ホーム 写真集15 写真集16 写真集17

写真集16(家具造作)
画像をクリックすると写真が拡大されます、一番下からご覧下さい。
   
玄関アプローチ(JPG,15KB)

2002年6月23日

玄関アプローチ。
玄関側から見た写真です。
ポーチ、玄関土間と同じタイルです。
工期がないため日曜日にもかかわらず施工していただいています。

コンクリート表面櫛引(JPG,31KB)

2002年6月22日その5

自転車置き場コンクリート表面櫛引。
ビー玉を埋め込んだ後、ほうきで表面に筋をいれています。

ビー玉埋込(JPG,32KB)

2002年6月22日その4

自転車置き場コンクリートにビー玉埋込。
福味設計士と瀧口監督にも手伝ってもらいました。

ビー玉埋込(JPG,25KB)

2002年6月22日その3

自転車置き場コンクリートにビー玉埋込。
子供達にビー玉を適当に埋め込ませています。
既にコンクリートが固まり始めていたので、子供達が上に置いたものを左官屋さんに埋め込んでもらいました。

自転車置き場コンクリート打設(JPG,22KB)

2002年6月22日その2

自転車置き場コンクリート打設。
写真右端、縦方向のコンクリートは玄関へのアプローチ部分でタイル仕上げとなります。

自転車置き場コンクリート打設(JPG,21KB)

2002年6月22日その1

自転車置き場コンクリート打設。
道路から1500mmセットバックして塀を建てます。
その内側に外から見えない屋根を設け、自転車置き場とします。

グルーミングルーム収納棚(JPG,15KB)

2002年6月20日その5

グルーミングルーム収納棚。
外側は集成材ですが、棚板は合板で見た目がいまいちです。
でも、最大の問題点は設置場所が反対面だったことです。
福味設計士からの返事
「エッ!!スミマセン。あの大工さんは目が放せませんね。瀧口さんに現場にいってもらいます。彼の追い込みの現場が重なって辛いところですが、やはり打ち合わせ不足がチラチラします。」
あの大工さんというのは、家具工事のための大工さんのことで、上棟からしてくれていた大工さんの手は離れています。

食品庫収納棚(JPG,15KB)

2002年6月20日その4

食品庫収納棚。
フローリング下地に使用した、28mm厚の針葉樹合板でとても頑丈なものです。
しかしリビングから見えるのでのれんみたいなものが必要ですね。
ここには掃除機、Faxなども収納し、ちょっとした家事スペースにも使えます。

東壁面デスク上収納棚(JPG,18KB)

2002年6月20日その3

東壁面デスク上収納棚。
子供達の勉強道具1式とパソコン本体を中に入れる予定です。

パソコン本体の奥行きは確保していたのですが、背面のコード類の出っ張りが計算外で、デスク上に本体と17インチCRTを置いています。(2003年10月30日追記)

玄関横クローク収納棚(JPG,10KB)

2002年6月20日その2

玄関横クローク収納棚。
下の棚の下に金属ポールを取り付けコートハンガーとする予定です。

南壁面杉板塗装(JPG,15KB)

2002年6月20日その1

南壁面杉板塗装。
武田薬品工業株式会社のキシラデコールをエボニ色で塗装しました。
玄関ドアが無垢で重厚感があり良い品です。
エボニ色はこの玄関ドアを引き立てる意味でもあります。

ガスメーター(JPG,16KB)

2002年6月19日その2

ガスメータ取り付け。
西面に設置しています。
コンロはIHにしたため、ガスは給湯のみとなります。

犬走りの玉砂利(JPG,26KB)

2002年6月19日その1

犬走り。
防犯面を考慮し玉砂利にしました。
なるほど、歩いてみると「サクッ、サクッ」と結構大きな音がします。

壁面収納(JPG,17KB)

2002年6月15日その2

壁面収納。
リビングの東西両壁面に収納を設けます。
拙宅では外貼り断熱であり、構造用合板であるOSBをそのまま内壁として表しているので、柱厚を有効に利用した収納を設けることが出来ます。
中の棚は可動式にする予定でしたが、裏板がないため固定にして強度を確保することになってしまったことがひとつ計算外でした。

電動ブラインドシャッター(JPG,15KB)

2002年6月15日その1

電動ブラインドシャッター。
オイレス工業株式会社のサンシャディという商品です。
電動で上げ下げと羽根の角度が変えられます。
この部屋は主寝室で寝るときにシャッターを閉じた状態で通風できます。

ホーム 写真集15 写真集16 写真集17