダ手すりを現地確認。
外から中(リビング)が見えないようにしてもらう。
5月21日(火) テレビ台工作
5月20日(月) 内部塗装下地にパテ飼い
5月18日(土) 18時から福味設計士と瀧口監督と現地打ち合わせ
  • 階段の手すりは内側に取付ける
  • 洗面室鏡上に照明器具を1灯追加してもらう
  • トイレ換気扇の取付けに壁厚が足りないため内側に枠をつくって取り付ける
  • ポリカーボネイト建具の色は乳白色半透明(タキロン製)
  • 予算の関係で気密測定の取りやめを提案(瀧口監督)されるが、ここはこだわっている部分なのでなんとかしてもらうよう検討(瀧口監督)
  • 太陽熱温水器は給湯器直結は不可で手動切替スイッチを洗面室に設置、設置場所を検討(施主)
5月17日(金) 昼から会社を休み、福味設計士の車で亀岡市の株式会社オオムラの配送センターで実物を確認し、発注してもらう。月曜日に吉岡木材さんに納入されて、火曜日から貼っていくとのこと。
夜9時ごろ瀧口監督が来る。明日からの塗装のため借りていた色見本を返却。
5月16日(木) 朝7時過ぎに現場に行くと既に棟梁が来ていた。缶コーヒが無くなっていたので1ケース持っていく。
夜8時過ぎに帰宅すると瀧口監督が来ていた。玄関土間とポーチのタイルを明日の午前中に決めて欲しいとのこと。パンフレットでは判りづらいため現物を確認したいということで明日の午後から福味設計士と京都の亀岡市まで行くことになった。
5月15日(水) 大阪府税事務所へ「住宅・特例適用住宅の用に供する土地の取得に対する不動産取得税の徴収再猶予申告書」郵送、建物完成予定は余裕を見て8月31日と記入
5月13日(月) 内部壁OSB、プラスターボード貼り、内部給水給湯排水汚水配管
5月11日(土) 内部壁OSB、内部ガス配管
13:00から福味設計士、瀧口監督と現地打ち合わせ
  • 床下収納の南側分は中央に補強を入れる
  • キッチン前カウンタトップは松下電工の人工大理石と同材で可能
  • 玄関ホールのダウンライトは仕様書の品番では高さが入らない恐れがあるため薄型タイプを探してくれている
  • 太陽熱温水器はコロナUSH-200X
  • ベランダ照明はスポットライトを下から上に向けて照らすかどうかを確認する(施主)
  • 洗面横収納は大工工事でサイズは幅450mm×高さ700mmで扉無し
  • SK高さは810mm
  • グルーミングルームとキッチン間の内壁のグルーミングルーム側はOSB素地仕上げ
  • 2階トイレと階段室間の内壁の階段室側はOSB素地仕上げ
  • 木製建具はシナ合板クリア塗装
  • ポリカーボネイト建具は取っ手無し
5月10日(金) 大阪府税事務所から「住宅・特例適用住宅の用に供する土地の取得に対する不動産取得税の徴収再猶予申告書」用紙が届く「再」のところは手書き
5月9日(木) 大阪府税事務所に「不動産取得税徴収猶予が5月31日になっているが、建物が完成しておらず7月くらいになる」旨連絡、再延長申請が必要なため、書類を送付してもらう。
外回りの電気配線工事
5月7日(火) 内壁下地
5月4日(土) 15:00から福味設計士、瀧口監督と現地打ち合わせ
  • 完了検査を5月27日に受ける予定
  • キッチンをフロアコンテナタイプにしたため給排水管のとりまわしの都合でキッチン下の玄関ホールの天井を半間、玄関方向にのばすことに。
  • 玄関ホールのダウンライトのふところが梁下で140mmほどしかないため取付可能か確認する(瀧口監督)
  • 吊り戸のレール高さが21mmあるため半分を埋め込んで目立たないようにする
  • ウォシュレットをTOTOアプリコットC1にして、2階のみとし、1階を省いたて減になった分をキッチンの増と相殺できるか見積りしてもらう
  • 玄関ドアハンドルは株式会社シロクマのSL-64宇宙船(ゴールド)
  • シャッターブラインドをオイレスから三和シャッターにしてもらえないか(吉岡木材)提案されたが、デザイン・機能面を考えてオイレスで仕様書通りオイレスにしてもらうよう検討してもらう
5月2日(木) 外部物入れ扉取付、竹フローリング施工
4月29日(月) みどりの日だが、工程がおしているため日曜以外休みなし
2階床下収納開口部施工
4月27日(土) 福味設計士、瀧口監督と現地打ち合わせ
  • FFファンヒータの給排気をまっすぐ出すと基礎立ち上がり天端にあたるため延長エルボにて下方に移動。エルボ分ヒータが前に出てくる。
  • テレビ台下にビデオの収納部を造ってもらう
  • 竹フローリングの色決定。材も0.1mg/LでFC0
4月25日(木) 1階フローリング完成
4月24日(水) キッチンの件、差額を支払っても松下電工のCメイドFタイプでいくことに決定、福味設計士にメールで依頼
4月22日(月) 1階フローリング施工
大阪府税事務所から「不動産取得税の減額手続き等について(お知らせ)」が届く
4月21日(日) 永大と松下電工のショールームに行ってキッチンの最終確認
4月20日(土) 外壁施工開始
16:00から福味設計士、瀧口監督と現地打ち合わせ
  • 階段材はゴムの木の集成材、リビング机はホワイトバーチ集成材
  • 階段の1段目を40mmほど玄関ホール側に出す
  • 予算の都合上、永大のキッチンを吉岡側から提案、保留検討することに
4月17日(水) 2階フローリング貼り2日目
4月16日(火) 2階フローリング貼り
4月15日(月) なくなったため航空便にてとりよせていたサッシが設置された
4月13日(土) 中間検査結果(合格)の通知が届く
給水・給湯・排水・汚水内部配管
14:00から福味設計士、瀧口監督と現地打ち合わせ
  • コンセントの向きは横向き
    後日普通に正面に向けてもらうよう連絡
  • 希望のキッチンが予算に収まらないため検討(瀧口監督)
  • FFファンヒータの給油タンクは長手方向を東西に
  • 床下換気レジスタはフクビ製のエアスリット12
  • レンジフードは松下製QG75DB2(同時給排気タイプ)
  • 1階フローリングは南北方向
  • 分電盤は洗面室に
4月9日(火) 外壁水切り、出隅役物
4月8日(月) 防水透湿シート貼り(東面下半分)
4月6日(土) 防水透湿シート貼り(西壁)
夕方手作りギョーザと缶ビールを差し入れ
4月5日(金) 公庫中間検査、外壁断熱材施工
福味設計士、瀧口監督と現地打ち合わせ
  • FFファンヒータは検討中(瀧口監督)、別置の給油タンクの形状を再確認
  • リビングデスクの足置きは主寝室側から見て意匠されるよう、青竹の半割から丸ごとに変更することを検討(福味設計士)
  • 上記デスクの材を硬質なものにしてもらうよう検討
4月4日(木) 今日は大工さんが他の現場の棟上げ応援で工事無し
4月1日(月) 福味設計士から中間検査用書類の説明を受ける
3月30日(土) 1階床下地合板貼り
福味設計士と現地打ち合わせ。打ち合わせ内容は下記、
  • 外壁通気横胴縁は300mmピッチで千鳥に
  • 来週後半に公庫中間検査予定
  • 2階南面FIXサッシにロールカーテンを取付けられるよう、柱に木枠を付加する
3月29日(金) 車庫証明をとるため、車庫部分にロープで目印
3月27日(水) 基礎断熱材施工
3月23日(土) 福味設計士、瀧口監督と現地打ち合わせ。打ち合わせ内容は下記、
  • FFファンヒータをFF-406GY(日立)で検討中
  • 行方不明のリビング東面サッシは航空便にて発注で間に合いそう
  • 北面ロフトサッシは右Fix、左ドレーキップで発注すみのため、それで承認する
  • 階段室は外壁下地のOSB表し
夕方に見に行くと南面木製サッシが取り付けられていた。
3月22日(金) ユニットバス搬入
3月21日(木) 階段室、2階トイレ、風呂、ロフト西面サッシ取付。
瀧口監督に北面ロフトサッシを再確認。15日の確認内容と異なるため、再度確認するとのこと。
風呂のガラスが透明なので(仕様では曇りガラス)福味設計士と瀧口監督にメールにて問い合わせ。
3月15日(金) 福味設計士、瀧口監督と現地打ち合わせ。打ち合わせ内容は下記、
  • 外壁下地OSBの目地を気密テープ処理するが、OSBが山形プレート部と重なる部分を切り欠いている。この部分は気密がでにくくなる可能性があるため、ネオマフォームの目地と重なった場合、ネオマフォームにも気密テープ処理を行う
  • 北面垂木部分の詳細は垂木のでている分だけふかす
  • 南面は門型にガルスパン。角は同材の役物で。外部の梁、柱はガルバニウム鋼板巻
  • 北側ロフトサッシは内側から見て左Fix、右ドレーキップ
  • ユニットバスサッシは壁よりサッシの方が100mmほど幅広になるが、開閉、網戸外しには問題ないため了承
  • 洗面カランはホース付OK。ボールをひとまわり大きくしたので最上部の引出しを無くすことに
  • 東面サービスバルコニーはYKKの3BC-8N-3609-1-01(ホワイト)
  • 外壁通気は横胴縁であるが、縦方向に通気出来るよう工夫
3月13日(水) 北面の一部にOSB(外壁下地)施工。
3月9日(土) 福味設計士、瀧口監督と現地打ち合わせ。打ち合わせ内容は下記、
  • 外部物入れドアは仕様ではスチール製であるが、耐久性を考慮してアルミ製ではどうか?
    アルミ製では色が限定されるので見本にて確認する
  • ロフト北側ドレーキップ窓下の屋根通気が現状とれていないので、西外壁側と東側にも通気がとれるよう検討する
  • 屋根(折板)の東西端部の仕上げは検討中
  • 2階南面片引き窓をベランダの出幅をかせぐため内付けとする提案があったが、はめ殺し窓ととおりを揃える(ふかす)ことに決定
  • 外壁はガルスパンに決定。ただし安っぽくならないように出隅、水切りなどにきちんと役物を使う
  • 2階東面リビングデスクオーニング窓が無くなっていることが判明。2週間後に出荷する便にのせることに決定
  • 2階トイレへの室内側からの吸気は音の漏れを考慮し、ドアのアンダーカットをやめて、サイレンサー付きのガラリにする方向で検討。工務店向けの換気扇カタログを見せてもらうことに
3月7日(木) 瀧口監督から外壁(ガルスパン)のサンプルを受け取る
3月6日(水) 瀧口監督からユニットバスの壁・床サンプルを受け取り、メールにて福味設計士に返答
3月4日(月) 屋根葺き(折板)
3月2日(土) 福味設計士、瀧口監督と現地打ち合わせ。打ち合わせ内容は下記、
  • 畳と壁面との間の材は積層板
  • 畳框位置は南面柱位置に合わせる
  • 階段室吹き抜け上部の東・北両面とも大壁にする
  • 床下メンテ用コンセント2カ所追加
  • 2階フローリングは南北方向に貼る
  • シーリングファンは母屋に取付
  • ロフト天井は1カ所有孔ボード
3月1日(金) 公庫中間検査の期限が3月2日のため2ヶ月間延長申請
2月28日(木) 屋根材(折板)、サッシ、玄関ドアの搬入
2月26日(火) 瀧口監督が座卓の寸法の確認。奥行きがぎりぎりのため収まりを福味設計士に検討してもらう。折板屋根の支持金物取付。
2月23日(土) 10時から福味設計士と現場にて屋根断熱材のチェック。ロフト東西面の梁が設計と異なりオーニングサッシが取り付けられないことが判明、共に半間北側に移動することに。2階ユニットバスは梁を撤去し洗面室フロアとほぼ同一高さにすることに決定。普通の2階ユニットバスの場合はほとんどこのようにしているとのこと。
2月21日(木) 福味設計士に断熱材の交換内容を電話にて確認。北面棟側横一列を交換したとのこと。軒側にも一部スタイロフォームが使われていたようだと伝え、再度確認を依頼する。輸入のサッシ、フローリングが吉岡木材に届いたとのこと。梱包を開けるのは来週半ばくらいにそのまま現場に搬入しIさん(カナディアン・ハウジング・システムズの営業さん)立ち会いのもと行うとのこと。
2月20日(水) 屋根断熱材が一部スタイロフォームが使われていたのを設計通りのネオマフォームに交換する。
2月18日(月) 屋根の断熱材の材種が一部設計と異なることが判明。やり直すことになる。屋根(折板)の色はグレーと返答する。
2月17日(日) ユニットバス(2階)を持たせる構造が契約前の打ち合わせ内容と異なることが判明。福味設計士に検討してもらうことになる。
2月16日(土) 野地板の上に断熱材・プラスターボード・防水シート施工。夕方福味設計士が屋根材(折板)の色見本を持ってきてくれる。
2月12日(火) 工事請負契約金額の20%を吉岡木材さんに支払う
2月11日(月) 上棟、雪が時折パラつくほど寒い日。
2月10日(日) 一日で上棟が出来ないため前日に1階部分と2階の一部を組む。午前中は小雨。
2月9日(土) 棟梁さんが土台を組んでいた。基礎気密パッキン材の施工。
2月8日(金) 先行足場組み上げ、プレカット材の搬入。
2月6日(水) 月・火曜日と作業が無かったため上棟(11日)が予定通りに行われるか心配になって福味設計士に確認(^^;かさ上げコンクリートが施工される。
2月3日(日) 棟梁さんが墨だしをしていた。
1月26日(土) 福味設計士、瀧口監督と打ち合わせ。
  • センチュリーボードの防火認定が取り消されていたため代替品として旭硝子の「ほんばん」に変更
  • Swann Houseでは間柱が無いため釘ピッチは標準の15mmを10mmにしたうえでOSB3×6板の目地に横に押さえ木を設けて補強
  • 発注ミスで食品庫の窓がLow-Eでなかったため、ガラスは後で交換となる
  • 玄関ドアの配線は木口に溝を掘るのを吉岡木材さんにて施工、カナディアンからは補修用の材を用意してもらう
  • 止水栓の位置が車の下になるため道路側に移設
  • 2月11日上棟予定
  • 上棟までに基礎ベースにコンクリート打ち増しする
  • 工程を再度ひきなおしてもらう
1月22日(火) 基礎型枠取り外し、外部給排水工事。
1月18日(金) 基礎立ち上がり部天端をセルフレベリングにて均し。
1月17日(木) 基礎立ち上がり部コンクリート打ち。
1月16日(水) アンカーボルト、ホールダウン設置。
1月15日(火) OSBJAS規格認定品でないため利用できないことが判明。
1月13日(日) 福味設計士からサッシやOSBの出荷がまだであるとの連絡をもらう。予定では1月下旬の入荷であったのが2月中旬以降に延期に。
2002年1月8日(火) 基礎立ち上がり部仮枠施工

2001年

12月25日(火) ベースコンクリート打ち、2時過ぎ頃から小雨。
12月24日(月) 配筋検査、福味設計士と瀧口監督が立ち会い
12月20日(木) ベース配筋が完了、19日(水)は晴天であったが工事無し
12月18日(火) 配筋が始まる、給湯管の撤去
12月15日(土) 基礎型枠施工、仮設トイレ設置、基礎に打ち込む給水・給湯・排水配管施工
12月14日(金) 防湿シートの上から捨てコンクリート打ち、13日(木)は雨のためか工事無し
12月12日(水) 割栗地業、捨てコンクリートの上から防湿シート貼り
12月11日(火) 地縄張り、遣り方(やりかた)、根切り
12月10日(月) 福味設計士、瀧口監督と電気錠の打ち合わせ(妻対応)、仮ベンチマーク(BM)設置
12月2日(日) TOTOのショールームに行ってトイレ、洗面ボールの確認をする
12月1日(土) 福味設計士、カナディアン・ハウジング・システムズのIさん、瀧口監督とサッシの打ち合わせ
11月26日(月) 仮設電気用ポール設置
11月24日(土) 地鎮祭
11月19日(月) 工事請負契約金額の10%を吉岡木材さんに、福味設計士に設計施工監理の第2回目を振り込む
11月17日(土) 吉岡木材さんと工事請負契約を交わす、午後から松下電工ショールームに行ってキッチン・ユニットバス・サインポストを確認する
11月10日(土) 吉岡木材さんと仕様の詳細を確認する、1週間後に契約することで合意
11月5日(月) 金融公庫の「取扱金融機関の変更願」を三井住友銀行に郵送する、変更理由は「土地融資を既に三井住友銀行で借り入れ済みであり、三井住友銀行に抵当権の順位変更を応じてもらえないため」
11月4日(日) 残りの1社が結局ギブアップ宣言、3社見積で1番札の吉岡木材の社長さんに福味設計士と一緒に会いに行って話を伺う
10月27日(土) 福味設計士打ち合わせ(2社見積の説明、照明器具の選定)
10月17日(水) 関電からオール電化(はぴeプラン)の場合の光熱費シミュレーション結果が届く、2000年1月から12月の電気・ガス料金の合計が135,185円であったのに対して、試算では101,709円になるという結果
10月14日(日) TOTOショールーム(東大阪)見学
10月10日(水) 金融公庫から”融資予約通知書”が届く
10月3日(水) 試掘調査、土器のかけらが出てきただけなので発掘調査は不要となる
9月29日(土) 福味設計士打ち合わせ(家具等詳細図をもとに確認)
財団法人大阪建築防災センターから「設計(変更)審査に関する通知書(個人住宅)が届く、合格日は9月27日
9月22日(土) 福味設計士打ち合わせ(仕上げ表をもとに詳細を)
9月11日(火) 市教育委員会から発掘通知書が届く
埋蔵文化財(○市○番地の一部)の発掘について(伝聞)

標記のことについて、平成13年9月4日付(教委文第1-3002号)で通知がありましたので伝達します。
土木工事等を行うにあたっては発掘調査が必要ですので下記と協議を行って下さい。
 記
〒○ 大阪府○市○丁目○番○号
○市教育委員会 生涯教育部 文化財保護課
上記の「教委文第1-3002号」というのは
周知の埋蔵文化財包蔵地における土木工事等について(通知)

平成13年8月2日付けで届出のあった土木工事等については、文化財保護法の規定に基づき下記の指示に従ってください。
 記
○市○丁目○所在の埋蔵文化財包蔵地については工事着工前に発掘調査を実施して下さい。
なお、調査の結果重要な遺構等が発見された場合は、その保存等について別途協議しますので、ご協力ください。
9月8日(土) クリナップ、ペイントハウス(ATC)ショールーム見学
9月6日(木) 午後から休みをとり、福味設計士と打ち合わせ(外構など)
9月1日(土) 福味設計士打ち合わせ(外装、内装、フロア材など)
8月26日(日) 家具通り、INAX、タカラスタンダードショールーム見学
8月25日(土) 福味設計士打ち合わせ(照明・コンセントなど)
8月23日(木) 大和銀行H支店へ住宅金融公庫申し込み、福味設計士に同行してもらう、支店では判断できないところがあり、結局堺筋本町のローンセンターで申し込む
8月11日(土) 福味設計士打ち合わせ(展開図)、地盤調査
8月5日(日) コアー建築工房深井展示場第2回目見学
8月4日(土) 福味設計士打ち合わせ(基礎2案)
7月28日(土) カナディアン・ハウジング・システムズ三田ウッディータウンの展示場、松下電工(OBP)見学
7月20日(金) 福味設計士打ち合わせ
7月18日(水) 泉南のK宅(福味設計士による設計、施工監理)がワイドABCDE〜すにオンエアされる
7月7日(土) 福味設計士打ち合わせ(2階リビング箱型案でほぼFix)
6月29日(金) 設計監理費第1回目支払い
6月23日(土) アキレス(外貼り断熱)採用のオープンハウス(箕面)を見学
6月11日(月) グリーンハウスの福味設計士と設計・工事監理業務委託契約を交わす
6月10日(日) 福味設計士と契約の打ち合わせ(ピロティガレージ案)
6月3日(日) 福味設計士設計シーフードレストラン「インディアンサマー」にて食事
5月26日(土) 福味設計士と契約の打ち合わせ(3社による概算見積をいただく)
5月18日(金) 午後半休して「けんざい2001」インテックス大阪見学
4月28日(土) 福味設計士と打ち合わせ
4月21日(土) コアー建築工房深井展示場見学
3月31日(土) 泉南のK宅(福味設計士による設計、施工監理)を見学(原案での見積書をいただく)
2月24日(土) 河南町のH子さん(福味設計士の事務所で働いていた)のお宅を見学
2月9日(金) Oホーム打ち合わせ
1月31日(水) 購入した土地を当面ガレージとして使うために駐車スペースに再生クラッシャーを入れる
1月27日(土) 福味設計士第2回目のプレゼンテーション(中2階玄関・グルーミングルーム案)
1月19日(金) Oホーム打ち合わせ
1月12日(金) T建設打ち合わせ
1月8日(月) 福味設計士第1回目のプレゼンテーション(1階リビング・サブリビング案)
2001年1月6日(土) ATCに輸入建材を見に行く

2000年

12月26日(火) T建設打ち合わせ(概算見積)
12月23日(土) 購入した土地の上物の解体工事が始まる
12月21日(木) T建設打ち合わせ(第3回提案)
12月15日(金) T建設打ち合わせ(第2回提案)
12月12日(火) 土地の決済を住友銀行で行う
12月10日(日) 初めて福味設計士に相談メールをする
Oホームズ寝屋川オープンハウス見学(鉄骨木質パネル外貼り断熱工法、内装は建売り住宅レベル)
12月4日(月) T建設打ち合わせ(初回案)
12月2日(土) Oホームズ上本町オープンハウス見学(鉄骨木質パネル外貼り断熱工法ではなかった)
11月29日(水) 住友銀行ローン手続き
11月15日(水) T建設初回打ち合わせ
11月3日(金) T建設都島のお宅見学
10月18日 土地の売買契約を行う
2000年10月17日 土地売買の重要事項説明を受ける

ホーム>建築日記